【驚愕】カジノの期待値やペイアウト率



カジノ仲間から教えてもらった優良サイトであり、日本でスマホが普及しだした頃からスマホ対応していたので、日本人ユーザ数も5万人以上と言われてます。
入出金もスムーズで動きが滑らかで固まることがほぼ無いのでストレス無くプレイできますね。

 カジノを無料体験してみるならコチラ







今回はオンラインカジノにおいての期待値やペイアウト率についてまとめました。

そもそもどんなギャンブルにも勝つことがあれば負けることがある、というのが前提にあります。

 

 

そして、そのゲームを運営している側が大損をする仕組みでは成り立ちませんよね。

なのである程度の場代とか手数料とかを取って、余った分から配当金として勝利者に支払われる仕組みになっています。

ペイアウト率というのは、還元率、つまり賭けたお客さんにどれだけの割合で払い戻しをしているかを表します。

 

ペイアウト率が80%のゲームなら20%が運営側の手数料として取られ、その80%を巡ってお客さん同士で取り合うという形です。

例えば、1万円賭ければ8000円がお客さん、2000円がお店側、となるバランスで流れていきます。

 

 

 

【一般的なペイアウト率の比較】

宝くじ:40%
競馬:70%
パチンコ:80%
マカオのカジノ:94%
オンラインカジノ:96%

 

 

宝くじってこんなに低いんですね。どうりで全然当たりません(笑)

その代わり当たれば数億円レベルを独り占めなので、夢を売っているんです。1/1000万とかの確率ですが。。。

これはCM宣伝費も莫大に掛けてますし、国に収める税金もかなり占めているためです。

 

 

競馬やパチンコは比較的当たりやすいかわりにリターンも小さ目です。

1日やっても10万円が出るか入るかくらいにしかなりません。

あくまでも庶民の娯楽ですが、数百万人という遊戯人口の多さで補っている部分が大きいです。

 

 

 

【マカオカジノの還元率】

それではマカオのカジノを見てみると、94%という高さに驚かされます。

1万円を賭けたら9400円は返ってくる、ということです。

これは遊戯人口が世界規模なので、数千万人という多さがあるため、ほんの数%でも数千億円に昇るんですね。

 

 

しかも、1人あたりの使う平均金額が100万円とか1億円とかなんです。

競馬で1億円使う人なんてそうそういませんよね。

でも、カジノのVIPルームではそれが日常茶飯事なんです。

だから、ある程度のリターンをお客さんに返す余裕もあるわけです。

 

ちなみに、ラスベガスでもそうですが、カジノに行くと『ポーカープロ』とか『ブラックジャックのプロ』というのが普通にいます。

1人で数億円の荒稼ぎをしてるプロも珍しくないです。

運よりも頭を使うようなテーブルゲームなら、確率論から計算したりして長い目で見れば勝ち続けることもできてしまうんです。

 

 

スロットマシンは完全に運任せですね。

というか、カジノに行くとスロットをしてる人って、バカラをしてる彼を待っているヒマつぶし中の彼女、みたいな子もよく見ます。

 

 

 

【オンラインカジノの還元率】

さらにペイアウト率が高いのが、オンラインカジノですね。

カジノのお金の流れと基本的に一緒ですが、インターネット上のプレイなので、運営側も場所代が不要です。

 

 

派手な装飾や、建物代、電気代、人件費、ホテル建設費、などいらないんです。

つまり、本場カジノに比べても経費が多く削れるため、それだけプレイヤーに還元することができるんですね。

なのでどのギャンブルと比較しても勝ちやすいのが大きな特徴です。

 





日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。臨場感あるライブカジノだけでもすでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われています。
入出金がスムーズで、日本語対応していて、ストレス無くプレイできるオンラインカジノをミスターSが実践して選びました。

 ミスターSお勧めのオンラインカジノ一覧を見る




コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください