会社の拡大とカジノの両立


初めてのビジネスクラスでカジノから帰国』からの続きです。

3回目の韓国カジノ旅行から帰ってきた後です。

あれだけ楽しい時間を何度も味わえるほど遊ぶためには、お金、時間、気持ちの余裕がないと楽しく遊べません。

 

まず稼げ!

自分へそう言い聞かせ考えます。

 

そこで、支店を作ろう、と決めました。

 

当時の会社の社員を社長へ格上げし私は会長職へ。

会社を任せ、新たな支店立上げへと急ぎました。

 

事務所を借り、求人を掛け、銀行から8000万円借り入れを行いました。

毎月約300万円の返済。

 

固定経費の支払いが増えることとなりましたが、初期費用で1000万円の出費でした。

とりあえずスタッフが5人確保でき、まぁまぁの刺激あるスタートがきれました。

 

この段階でこのときの建設会社崩壊への第1歩だと知らずに私は後先考えず突っ走りました。

宣伝にもお金を掛け、集客と知名度をあげていきました。

 

1ヶ月が経ち、そろそろ落ち着いたな~部下の一人を専務へと昇格させ、会社を任せることにしました。

1週間に一度私への報告と会議。

 

細かなメールを毎日送らせました。

1ヶ月目、500万円の赤字です。

始めは仕方ないと我慢しました。

 

2ヶ月目に期待。

大きな案件と売り上げの確保をしてこい、と社員へ気合い入れました。

 

私は疲れとストレスが溜まりまくっていました。

こうなったらまたカジノへ行くぞ~

 

赤字の500万円もカジノで勝って穴埋めしてやる、彼女と新たな思い出を作ってセレブになってやる、など当時の気持ちは、どんどん高望みするようなってきました。

 

今思うと、25歳という若さもあってバカなことしてたなぁ~と振り返る自分が嫌になります。

身の丈にあった生き方をしとけば良かったと悔やむこともあります。

まぁ仕方ないですね。

人生一度ですから若気の至りです。

 

 

帰って彼女へ相談です。

相談というより報告です。

『マカオへ行くぞ!明後日だ』

勝手に決めました。

 

今回は、飛行機マカオ直行便で行くことにしました。

ホテルは、まだ行ったことがなかったベネチアンホテルです。

 

彼女は私がカジノをすることに何も苦言しませんでした。

なので、私もカジノへのブレーキとなるキッカケはありませんでした。

 

彼女は笑顔で行くことを了承してくれましたし、ワクワクしてるようでした。
仕事は大丈夫?落ち着いたし、気分変えなきゃやってられないから気にしないで!と私は呟き安心させました。
銀行からの借り入れもできて当面は資金も廻ると安心してました。さて準備準備!

ベネチアンマカオのカジノとエステを満喫』へ続きます。



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください