カジノのチップを積み上げることが快楽


vip84294

カジノに行ったことがあるものなら、誰もがその姿を見たことがあるはずです。

1日で何億円も転がしている人にとっては、これに触らないわけにはいかない。

 

 

 

そう、チップです。
もし、カジノが現金で賭けていたりした場合なら、本当の意味で賭博場になっていただろうね。

賭けていることには変わりないんですが、このチップがあるのとないのとで全然我々の緊張感が違ってくる。

 

 

 

つまり、もしこれが現金で目の前に置かれているとしたら、冷静な判断ができなかったかもしれないと思うわけ。

カジノ側にまんまと乗せられてるんだろうと。

あたかも仮想通貨とかゲームセンター気分の演出で、現実世界の現金をガバガバ出し入れしてるんだから、感覚も変わってくるね。現金だと躊躇することもあるだろうし。

 

 

 

 

娯楽だと感じてしまうのも、まさしくチップの持っている不思議な魅力の1つなのかもしれない。

 
チップをお金として考えてみた場合に、高い金額設定されているものを見れば、こいつを賭ければ大損をするか大金持ちになるのかどちらかが決まる。

 

 

 
しかし少し野暮な言い方をするが、日々に何億というお金を動かす人間にとってはこのチップが単なる「妖怪ウォッチ」のメダルと変わらないんです。

 
それぐらい客観的にバカげたものだと思って見ているからこそ、とてつもない金額を賭けることができるし、とてつもない金額で負けたとしてもそれほど辛い思いもしないですむのかもしれない。

正面から見ればただのチップだが、それが積み上げられて横から見れば、ゲームのテトリスかのような存在となる。

 

 

 
これをまさしく手で持つのではなく、指で触って感触を楽しむ。

長考している人も、チップを触りっぱなしになっていることは見かけます。貧乏ゆすりみたいに『体のクセ』になってしまってるんだろうな。

 

 

 

大金が目の前に積まれていたなら味わえない感覚をチップだからこそ金額の多寡よりも、そのチップが見事に積まれているという優越感がたまらないですね。

 

 

パチンコをやる友人にも聞いたんですが、ドル箱が積み上がっていくことに最高の快楽を感じるんだそうで。

10箱20箱と積み上がったドル箱に刺さる他人からの羨望の眼差しというのは、お金にも代えられないほどの気持ちよさだって言ってましたね。

カジノのチップも周りの人に見えるわけで、似たような心理があるのかも。

 

 

 
これはハッキリ言ってカジノでしか味わえない瞬間でありその風景ですよ。

この瞬間を楽しむために、もしかしたらカジノに通っているのかもしれない、そう思うんです。

 

 

 

今まであった自分の賭け金を束になって積まれている姿を見ればまさに快感である。

快感をいちどでも味わったことがある人はこれからはなれることはできない。そう言った悪魔の部分も持ち合わせているのがこのチップなのである。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください