マカオでの失敗談と節約プランとお勧めホテル


マカオ行く方は、ぜひ知っておきましょう。経験者からの注意事項を書きます。

私は、これまで何度もマカオへ行き、もうマカオは慣れたし往復航空券だけでホテルは直接泊まりたいときに行けばいいや、という感覚になっているほどです。

 

そのときの日程は7日間です。一人でフラっとパチンコにでも行く感覚で、予約も無しでマカオに行ったときの話です。

カジノでゲームするので、カジノに夢中で寝ない日もあるのでホテル代も勿体ないと思いました。

 

 

初日は、到着してブラブラ散策し、カジノ巡りでカジノばかりし、気が付いたら翌日の夜・・・

とりあえず、それまでに何度か行ったこともあるサウナと呼ばれる風俗店へ。ここは素泊まりができ、お風呂もあり、約1万円です。

 

 

3日目も同じくサウナへ泊まりました。

こりゃもう毎日サウナに行こうか!?と思いながらも、4日目にサウナへ行くと満室で入れず。

ちょうどGWも重なっていた頃だったせいで、これから数日は満室なんだと言われ断念しました。

 

仕方ないので、他のサウナも探しまくり行きましたが、やはりどこも満室。

なので、ホテルへ直接あちこち空いてるか聞いて廻りました。マカオの端から端まで・・・もう足パンパンです。

 

 

その中で空いてるホテルがありました。

1件目。ホッとしましたが、1部屋が8万円です。

普段、ネットで予約すると、15000円の部屋が なんとこの日は8万円です。

さすがにびっくりしました。

 

 

さすがに1泊8万円はアホらしいので、違うホテルをあたり、また空きホテルがありましたが、同じく8万円・・・

ここは、一番端にあり、ボロいホテルなのに・・・

普段なんて8000円なのに8万円。。。

ということで、マカオは、満室件数が多くなったり、行事事・シーズン中は直接行くと、どこのホテルも、ボッタクリ価格へ急騰するみたいです。

日本にいる間に 2泊ごとに違うホテルを全ての日数で予約してから行くことが絶対条件だと思いました。

 

結果、

たまたま歩いてたら古い暗そうな商店街がフェリー乗り場方面であり、マッサージと書いてあるお店で聞くと、マッサージと書いてある場所も古くて狭いけど、素泊まりできるということで宿泊しました。

シャワーもあり寝れたので助かりました。

10時間で、6000円でした。

 

 

安価で節約できるお勧め宿泊法は、店名は忘れましたが、こんな感じでした。

中心地(リスボア)よりは、フェリー乗り場に近い商店街付近で、

10時間約6000円です。


入口に、マッサージと書かれているボロい感じ。商店街の近隣にありました。

 

マッサージ店ですが、宿泊もできます。

シャワールームあります。

個室です。

ただ、古い建物が多いです。

 

 

マカオは小さな島なので、ホテルの件数もサウナの件数も限りがあるし、中国人観光客もかなり多いので納得ですね。

中国は景気が良いので、少しぐらい高くても泊まるのでしょうね。

 

 

一応、私のお勧めホテルランキングです

・ベネチアン
・グランドリスボア
・MGM
・ウィン

 

カジノを楽しむなら、やはりこれらのホテルは抑えておきたいところです。

でないと、このときの私のような目に遭うかもしれませんよ。



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください