(入国編)初めての香港とマカオでカジノ旅行


再カジノへの未練と新たなカジノへの思い』からの続きです。

マカオへ行く当日、カバン持ち用の社員(さとちゃん)と合流し朝から空港へ向かいました。

二人でプサンへ行ったときよりドキドキ・ワクワクしました。

カジノの街ということもあり本場のカジノの街とはどんな街だろ?、老舗リスボアとは一体どんな建物だろ~、と想像と興奮がとまりませんでした。

 

空港へ到着し搭乗!
離陸し2人とも爆睡すること約4時間、ようやく香港空港へ到着!!(手持ち資金は60万円でした。)

初めての香港空港へ降り空港を見渡すと、かなり広いです。

プサンの空港は小さかったな~と比較してしまいました。

 

 

迷子になりそうな長いフロアーをひたすら歩き、やっと税関でした。

申告書を記入し税関を通過し、まずは交通費で2万円換金しました。無事入国でき香港の街へ。

 

タクシーへ乗りマカオ行きフェリー乗り場まで行きました。

何もかもが初めての景色。何を見ても、どこを見ても感動の嵐でした。

フェリーの時間が3時間後が丁度良いと判断し、とりあえずお腹も空いたことなので中華食べに行こうと近所を歩いて探索。

 

少し歩くと小さなデパートを発見し、ぶらぶらとウィンドーショッピング。

すると門構えの立派な中華料理店があったので入りました。

 

私は日本で中華料理が大好物なので本場の中華が興味満々でした。

太っ腹の勢いでこれもあれもと適当に注文です。

メニュー表が中国語なので全然分からず、『肉・魚・炒』の文字で判断。

さとちゃんは、『社長大丈夫?何が出てくるのか分かんない?』

 

私も『謎だね。。。まぁきたら分かるさ。』

と。

 

そして次々と10品ほど出てきました。

日本では見たことが無いような珍味風な炒め物や前菜。

 

他は何となく日本と似てるような料理や点心。

早速食べてみると肉は固いし味に癖があるしで微妙でした。

スープは最低~自分で作ったほうが美味しいし日本人が作る中華の方が美味いと思いました。

なんで味が違うのだろ~と疑問でした。

 

これが香港の味なのだろうか?日本人は口が肥えてるのだろうか?量は、2~3人分ずつ盛られてたので食べ放題へ来た気分でした。

 

さとちゃんには『沢山食べてね』っと美味しくないので勧めました。さとちゃんは、苦笑いながらも沢山食べてくれました。かわいいですね。断れない。

お腹が膨れたので満足し、そろそろフェリーの時間です。

フェリー乗り場へGO!切符を買い乗り込みました。

 

フェリーのイメージがのんびりだったので、どうせ遅いのだろ~だるいなぁって思ってました。

出航~。香港の良くパンフレットで見る景色を窓から眺め感動です。

これが香港100万ドルの夕景色かと。

 

 

外を見てる間に段々船が早くなってることに気づきました。
バンバンスピードが速くなり、100キロぐらい出てるのだろうか、とその速さにビックリしました。

 

私が想像してたフェリーと違い異常に早い。

景色が新幹線に乗ってるかのごとく流れていきました。だから高速船と書いてあったんだと。ようやく分かりました。約30分で賑やかな島の景色が見えてきました。

 

ネオンがキラキラと見えます。

なんだろ~?あれがカジノ?

まるでパチンコ屋さんが沢山あるかのような景色でした。

 

徐々に島へ近づき、ついにマカオへ到着しました。

到着後、タクシー乗り場へ向かうと行列が見えました。タクシー待ちの人が30人ほど並んでいました。

 

タクシー待ちで並ぶのは、かなり苦痛に思いましたが仕方ないので並ぶこと15分ようやく出発です。
Zさんが話してくれた老舗のホテルリスボアへ向かいました。

タクシーからの景色がネオンの華やかさと大きなホテルで映画の世界へ来たようでした。

 

あっちもこっちも全て見たいと思いました。

リスボアで無事チェックインし疲れてはいましたが時間が勿体無いのでそのまま探索しようと二人で外出しました。

 

まずは、ホテル内を見学しました。リスボアは丸い形で(大阪の丸ビルのような感じ)でした。

廊下も壁も天井もピカピカの大理石で光沢があり、お高そうな彫刻や飾りがショーケースに展示して有りました。こんな細かい彫刻は見たことが無いと感動でした。

 

美術館を見てるような光景です。よくこんな建物作れたなぁ~と不思議に思えました。大きな水槽もあり綺麗な熱帯魚もたくさん泳いでました。

丸ビルなので、くるくる廻ってるうちにどこへいるのか迷いました。

迷路のように錯覚します。トイレはどこだ?と探しすこと5分、どうにかトイレの前へ辿り着くと、トイレの入口ドアもピカピカのドアです。

 

ドアを開けようと手を出した瞬間、自動で開きました。

なんだこれ?初めて開くドアを目の当たりにし呆然と関心しました。

スライドする自動ドアはどこでもありますが、取って付きの開くドア(扉)はここしかないのでは?と思いました。

 

トイレの出入りで手が汚れないようにとだろうけどスライドでも良いのでは?と思いましたが世界にはいろいろな発想と技術があることに改めて気づかされました。

 

 

そして地下へと進むと、中華料理店や日本食店、両替所、銀行、売店などがありました。

歩いていると飲食店からお色気プンプンの女性達が20名ぐらい出てきました。

うわぁ~!細くて綺麗でモデルの集まりなのか?と二人でニヤニヤしながら女性達を見ると女性たちが寄ってきて、どう?どう?と売春営業してきました。

 

え!?

こんな場所でこんな人数で売春してるの?とビックリしました。

 

 

Zさんの話によると、カジノのチップ5千円から1万円のチップを自分のオデコヘ貼り付け歩くと交渉がスムーズだと言ってました。
おっちゃんの話してくれたことが現実味を帯びてきました。

私たちは、売春婦を買わずに外へ出て街並みを見に行きました。

 

外へ出るとここは街の中心、まずは目に留まったネオンがキラキラの小さなお店の方へ向かいました。

たくさんの時計や指輪、宝石類がたくさん売られてる質屋でした。

 

お店があり過ぎて買いたい人は悩むだろうなと思いました。どこで買えばお得で買えるのか?お店探すの大変そうに感じました。
日本の質屋さんは地味に思えました。

 

質屋通りを過ぎると商店街風な通りへ繋がってましたので更に歩きました。

日本の田舎の商店街みたいでアーケードになってました。

 

すると金流と書いてある看板を発見。

サウナマッサージ店or 風俗店のような看板です。

 

さとちゃんも長旅で歩き疲れただろうと思い入ってみることにしました。

サウナとマッサージで疲れも癒されるだろと思いました。
カウンターでメニュー表があり値段を見てみると当時のレートが円高だったので全て安く見えました。

 

何が書いてあるのか分からないので、とりあえず1番高いコースで2人お願いしますと注文しました。

1人1万円でした。

さぁどんな感じなんだろ~?と2人でドキドキしながら案内されました。

 

まずはロッカーで服を脱ぎ荷物を中へ入れ鍵をしっかり閉め、大浴場へ案内され二人でゆっくり浸かり、シャワーで汚れを落としました。

 

お風呂を出ると、おばちゃんがタオルを持って待機してくれてます。タオル下さいというと、おばちゃんが体を拭いてくれました。

 

少し変な気持ちでしたがサービスの一環でした。少し偉くなったような気分でした。

バスローブを着させてもらいリクライニングのソファー室へ行くと50名ほど入れる部屋で40名はお客さんがいました。

 

ゆっくり休憩できドリンクを飲み、タバコを一服。

 

10分ほどすると女性が20名ほど出てきました。

女性たちは私とさとちゃんの前へ整列するかのように並び店員さんが

『誰にしますか?』

と尋ねてきました。

 

注目されるのと照れと緊張で鼓動がバクバクしました。

二人で悩みながら一番好みの女性を選びました。

 

更に5分後、女性が呼びに来たのでさとちゃんと別々に個室ルームへ案内されました。

部屋へ入るとベッド。ガラス張りのお風呂にエステベット。

 

椅子が置いてありました。言葉が通じないので会話はできません。浴室へ通され私も女性も裸になり浴室で体を洗ってくれました。

エステベッドへ横へなり体を遣ったローションでのマッサージです。

最高に刺激的でした。

※詳細は現地で確かめるのが一番です。

 

その後、さとちゃんと合流です。

小さな食堂があり全て料金込みなので軽食を食べ、今日の感想を語り合いました。

 

時間を見るともう夜中です。

二人ともバテバテで歩きたくなかったので、店員さんに寝る部屋ないの?と聞くとカプセルホテルのようなベッドルームへ案内してくれました。二段ベッドでしたが歩きたくなかったので、そこで寝ることにしました。就寝。

 

(実践編)初めての香港とマカオでカジノ旅行』へ続きます。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください