グランドキャニオンとレッドキャニオンの初ツアーに感激



カジノ仲間から教えてもらった優良サイトであり、日本でスマホが普及しだした頃からスマホ対応していたので、日本人ユーザ数も5万人以上と言われてます。
入出金もスムーズで動きが滑らかで固まることがほぼ無いのでストレス無くプレイできますね。

 カジノを無料体験してみるならコチラ







ラスベガスで激安ショッピング』からの続きです。

この日は、グランドキャニオンとレッドキャニオンへ行くことにしました。一応有名観光地なので、一度は行かなければとの思いでした。

カジノは帰ってから思う存分してやろうという事で後回しです。

タクシーへ乗りヘリポートへ向かいました。

マカオから香港のヘリ以来2回目なので、またドキドキ楽しみでした。

彼女は初めてのヘリ体験だし、喜んでくれるといいなぁ~笑顔を見れることも楽しみでした。
ヘリポートへ着きチェックイン!

案内されるがままにヘリへ乗り込みました。

 

 

ヘリに決めたのは値段は少し高かったけどバスは遠いし、車(タクシー)は微妙だし(値段)、セスナは日本でよく落ちるニュース見るから恐いということで決めました。

ヘリコプターは無難だと判断しました。

落ちることもあるけどヘリなら景色も前面見れるし、丁度良い早さだから楽しめそうだと思いました。

さぁ出発~。

 

意外に出だしが早く斜め上がりで上昇しました。

想像してたのはまず真上へと思いました。マカオからの離陸は真上へ上昇してから進んだからです。

上昇するとベガスの景色が一望でした。

 

めちゃめちゃ感動です。

真下見たら恐いので遠くを見るようにしました。ラスベガスから郊外へ進みサボテンの砂漠上空を進みます。

初めて知ったのが砂漠といえば砂の砂漠エジプトを想像してましたが、アメリカの砂漠は意外にもサボテンが生えてる地でした。

グランドキャニオンに入るとド真ん中の岸壁へ着陸しました。

ど真ん中なので右も左も眺めが一望でした。

 

記念写真を撮り深呼吸。

岩というより石の岸壁でした。

心の中でただの岸壁やんと思いましたが広大さは感動ですね。

運転手の説明で、この土地は全て大昔海の底だったと言われてると聞き、マジ?っと目を疑いました。

 

海鮮の化石も見つかってるらしいです。感動が膨らみました。

恐竜時代のベガスを想像しました。

驚きです。

離陸しまた同じ景色を堪能しヘリポートへ戻りました。

グランドキャニオンはヘリで行くべきですね。大満足でした。

 

一旦ホテルへ戻り、レッドキャニオンツアーのお迎えを待つことにしました。2人の老夫婦がハマーでホテルまで迎えに来てくれました。

 

日本でハマー見かけたら大きいな~、かっこいいね~、とたまに見かけます。

私は、四駆よりセダン派なので普通に思いましたが好きな方にはお勧めです。彼女はご満悦でした。

乗り込みレッドキャニオンへ向かいました!

温かく迎えてくれて、笑顔笑顔です。ゆっくりと英語で語りかけてくれて何となく理解できました。

 

英語が話せる彼女は通訳変わりにもなりました。

30分程で到着すると、そこはふつうの砂利ばかりのただの地帯・なんじゃここ?広大な砂利の駐車場?と思いました。

 

 

何にも無い!

聞くと、大昔、ラスベガス地帯は海の底だったんだよ、と言われグランドキャニオンと同じだったことを知りました。

彼女と二人でビックリです。

なるほど。ここは化石も沢山あるんだよと言われ、化石を探す企画があり次は化石がよく発見される場所へ移動してくれました。さぁ化石探しタイムです。

 

私と彼女は夢中になり地面を探しまくりました。

下ばかり見て歩いて探すと、知らない間に300mほど歩きました。

しかし、石なのか化石なのか分からず結果、見つかりませんでした。夢があるし化石発見できたらと、ドキドキ感がもてるので映画の世界に入った気分でした。

ただの土地でも何かの由来や歴史、言い伝えをちゃんと聞くと考え方も変わり楽しみに変わるんだと思いました。
何でも勝手に自分の想像だと駄目なのかもしれないと反省でした。

この老夫婦も夢や希望を伝えれる仕事と思って頑張ってるのかなぁって思いました。

帰りもホテルまで送り届けてくれました。

 

帰宅後は、ビックリもしたけど癒されるいい場所だったなぁと振り返りました。

一通り観光もしたし彼女も満足しただろうしと思い、彼女へカジノ行こうと誘いました。

 

ベネチアンのバカラで大負けしてた紳士』へ続きます。



トータルで唯一プラスになってるサイトです

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。特に通信費が掛かるってこともありません。また、インストール式ではなくブラウザ式なので、普通のサイトにアクセスするのと同じです。


スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。











【入金方法】
クレジットカードなら即時反映されるのですぐに遊べます。

日本のクレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

【勝利時の出金方法】
海外口座のecoPaysを作っておきます。ベラジョンカジノからUSD(米ドル)をecopayzに送ればJPY(日本円)に変換できるので、そこから日本の銀行宛てに送金でOKです。

だいたい3営業日くらいで送られてきます。




【いただいた質問】
●登録には免許など身分証が必要なのかと問合せがありましたが、カジノ自体では少額なら不要です。 ただし、決済するためのecoPaysなどは必要になります。

●このカジノで15連敗するとか聞いたけど本当かって内容ですが、そんなのは海外のカジノで私も普通にありましたし、日常茶飯事に起こりえる話なので、追求したところで意味を成しません。


最初は無料お試しで遊べるので、まず雰囲気を感じ取ってからプレイされると良いかなと思います。

 まずは体験版から試してみる



コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください