香港旅行の観光から帰国まで



カジノ仲間から教えてもらった優良サイトであり、日本でスマホが普及しだした頃からスマホ対応していたので、日本人ユーザ数も5万人以上と言われてます。
入出金もスムーズで動きが滑らかで固まることがほぼ無いのでストレス無くプレイできますね。

 カジノを無料体験してみるならコチラ







マカオでのカジノ実践から香港へからの続きです。

前回、マカオから香港に戻ってきました。

香港中心地にあるホテルへ宿泊しました。ホテルから出るとすぐ賑やかな商店街でした。
夜市みたいな感じで露店が沢山有り珍しいものばかり売られてました。

街行く人が携帯電話をタッチパネルで触ってる光景が印象的でした。
日本は当時、スマホがありませんでした。

香港はタッチパネルなんだと不思議に思いました。
ぶらぶら探索し楽しく観ることができました。

 

 

途中、お腹空いたので古くぼろいお店でしたが賑わっていたので美味しいのかな?と思い入りました。
チャーハンとラーメンを注文しました。

無難に美味しかったです。

おぉ~美味しいお店もあるんだと、ちょっとした感動でした。ホテルへ帰り就寝。

 

 

翌日、香港から電車へ乗り約1時間の場所、rowo (ロウウー)という駅まで行きました。

香港は都心なので値段が高く感じたので、中国は貧富の差が激しいと聞いてこともあり遠くの田舎方面の環境はどうなのだろ~?と思い行きました。
駅へ着くと税関が有りパスポートを出し通過しました。

香港と中国は違うんだ~香港は元イギリス領土でした。
ロウウーへ入り歩き探索することにしました。

 

建物がある方へ、ひたすら歩きまくるとシェラトンホテルが有り小さなお店が道を連ねていました。
裏路地へ進むと小さな小屋が並び全ての小屋で女の子が10人ずつお店で座っていました。

その数20店舗ぐらいありました。

何のお店だろ~?と聞くと、PLAY。PLAY。風俗店でした。

 

 

通り沿いで見て選べと言ってたのです。
いくら?と聞くと一人3000円。。。マジで?疑いました。

 

どんなサービスなんだろ~?と思い安いから休憩がてら受けてみるかと、3000円支払い女の子を選びついて行くと古くぼろいマンションの1室へ案内されました。

2人で大丈夫かな?怖い人来ないかな?殺されないかな?と思いました。

女性はシャワー浴びろとシャワールームへ案内。浴び終わると、こっちへ来て下さい。

 

ベッドへ横になり言葉が通じないので、されるがままです。

安過ぎのわりには大満足でした。

この価格で日本ではありえないと刺激的でした。

 

 

そして更に遠くへ歩きました。
もしかしたら、もっと安く何かがあるかもしれない!と思い期待しました。

歩き続けること30分足が痛くなってきた時、小さなホテルがありました。
入口へ近づくと足壷マッサージ60分500円と書いてあったので、これまた安いな~と思い入りました。

きっちり500円という安さでマッサージしてくれました。

 

 

いったい給料いくらなんだろ~?と疑問でしたが客としては大満足でした。

お腹が空き路面店のお店で食事をすることにしました。

 

 

潰れかけの建物で店外へ椅子と机が並べられてて数人のお客さんが食べていました。

ボロいお店ですが、店主が大きなフライパンを振ってる姿も見えて美味しそうに見えたので無難なチャーハンと何かの炒め物を注文しました。

 

 

ドキドキしながら待ってると、出来たて熱々の料理がきました。

恐る恐る一口食べてみると、これまたメチャクチャ美味しいです。

 

さすが中国、中華料理!と香港へ来ての始めての料理の感動でした。
お米がパラパラで味付けも完璧!大満足でお会計すると日本円でチャーハン17円、炒め物20円でした!
安すぎるけどマジで? 計算間違えてないの? 大丈夫? と疑いまくりました。

無料と同じくらいの感覚に思ってしまいました。

 

 

いったい原価は何円なの?と2人で苦笑いでした。

このチャーハンを日本で販売すれば、最低でも2000円にはなるのにと思いました。

 

中国は、かなり奥の深い国で都心部だけが発展して稼げる国なんだと思いました。

行かないと分からない現状と社会・文化です。
日も暮れかけ、ロウウー駅の近くのホテルへ泊まることにしました。翌日帰国です。

 

(計画編)フィリピンのマニラへのカジノ旅行』へ続きます。



トータルで唯一プラスになってるサイトです

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。特に通信費が掛かるってこともありません。また、インストール式ではなくブラウザ式なので、普通のサイトにアクセスするのと同じです。


スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。











【入金方法】
クレジットカードなら即時反映されるのですぐに遊べます。

日本のクレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

【勝利時の出金方法】
海外口座のecoPaysを作っておきます。ベラジョンカジノからUSD(米ドル)をecopayzに送ればJPY(日本円)に変換できるので、そこから日本の銀行宛てに送金でOKです。

だいたい3営業日くらいで送られてきます。




【いただいた質問】
●登録には免許など身分証が必要なのかと問合せがありましたが、カジノ自体では少額なら不要です。 ただし、決済するためのecoPaysなどは必要になります。

●このカジノで15連敗するとか聞いたけど本当かって内容ですが、そんなのは海外のカジノで私も普通にありましたし、日常茶飯事に起こりえる話なので、追求したところで意味を成しません。


最初は無料お試しで遊べるので、まず雰囲気を感じ取ってからプレイされると良いかなと思います。

 まずは体験版から試してみる



コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください