マカオでのカジノ実践から香港へ


(実践編)初めての香港とマカオでカジノ旅行からの続きです。

前回、カジノで悔しい思いをしたので帰る前に一応観光もしなきゃさとちゃんに悪いしと思いマカオ観光へすることにしました。
マップを見ながら適当に歩き移動しました。セナド広場へ着きヨーロッパ風の建物を眺めショッピング街へと進みます。

中国ではない様な気分になり絵になる場所に感じました。

通りを進んでいくと段々坂になって行きました。足痛く暑いです。

道の両サイドにお土産屋さんがずらりと並び、お店をちら見してると店員さんが味見して下さいと声を掛けているので、近づいてみると真四角の形をしたハムのようでした。おつまみになる味で意外に美味しかったので購入しました。

 

何のお肉でできてるのかは未だに知りませんが。自分へのお土産で5枚ほど買いました。1枚300円程度です。
お店によってはお菓子やおつまみ類など沢山の試食が置いてあったので食べまくりました。

 

更に坂を上ると聖ポール天主堂跡が見えてきました。世界遺産で歴史的な建造物です。

うわぁ~大きい~と眺め階段を駆け登りました。

真下へ行き壁を入ると2mほどで裏側へ抜けると何もありません。

なんだこれ?奥に部屋とかないの?室内は無いの?正面の壁だけ?と思いました。

これが世界遺産なの?と思いましたが、こんな薄い壁が立ってる事が珍しいと思いました。

 

また来た道を下り足はもうパンパンです。タクシーでマカオタワーへ移動しました。

東京タワーとは形が違いますが上に高いです。

 

現在のスカイツリーのようなタワーです。

とりあえず展望台見てみよう~ガラス張りのエレベーターで上昇しました。

エスカレーターからは外が丸見えです。

上へ上昇するに連れ段々心臓がバクバクドキドキします。綺麗に眺められるけど恐いです。

展望階へ着くと、ぐるっと一回り一望できました。

とそこへ展望のガラスの外へ5名の人が歩いていました。

 

空中遊泳という外の散歩ということをしてました。上からロープで体を固定し歩くだけですが怖そうでした。

真下を見たくないですね。突風で飛ばされないの?と疑問に思いました。

更には老人がガラスの外でロープをぐるぐる体へ固定しヘルメット着用。

店員さんが後方で何やらサポート中です。

バンジージャンプでした。


そのときいたのは白人の外国人の方で70歳ぐらいの方でした。

マジで?こんな高い所から飛ぶの?心臓麻痺にならない?と心配になりました。

 

私の倍以上の年齢でこんな怖い体験なんでするの?と不思議でした。
見てると飛ぶまでに10分ほどかかりました。

店員が後ろからゆっくり手を充てた瞬間、勇気を持ってダイビング!

下を見ると親指でOKのサインです!満足気でした。

 

私もあの勇気がないと駄目なのかもっと反省しました。
少し死んだと思い飛んでみたいと思いました。

今後のためにとバンジーの値段を見に行くと一人45000円。

 

結構高いなぁ~
45000円も遣うなら違うことへ遣った方がマシかもと思ってしまいました。

 

こんなに高いの?と思いましたが、その価値はあるのかな?とまたそのうちカジノで勝って余裕ができたらだと思いました。ホテルへ戻りチェックアウト!帰りはヘリコプターで香港へ戻ることにしました。

リスボアを出てフェリーターミナルへタクシーで移動し、切符を買いチェックイン。

 

フェリー乗り場の上の階へあがるとヘリ専用のラウンジがあり軽飲食が食べれて待合スペースになっていました。
ヘリは、一人約35000円でした。
ラウンジで時間まで軽く味見しコーヒー飲み待機しました。

 

時間になると呼び出しが有り、6人で上層会の屋上へ。

屋上へ行くとヘリのプロペラがガンガン回転しており突風です。

 

凄い風で吹き飛ばされそうでした。前かがみで歩き、乗り込むとホットしました。

ヘリはTVでしか見たこと無いので想像だけでした。

 

ヘリは、ゆっくりと上昇しマカオの夜景を綺麗に見せ付けました。フェリーから見る景色と全然違いました。
さすがに上から見るネオンは輝きと贅沢さを前面に出している感動さでした。

また来たい!住みたい!毎日見ていたいと思いました。

絶対また来るぞ~と強く思いました。

 

香港へ近づいてくると湾岸に沿って綺麗な夜景が見えてきました。
上から見るのが100万ドルの夜景なんだと見せ付けられたような気分でした。窓から目が離せませんでした。

 

ヘリは、ゆっくりとビルの屋上へ着陸し(フェリーターミナル屋上)無事香港へ戻ることができました。
その日は香港中心地のホテルで1泊することにしました。

 

香港旅行の観光から帰国まで』に続きます。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください