設立当初のオンラインカジノと歴史


今でこそ当たり前のように遊んでいるオンラインカジノですが、そもそも設立はいつで、どのように広がっていたのでしょう。

 

その歴史を調べると、1994年には始まっていたと記録されています。

一般へのインターネットの普及だってWindows95の辺りからなので、同時期ですね。

 

 

イギリスでオンラインカジノを運営するためのライセンス発行がされ、スロットなどのソフトウェア制作会社が誕生しました。

これは日本のパチスロメーカーであるセガサミーやユニバーサルエンターテイメントなどにあたる会社です。

 

 

 

まず、オンラインカジノより先にその機械を作る会社が誕生したんですね。

卸す先となるお店がオンラインカジノ運営者となるわけで、色々なオンラインカジノもまた生まれてきました。

 

 

 

これらはメーカーであり自身ではパチンコ店を運営しませんよね。

同じようにオンラインカジノを運営する会社に機械を卸しているわけです。

 

 

 

ちなみに、これらオンラインカジノを運営する会社というのは、『マンチェスター・ユナイテッド』とか『レアルマドリード』など有名なスポーツチームがオーナーだったりするんです。

現地ではオンラインカジノの宣伝CMも普通に放映されています。

 

 

 

 

その後1999年頃には日本にも普及しだしました。

とは言っても、その頃は日本語対応やサポートもなかったので、今よりも遊びにくい環境だったと思います。

 

 

 

 

しかし2005年頃には、日本人でも数千万円の高額当選者が誕生し、噂を聞きつけて参入していったプレイヤーも増えていったのでしょう。

 

 

 

それから10年経った今では世界で3500万人、日本国内でも60万人がオンラインカジノのアカウントを持っているという状態にまで成長しました。

 

 

 

2012年頃からのスマートフォン普及も手伝ったと言われています。

何といっても、手軽でいつでもどこでもアプリのように遊べるスマートフォンはオンラインカジノも当たり前のように対応しています。

 

 

そのうち『日本のオンラインカジノ人口が1000万人を突破!』なんてニュースを聞くことも出てくるかもしれませんね。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください