いつもマーチンゲール法を活用するリスク


本場のカジノで実際に行われている投資法としてマーチンゲール法が王道で有名だが、これは何もマニアの方や通の方達が行っている特別な投資法では無い。

 

ギャンブルをやっている人間の大抵の方がこの方法を用いて行っていることも多いですよ。

 

 
闇雲にギャンブルをやっていたからといって勝つことはまずないです。

だからこそ何らかの攻略法や投資法を用いることによって、その場のギャンブルを楽しんでいる人がほとんどだ。

 

 

ルールを簡単に説明すれば、マーチンゲール法は負けていて次に賭ける時、前の倍を賭けることによっていうやり方です。

 

 

 

何回負けてもその次に勝てばすべてがチャラになる。

もちろん2倍かけたときに勝てばいいのだが、勝たなかった時はその次は4倍になるわけだから、よほどお金を持っているような人にない限り体力が続かない。

 

 

バカラなんかだと、基本的に2択の丁半博打なので、いつかはチャラ線になれるっていうのが理論上なんだけど、50%の確率というのもなかなか荒れるわけで、それがまた面白さの種でもある。

 

 
またその次に賭ければ必ず勝つという保証が全くないので、下手をすればずっと負け続けると言うこともある。

そうなると、どちらかというとリスクが大きいと言わざるを得ないという声も。

 

 

 

また、マーチンゲル法は今説明したとおり、負けたときに次は倍額を賭けることによって、負けた分を取り返すとする投資法である。

最初からゲームとして勝ち続けている場合はこの投資法を使う事は無い。

 

 

 

もちろん理論的に同じような考え方で勝ち続けている時も倍かけていくという方法もあるのだが、基本的にはまけている時にしかこの投資法は使わない。

 

 

 
一気に負けを取り戻そうとするVIPならではのやり方では無いかと思う。

もちろん一般的なギャンブラーでも同じやりかたをやっている方がいるが、そういう方は大抵が自分でルールを決めている。

 

 

 

つまり3回まで負け続ければ、それ以上は賭けることができないと決めていたりもするんです。

おそらくこのルールを決めたのは、過去にかなり辛い経験してきた人に違いないと踏んでます。

 

 

いつか必ず勝つ時が来る」そう信じることができる、その信念を貫くことのできる人間がこの投資法を支配することができると思いますね。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください