シンガポールでのバカラも大勢の中国人


maraion753

シンガポールはつい最近できたカジノだから、普段マカオやラスベガスなどでカジノをやっているものにとっては、シンガポールは新参者のイメージが強いかな。

 

 

ただ、シンガポールで特にバカラをするときは2つの理由がある。

 

 

まず1つ目の理由ですが、日本から非常に近い

近いだけでなくアメリカにひけを取らないほどの盛況ぶりであるから、派手に楽しもうと思った時はここでのバカラを楽しむことにしてます。

マカオだと香港からの乗り継ぎだし。

 

 

やっぱり、バカラはこのシンガポールにおいても非常に人気のゲームの1つなんですよね。

 

 
もう一つの理由はこれ。

とにかくシンガポールではどのテーブルも非常に大勢が行列をなしているところもある。

 

 

 

そうなると、どのプレイヤーもゲームに集中して、または周りの人間も物見遊山で訪れている場合あるので、ここぞとばかりに大金が動いているのを見せつけるという意味では、アメリカよりもアジア圏であるシンガポールのほうがずっと派手に賭けて楽しむことができるからだ。

 

 

中国人たちは感情が表に出まくっているので、テーブルをバンバンしてるのをよく見ます。

勝っても負けてもバンバンしてるという。。。

 

 

 
無論、自分がバカラで勝てるということを思いっきりアピールするために行くわけではないが、大金を普段動かしている人間にとっては少しばかりの心の余裕を持たせるためにシンガポールに行くこともあるのだ。

 

 
よく勝つところをホームとして考えた場合、それ以外のところでやるというのはアウェーだと言える。

そういったところでバカラをすると、当然のことながらホームでするのとは違って、かなりの緊張感が伴う。

 

 

 

これがとても重要で、ホームに戻るときにこの勘が冴え渡って活躍することができるのだ。

 

ただここで勘違いしてはならないのは、シンガポールは何かの犠牲になるのでは無い、モルモットと言う立場ではないということだ。

 

 

 

年々利用者数も増えてきてカジノ場自体こそ少ないものの、たくさんの人がここに訪れてバカラなどを楽しんでいると考えれば、遅かれ早かれアジアの中でナンバーワンになっているのも遠い話ではないと思う。
その時はここをホームとして考えた方がいいのかもしれない。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください