(実践編)初めての香港とマカオでカジノ旅行



カジノ仲間から教えてもらった優良サイトであり、日本でスマホが普及しだした頃からスマホ対応していたので、日本人ユーザ数も5万人以上と言われてます。
入出金もスムーズで動きが滑らかで固まることがほぼ無いのでストレス無くプレイできますね。

 カジノを無料体験してみるならコチラ







(入国編)初めての香港とマカオでカジノ旅行』からの続きです。

初めてのマカオに来た翌日、疲れもぶっ飛び起きてシャワーを浴び、身支度を済ませ店を出て、まずは朝食を食べることにしました。
たまたま近くにあった中華料理店へ入ることにしました。

またまた肉系、魚系、チャーハンと注文しました。

 

やはり肉が固いです。

香港マカオはどこで食べても肉が固いんだと諦めました。

ゴムを噛んでる感じでした。

 

とりあえずお腹一杯になったので、そろそろ旅費を稼ぎに行こう、とリスボアホテルへ戻りカジノを見て廻ることにしました。
リスボアでカジノを1F,2F、3Fと見廻りバカラの台と客層をチェックしました。

また道に迷ったので、とりあえず1Fのフロアーでカジノすることにしました。

結構なお客さんの数で賑わっていました。

バカラの台へ座りチップへ50万円チェンジすると、チップが韓国とは違う形でツルツルしたチップが出てきました。

 

このチップいくらなんだろ~?と種類を確認しました。

13万円のチップが4枚、直径8cmほどの大きなコインに感じました。

 

 

1万円のチップは500円玉より少し大きめの感じです。

チップの形や大きさは、カジノにより違うんだと新発見でした。

 

一発目はプレーヤーへ賭けることにしました。

私は間違えて、一番大きなチップを賭けてしまいました。気づいたときは手遅れです。

 

仕方ないと諦め運に任せました。

すると当たったのでホッとしました。

 

13万円も賭けてしまってたとビックリ冷や冷やでした。

間違えたとはいえ、当たったから良かったもの、ちゃんと確認して賭けなきゃですね。

 

 

 

2回目、悪運で当たったようなものだから、そのまま13万円賭けてしまえ!また当たり3度目、調子に乗りそのまま26万円賭けました。

また当たりました。

たまたま縦ズラの罫線だったのです。

 

 

縦ズラとは、赤なら赤が連続して出ることです。

4度目、更に当たった26万円を賭け当たり52万円のプラス。

5度目、もう外れかなぁ~と思いつつ52万円をそのまま賭けました。

無かったものだと思えばいいやと軽い気持ちで賭けました。

 

 

これも当たっちゃいました~。

合計で104万円勝ってしまいました。

 

まさかのまさかで私は最高の気分でテンションが上がりました。

座ってから約15分の出来事です。

 

 

時給いくらだ!?

さとちゃんもビックリです。

これが噂のビギナーズだったのかと思いました。

 

こんな楽に稼げると仕事はしたくないと頭が充満しました。

その場で席を立ち一旦止めよう。今日は勝ち逃げすることにしました。

息抜きで違う場所を見物しに行こう、と無理やり外へ出ました。

向かいはウィンホテル、隣りはMGMホテルです。

 

大型ホテルが建ち並ぶストリート沿いを歩きホテル巡りへ向かいました。

まずはウィンへ行くと敷地内に池がありました。

 

たまたま音楽が流れ出し耳を傾けていると音楽に合わせ池から噴水があり、水がピーピーと空高く舞い上がり水が踊りだしました。

綺麗に水が踊ってるようでした。

こんなのは日本に無いんじゃないの?と思い感動的でした。

 

ウィンの中へ入ると高価なブランドショップがずらりと並んでました。

1件1件ウィンドウショッピングし目の保養になりました。

桁外れな商品ばかりで手がでませんでした。

セレブしか買わないでしょ。これ売れるのかな?、と思いました。

 

 

さらに先を進むと何やらザワザワと100名ほどが中央へ集まってました。

何かあるのかなぁっと思い行ってみると床と天井に大きな穴があり蓋されてるような感じでした。

 

 

みんな待ってるかのようだったので、隣にいた外人さんに『What?』と尋ねると、『ショーだよ』と言われました。

なんだこれ?と待つこと5分。

いきなり大きな音楽が鳴り出し床と天井が開いたではないですか。床と天井から大きな装飾ある物体が挟むかのように出現し、くるくる回転し始めました。

 

音楽に合わせ装飾物体での演出でした。

時期により装飾が変わるみたいです。

円盤の巨大さに驚きました。

 

無料で見物できたことが得した気分で満足できました。更に進みカジノルームをチェックすることにしました。

カジノは広くリスボアとは違う開放感でお客さんが少ない感じでした。

 

高級感がある内装でふわふわのじゅうたんです。

新たな雰囲気に魅了されたので少しバカラすることにしました。10万円チェンジです。

今度は高級なホテルのカジノだから負けるかもしれないなぁっと頭をよぎりました。

最低ベットも2万円からで高く感じました。

 

 

リスボアで間違えてかけたことが頭にあったので間違えないようチップを確認しました。

プレースタート2万円賭けました。

 

ありゃ、外れ!

外れたので4万円賭けました。

 

また外れ、なんだこれ~当たらないじゃん。。。
更に4万円賭けて外れ、そして1度も当たることなく、あっという間に10万円無くなりました。。。

ここは俺と相性悪い!隣りのMGMへ行こう!とイライラでした。

MGMへ着くとリムジンやタクシーが入口でバンバン出入りしてました。

 

中へ入ると、テカテカで広~いロビーと長~いエスカレーターとカウンターが目に映りました。

カジノのホテルってこんなにも広大で贅沢に造られて建築費いくら掛かってるのか?不思議に思いました。

 

そんなにも儲かるのか?と羨ましく思いました。

資金があればカジノ経営したいと願望が浮かびました。

 

 

エスカレーターで2Fへ行くとカジノフロアーでした。端から端まで何百メートルあるのだろう?と思うぐらいの広さです。

人がかなり多く、座れる台を探すのに歩き廻りました。

いろいろなゲームの台がありましたがまたバカラの台へ座りました。

 

ウィンで負けた10万円を取り戻してやると意気込みました。

今度は50万円チェンジし、早く勝ちたいと願い5万円ずつ賭けだしました。

 

外れ。当たり。外れ。外れ。外れ。

うわぁ、何で外れるの~。。。

 

外れる回数が多いです。

50%なのに続くときは続くんですよね。勝ちのほうなら良いのに。

時間が経つに連れ賭ける度にジワジワ減っていきました。

 

さとちゃんは見かねてました。

あ~あ!結果とうとう50万円負けです。頭真っ白になりましたね。でもまだ約40万円は勝った状態なので、さとちゃんの手前カジノしないことにしました。

リスボアで勝ち逃げできたときに部屋の金庫へお金を全て入れて外出してれば賭けずに済んだと後悔もしました。

マカオでのカジノ実践から香港へ』に続きます。

 



トータルで唯一プラスになってるサイトです

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。特に通信費が掛かるってこともありません。また、インストール式ではなくブラウザ式なので、普通のサイトにアクセスするのと同じです。


スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。











【入金方法】
クレジットカードなら即時反映されるのですぐに遊べます。

日本のクレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

【勝利時の出金方法】
海外口座のecoPaysを作っておきます。ベラジョンカジノからUSD(米ドル)をecopayzに送ればJPY(日本円)に変換できるので、そこから日本の銀行宛てに送金でOKです。

だいたい3営業日くらいで送られてきます。




【いただいた質問】
●登録には免許など身分証が必要なのかと問合せがありましたが、カジノ自体では少額なら不要です。 ただし、決済するためのecoPaysなどは必要になります。

●このカジノで15連敗するとか聞いたけど本当かって内容ですが、そんなのは海外のカジノで私も普通にありましたし、日常茶飯事に起こりえる話なので、追求したところで意味を成しません。


最初は無料お試しで遊べるので、まず雰囲気を感じ取ってからプレイされると良いかなと思います。

 まずは体験版から試してみる



コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください