ラスベガスでもあちこちでVIPになった話


500万円持ってラスベガスにビジネスクラス』からの続きです。

私は朝8時に目覚め、彼女を起こし準備しました。

朝のモーニングとコーヒーを飲みにスターバックスへ向かいました。

 

オープンテラスのスタバで目を覚ましラスベガス観光客を眺め優雅な気分に浸りました。
今日はベガスの端から端までカジノ巡りをしよう。

その合間にショッピングもしようと計画を立てました。
まずは、一番端のカジノへと向かいました。

 

小さな雰囲気のカジノでバカラがありません。ほぼブラックジャックです。

仕方がないのでブラックジャックへ座りました。10万円チェンジ!1万円賭け外れ。

2発目アメリカ人に日本人パワーを見せつけなければと思い5万円賭けました。

息を飲みトランプが1枚、絵柄。さ~2枚目、絵柄かエース来い!絵柄で20になりました。

ディーラーはバーストしました。

 

勝ちました!

 

アメリカ人はウワ~とざわつきました。たぶん、この日本人少し違うと思っていたでしょう。

私は勝ち逃げと思い席を立ちました。

 

勝った瞬間に席を立つとアメリカ人は、もう立つの?という目で私を見上げました。

やはりアジア人は少ないので目立ちます。

次は隣りの建物へ。

また店内を物色しました。

 

同じくバカラがありません。

ブラックジャック、スロットマシーン、ポーカー。

私は仕方がないな~、ポーカーしてみよう。

3カードポーカーをしてみました。

5万円チェンジ!

 

このポーカーはカジノで初めてのことなのでチャレンジでした。1万円づつ5回賭けれればいいやと思い賭けました。

 

単純に分かることが3枚同じ数字であれば勝てて倍率も良いのだろうと思って挑みました。
一発目ブタ。

外れですね。

2発目、悔しいと思いながら手元へトランプが3枚。

ゆっくりとトランプを目線へ。

じっくり絞りながら見ることにしました。

 

1枚目は7の数字がでました。

周りのアメリカ人はめくるのが遅い日本人だという目で、早くめくれと見てきました。

 

私は頭の中で黙れ、待てと思いながら2枚目、3枚目とゆ~っくりとトランプをずらしました。

7が3枚で揃ってました。不思議に感じました。

トランプの切り方が固まってたのか? 何倍になるのだろう?

トランプを3枚出した瞬間、アメリカ人はウォ~ Oh my god!なんてことだ。

 

 

まさかのスリーカードで一気に30万円増えました。

彼女が遠くから私を呼んだので勝ったからいいやとの思いで席を立ち彼女の元へ行きました。

同席していたアメリカ人は、勝ち逃げか!?、ゲーム上手いやつだというような顔で私を見ていました。

ポーカーは運と、どのタイミングで止めるかがカギですね。

 

私はポーカーは初心者だったので長く居座りたい願望が無く幸いでした。

どのゲームも基本は運ですが、勝てる確率が違うような気がします。

ポーカーは勝てる確率は低いと思うので私はたまにの息抜きだなと思いました。

さて彼女と合流して、またスタバで休憩しました。

 

コーヒー飲みながら、カジノの話で盛り上がり、次はヴェネチアンの中へ行くことにしました。

マカオのヴェネチアンと同じかな~?

正面は似てる雰囲気なので同じかもね。

入ると人混みです。

ラスベガスのはマカオより小さく感じました。

 

 

ごちゃごちゃしてる感じで、ショッピングフロアーへ行くと同じように川が流れ、両サイドにショップが建ち並んでいました。

天井は空のように異空間を感じさせる内装でした。

ヴェネチアンホテルのカジノフロアーへ行きバカラルームを探しました。

VIPと書いてありバカラルームが仕切られてありました。

VIPルームへ行き、日本人スタッフ呼びました。

私は、ついでにホテルのカジノは全てVIPになっておこうと思いました。

全てのカジノでVIPになれれば、見せ金でチェンジしとけば何かしらサービスを受けることができるかもしれない。

無料で何かもらえればラッキーだしと悪知恵がはたらきました。。

担当者が来ました。

私は200万円チェンジし台へ座ってました。

 

担当者に、

『私は他のホテルでVIPで来てるのでヴェネチアンでもVIPに慣れますか?カード作れますか?』

と尋ねると、

『食事とショーのチケットぐらいなら宿泊しないのであれば提供できますよ。』

ということでした。ラッキーです。

 

担当者は、その足でイタリアンレストランへ案内してくれてフルコースをご馳走してくれました。

大きなフィレステーキがメインで魚のソテーが印象的です。

アメリカサイズでした。

女性には少し多いですね。

軽くお酒も飲み満腹。

ヴェネチアン内でショーがあることを知り担当者へショーのチケットを優遇してと頼むとOKです。

 

すぐ予約しVIP席チケットをくれました。

時間になるまでバカラをすることにしました。

 

 

200万円からのスタートでしたがお腹が一杯になりすぎて苦しい~頭が廻りません。

時間まで負けずにいれるかなと不安でした。2万円ずつ小さく賭け1時間耐えました。

10万円負けのところでショーへ向かいました。

 

ショーの席へ座ると、薄暗くなりショーの始まりです。

青い人が3人出てきました。

青い服を着てるのか?

全身ペンキで青いのか?

この三人は何をするのだろうと疑問に感じました。

 

三人は英語で何かを話しだし、観客の笑い声が聞こえてきました。

英語が分からない私はさっぱりチンプンカンプンです。。。

 

彼女は英語が分かるので理解してるようでした。

彼女になんで笑い声が聞こえるのか聞くと三人は漫才師でお笑いコンビだよ。

パフォーマンスがアメリカでは有名芸人ということでした。

私は言葉が分からないので楽しくありません。

 

早く終わってくれと期待外れだったとぼやきました。

休憩だと思い終わるまで寝ることにしました。

ショーでよく眠れて気分も変わったところで外へと出ました。もう夜です。

ラスベガスのネオンが綺麗に見え賑やかです。

遠くの方へ噴水が見えてたので歩いて行くことにしました。

 

散歩してるだけでも楽しい気分でした。

ベラージオホテルの池から出る噴水のショーでした。

近づいて行くと音楽が流れ照明に合わせるかのように水が踊ってるように見えました。

マカオのウィーンホテルでのショーの巨大バージョンに思えました。

きれいに飛び交う水の画・噴水を考えた人の発想が凄いなぁ~感動です。

 

しばらく立ちすくみました。

そしてベラージオの中へ入り、まずVIPルームを探しました。

またスタッフを呼んで、200万円チェンジ!

VIPカードを作りサービス何くれるかな~?

『オー』と言うショーがあるのでVIP席のチケットを貰いました。

1席2万円相当するらしく、ここでのショーは思い出から消えたことはありません。

 

激動感動でまた見たいと常に思って何年も過ごしてます。

ドキドキしながらフロアー席へ行きました。

開演です!

言葉が分からないけど楽しくショーを満喫できるか不安でした。

『オー』とはシルクドソレイユです。

私はただのダンスなのかと思ったら大間違いでした。

水を使ったパフォーマンスで思い出深いシーンが、空中ブランコやロープを遣い天井高いところから下へ見えるプールへ飛び込むシーンでした。

1人や2人飛び込むのではありません。

何十人飛び込むのというほど順次バンバン飛び込んでいきます。

高さも100mぐらいあるのかな~そんなに深いプールが下へ設置してあるのかな~大丈夫か心配で冷や冷やドキドキでした。シンクロナイズドスイミングの大きいバージョンを見ているような気もしました。

 

 

不思議で謎のあるショーに感じ今でもどんな練習してるのだろ~と謎です。

ラスベガスでカジノより1番行きたい場所かもしれません。

感動に浸りながら次に向かったのが通天閣のような展望台へ上りました。

東京タワーぐらい大きいのがあればと思いつつ上ってみると意外に高く感じました。

ベガスの夜景が綺麗に一周みることができました。

 

結構歩いたな~そろそろホテルへ戻ろう~部屋へ着くと今日1日の感想を語り合い、ショーの感動で頭が一杯でした。

更に浸りながら夢の中へ突入しました。

ラスベガスMGMでもVIPになった』へ続きます。



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください