モンテカルロ法は理論派で守りの攻め方



カジノ仲間から教えてもらった優良サイトであり、日本でスマホが普及しだした頃からスマホ対応していたので、日本人ユーザ数も5万人以上と言われてます。
入出金もスムーズで動きが滑らかで固まることがほぼ無いのでストレス無くプレイできますね。

 カジノを無料体験してみるならコチラ







人によってその投資法は様々ですが、おおきくわけて2通りのタイプに分かれる。

【攻めるタイプ】と【守るタイプ】ですね。

 

攻めるほうは、とにかく負けていてもガンガン投資していくタイプで、投資法としてはマーチンゲール法が当てはまるかな。

 

 

 

守るタイプは仮に負けが続いているような場合でも一気に形勢逆転とか、満塁ホームラン狙いなどはせず、少しずつ負けを取り返していくタイプで、慎重派の性格の人がしっくりくるかも。

こういうタイプの人はモンテカルロ法を採用することが多いようだ。

 

 

モンテカルロ法を用いるとすると、面倒くさい計算式を覚えなければならないのである。

しかし慎重派のタイプの人間にとってはむしろこういった形でじっくりと覚えて攻めていくのがむしろ得意なので、はまってしまうとこの方法から抜け出せないと言われている。

運だけのパチンコより、理詰めの麻雀、将棋、チェス好きのようなイメージかも。

 

 

 

モンテカルロ法は、いわば地味な方法です。

ちょっとずつでも確実に前に進んでいく方法なので、すぐにハマっている人は、マーチンゲール法のような大胆な進み方が苦手である。

 

ただ、あまり賭け金が増えない点においてメリットのように感じるけれども、むしろそれに麻痺してしまって、気づけばかけ金が非常に膨らんでいると言う点においてはマーチンゲール法のように、自分がいかに負けているかということをまざまざと見せつけられることがなく、むしろじわじわと真綿で首を絞められているような感覚を味わうことになります。

 

 

勝っていても負けていても、単に目立つ技ではないので、やはり攻めるタイプの人間にとっては物足りない。

しかし、守るタイプではじっくりとゆっくりと進めていくので、むしろ理論派の性格の方にとっては意外と評価が高いのである。

世界中のカジノに出入りしてポーカーやブラックジャックで生活している人というのはそういうタイプでしょ。

運だけで生計立てられるほど甘くないし。

 

もっとも上級クラスになればこの方法を用いることはむしろ少ないのだが、最初の頃はこの方法を用いることが基本となっている。

なぜならば利益を得ることが少ない分、負けが込んでどうしようもならないということがあまりないからだ。

ある程度お金を億単位でかけることができるなら、わざわざこの方法を用いる人が少ないが、実践の経験値が浅い頃はこの方法よく用いたなぁと感慨深くなります。

 





日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。臨場感あるライブカジノだけでもすでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われています。
入出金がスムーズで、日本語対応していて、ストレス無くプレイできるオンラインカジノをミスターSが実践して選びました。

 ミスターSお勧めのオンラインカジノ一覧を見る




コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください