初めてのビジネスクラスでカジノから帰国


ソウルのVIPルームで500万円が溶けた』からの続きです。

韓国のカジノを終え、大韓航空KALのビジネスクラスで帰国です。

インチョン空港へ到着し今度は負けてお金が無いので税関もすんなり通過!

税関を出ると、そこには広~い免税店が立ち並んでいました。

うわぁ、こんなにお店あるの?と日本の空港と全然規模が違うと一目で感じました。

 

香港国際空港より広いのかな~免税店を見廻りながらタバコを2カートン買いました。

日本で買う約半額で購入でき、かなりお得です。

 

シャネルやエルメス、ブルガリなど見ながら今度カジノで勝ったら買おうと品定めと値段のチェックをしました。
搭乗時間まで、空港ラウンジへ行くことにしました。

ビジネスクラス専用ラウンジが付いており、ドキドキしながら行くとカウンターがありチケットを渡し入りました。

 

たくさんの椅子とソファー席があり軽食できるようBARがありました。

サラダやお粥、ハムやチーズ、韓国のインスタントラーメン。クッキーなど。ドリンクバーがありました。

 

美味しいわけではないのですが非常食のように感じました。

シャワールームと喫煙室、パソコンルームがあり、ビジネスと付くぐらいだから仕事できるようにの感覚なのかなぁ?と思いました。

ソファーでパソコンしてる紳士も多かったので、私も空港で時間の合間に仕事できる紳士になりたいっと憧れました。

かっこよく見えました。

搭乗時間になりゲートへ行くと、エコノミーとビジネスの並ぶ列が分かれておりビジネスの人は優先され並ばなくて搭乗できるシステムになっていました。

 

エコノミーの人より先に搭乗し、ゆっくりくつろいで下さいのように感じました。

嬉しさのあまり堂々と先に搭乗しました。

 

彼女も満足気に私の後ろを付いて。外人さんのようにかっこよくエスコートできればなぁ~と思いつつ自分じゃ画にならないかと断念。

席へ向かうと、ビジネスクラスは飛行機前方へスペースが確保されており、乗ってすぐ着席でき、また早く降りれるようにと気配りされてました。

 

席はエコノミーの倍の広さで、ゆったりとしふかふかさも雲仙の差でした。

シート横にボタンが沢山ついていて、押してみると自動でリクライニング!背もたれも足も、ウィ~寝れる体勢へ。

 

テレビ画面も大きく、タッチパネル式になっており新作の映画やゲーム、音楽など楽しめるようになってました。感動です。

最近の飛行機は進化してるんだ~エコノミーの倍以上の値段するし当然かと納得できました。

 

 

座ってすぐにCAさんが、オレンジジュース?シャンパン?と持って来てくれました。
うわぁお~シャンパンまで出るの~ビックリでした。

お酒は飲み放題のような感じでした。
ビール。ワイン。シャンパン。梅酒。何でもあるんだ~ ナッツ事件の、ナッツも出てきました。

ナッツ美味しいです。ビールに合います。

 

今、思えばあれだけCAさんがきっちりと素早い対応してたのが理解できます。

かなりの指導があったのでは?と経営者の立場で考えると私は思いました。

リクライニングを倒し、映画を見ながらお酒を楽しみました。

離陸して30分程経つと、お食事タイムです。

 

 

どんな弁当なんだろ~?エコノミーでは小さな弁当セット食べたので。

な、なんと、白いお皿に、サラダ、フィレステーキ、パン、バター、野菜の炒め物、デザートケーキなど、イタリアンレストランに来たような気分でした。

味はどうかな~飛行機だし。

肉柔らかいのかな~?どうせマズイだろ~とパクリ。お肉柔らかくてジューシー。

 

味も美味しい~パンと合うし、赤ワインがすすみました。

感動です。さすがに満足でした。もうエコノミー乗りたくないよ~

 

忘れることのできない新たな刺激的な体験でした。

彼女も若くして苦労無しにこんな体験してるんですから、今後によくないかなとも思いましたね。

優雅な飛行時間は、あっという間でした。

着陸態勢へ。

もう着いたのか~

 

エコノミーだと、早く着いてくれっと思ってましたが。ビジネスクラスだと、ずっと乗っていたい気分にさせられます。

無事着陸!久しぶりの日本帰国に感じ、何でかホッとしました。

税関を通り荷物をレーンで待ちます。私の荷物が真っ先に出てきました。

 

ビジネスは荷物も優先して先に出してくれるのです。

さすがサービスが違うなと関心しました。

カジノへ行く度にどんどん新たな刺激ある経験を積むこととなり日本と比較することが多く感じました。

 

 

駐車場へ向かいますが自家用車がリムジンでお出迎えの運転手がいればと思いながら自分で運転して帰宅しました。

こうして3回目のカジノ旅行は最高の思い出とともに帰ってきました。

会社の拡大とカジノの両立』へ続きます。



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください