済州島カジノでたった一晩で1000万円負けた惨劇


事業で1000万円ほど臨時の売り上げがあったときの話です。

そのときは、良い気分になってこれを倍にしてやろうと思い、たまには彼女とデートでカジノ行こう、と思って彼女を誘い、済州島(チェジュ島)のカジノへ行きました。

 

 

到着後、まずお手並み拝見で、バカラの台へ。

堂々とそのまま1000万円をチェンジ!

少ない資金でのプレーヤーに見つめられながら、とりあえず余裕こいて、20万をみんなの逆へ賭けると、『え~逆なの~!?』みたいな目で見られつつ、当たる

 

 

そうなると次は、私が賭けてから周りが賭けだした。運がいい人に乗るのが中国人の方々なんですかね。

すると、3連続勝利で早くもプラス60万円!!

その後3回で席を立ちました。『もう終わるの??』のような周りの眼差しを浴びてますが、このときは勝ち逃げの考えでした。

彼女もいるので、楽しませないとと思い、夕食へ連れて行き、ショッピングへ行き、勝ったのにケチって安物を買ってあげました。

まさか、翌日にあんなことになるとはツユ知らず。

 

翌日、モーニングを食べ さぁ出勤だ~、とカジノへ直行です。

また、全額1000万円をチェンジ!

 

 

午前中は、お客さん少ないから、ほぼ貸切状態でした。

ちょっと心細いな~、もう少し賑やかさが欲しいな~、と思いつつ稼ぐことに集中です。

一人テーブルで賭けだし、初めは、ビビリながら5万円ずつ。

この日は負け続けて、いやいや取り戻せ~という気持ちでいるも、50万円賭けてハズレ、100万円賭けてハズレ、あっさり400万のマイナスへ。

 

まぁ、気分を変えよ~と思い、彼女とカフェへ、そして外へぶらぶら。

乗馬して、ゴーカート乗って、バギー乗って、射撃して、チェジュ競馬場で少し賭けて。夜ご飯で焼肉食べて。

 

 

さぁリフレッシュで気持ち切り替えてと、カジノへ足を運びます。

残り600万円で負け分を取り戻しと勝負!

 

夜になると、お客さんも多いし、少し心強いと思いました。

今度は、更に少なめからゆっくり賭けようと思い始めました。

10万円からでスタートしたのですが、どうも運悪く。。。不思議とハズレまくりで。

あっという間に100万マイナス・・・あちゃ~。

もう、ヤケクソです。

 

 

ここだと確実に思う場面で賭けよう、と心に決め、じ~っと場の流れを見て待ちました。20分ぐらい。

よし、ここだ~っと思い参加するも、200万賭け。。。あれ?ここでハズレ??っと思わず目を疑いました。

いつもはこの流れで取ってきたのに。

 

 

もう300万円しかない・・・とても懐が寂しくなりました。

こうなるともう焦りと不安で一杯です。

 

 

気を取り直し、コツコツ10万円ずつ、少しずつにしよ、っと賭けていきましたが、勝っても倍ハズレ、を繰り返し、時間が経つに連れて、みるみる減っていき、結果、全て無くなりました。

スッカラカンです。

 

自分で稼いだお金とはいえ、仕事で稼ぐのは自分の成果と頑張りと運が重なって稼げたお金。

努力したことが、たった一晩。

この日は寝つけませんでした。

まぁ、またそのうち取り返せれば良いかな、と前向きに切り替えです。



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください