バカラの『絞り』は縦のほうがドキドキ?


bakara1-2

バカラの上級者になってくると、一番こだわってくるのが「絞り」ではないでしょうか。

絞り方が非常にうまい人というものがいるんですね。

 

 

実際に配られたカードを縦にするか横にするかによって、絞り方が変わってくるのは誰の目にも明らかなのだが、その絞りで勝敗が決まる一瞬がたまらない緊張感として変わる。

 

 

 
実際にカードをめくって、カードにその足があるのかないのか、足が実際にあるにしてもないにしても、カードを交換するわけではないので、最初から勝敗が決まっているのだが、そのめくる瞬間というのがまさにバカラの醍醐味ではないのかと思います。

 

 

 
足がどれほど存在するかによって違ってくるが、足が見えない時と言うのはもう数字が分かっているので、勝敗がその瞬間に確認できます。

 

 

足がないのか、あったとしても何サイドか、またはワクなのかによって一喜一憂の瞬間が待っているんです。

 

 

 

VIPバカラだと、このカード1枚に1000万円が左右しているかという場面があちこちで起こってますからね。緊張感は尋常じゃないですし、未だにドキドキできますね。

 

 
欲しかったのはどのサイドなのか、自分が欲しくなかったカードでなかったとしても、最低限許せる範囲内のサイドなど、とにかくバカラをやったことがある人間にとってはこの絞り方は瞬間ながら、全てがそこに集約されているので、一瞬にして勝敗が決まるこのときが本人だけでなく周りの人も緊張感に包まれる時間帯なのである。

 

 
ディーラーはどんなカードが来たとしても冷静に対応するのが心憎いんです。

今までの自分の絞りに対してまさしく冷静に受け止められる瞬間がとても恥ずかしく感じたり悲しく感じたりしますね。

 

 

 

 

こういったところも、もしかしたらバカラの醍醐味なのかもしれないなと。

カードは縦にするか横にするかによって可能性のあるカードが違ってくるわけですから、ハラハラドキドキで縦にするか横にするかによって全く違ったものになってきます。

 
それぞれ個人によって絞るのは違うわけですが、自分がこの緊張感をしっかりと味わいたいと思う人にとっては可能性のあるカードに想像をめぐらせる『縦』を選ぶ方が多いようです。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください