再カジノへの未練と新たなカジノへの思い


10年以上前、初めての韓国カジノ旅行の後の話です。

前回の帰国後、韓国での街並みとカジノの思い出に浸りながら、また仕事の日々です。

 

私の会社は忙しくなったり暇になったりと毎日売り上げの波はあるし、毎日朝から夜まで仕事で稼ぐのは大変。

どうにか楽に稼げる方法はないのだろうか?、などと甘いことを考えるようになりました。

 

 

どうすれば初めてのラスベガスで勝った時のように毎回勝てるのだろうとか、会社に置いてあるトランプをテーブルに広げ自分でシャッフルし、Zさんにトランプを出してもらい当たるかどうか、数字の流れを練習のつもりでしました。

流れは毎回違うので賭け方に注目し、賭け方の強弱を付けてみると、2回外れて1度当たれば元。

3回外れて1度大きく当たればプラスへなど毎回同じ枚数で賭けると連続で当たらない限り負けてる際は取り戻すことが大変だと自分なりに考えました。

 

 

トランプを何回かシャッフルしてゲームをしてると、トランプの切り方でバカラの流れが変わることが判明しました。

沢山シャッフルすると横へ流れやすく、少しだど縦ズラが出やすい。

 

カジノでは機械でシャッフルする場所も多いので一概には言えませんが、100万円勝とうと思えば3万円ずつ賭ければ33回当てれば100万円、と単純計算してみたり。

 

 

33回も連続で当てるのは困難過ぎるし長く感じるから大変かも。

1ゲーム60回ほどしかないのに半分も当てるのは無理だな~資金はいくら持っていけば100万円勝てるだろ~資金の1割勝てれば良しとするのがベストなのかな~などなどと悩み、試行錯誤を繰り返すばかり。

カジノする人は、みんないろいろな事を考えるのです。

とりあえず、本番で実践してみなきゃ分からないな。運もあるし。

 

ある日、Zさんがマカオのリスボアの思い出話をしてくれました。

『現在、マカオは第二のラスベガスのように発展してる国で香港から高速船で40分で行けるよ。
ヘリコプターでも行けるし、ヘリだと香港とマカオの夜景も見れて最高だよ。
マカオはリスボアホテルのカジノが一番古くて有名で、韓国には無い大バカラがあるんだ。
それは15人ぐらい座れてディーラーも2人はいて左右対称にお客さんがプレーできるようになってる感じだよ。』

と教えてくれました。

 

 

『へぇ~面白そうだね。』

『マカオは人が多いからチャンスの時は後ろから寄って掛かってチップを賭けて賑わうよ。チャンスが終わると、さぁ~っと人だかりが無くなるよ。』

と教えてくれました。

 

 

私は、どうせカジノをするならマカオも行ってみたいな~と。

勝ち負け考えず海外旅行とマカオの街も見たくなってきました。

日に日に願望が高鳴り我慢できなくなりました。

私はカジノのゲームも外国の文化や歴史も極めたいと思うようになりました。

 

翌月、よし行こう!

思い立ったら行動あるのみです。

 

 

私は早速予約を手配し、一人で行くのは心細いので社員の一人をご褒美でカバン持ちとして動向させることにしました。

まさか自分がラスベガス、韓国、ときてマカオに3回目のカジノへ足を踏み入れるとは思い掛けない展開で、自分自身に驚きでした。

どんな人生になるのか楽しみが増えた気分でした。(入国編)初めての香港とマカオでカジノ旅行に続きます。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください