カジノの無いハワイもたまには楽しむ



カジノ仲間から教えてもらった優良サイトであり、日本でスマホが普及しだした頃からスマホ対応していたので、日本人ユーザ数も5万人以上と言われてます。
入出金もスムーズで動きが滑らかで固まることがほぼ無いのでストレス無くプレイできますね。

 カジノを無料体験してみるならコチラ







グランドハイアット仁川にてバカラ実践』にて、ラスベガスで散々となった後の話です。

翌日早朝から会社へ出向きました。

休んでいた間の仕事の状況。売り上げ。案件数を社員から報告してもらい指示。

私が賭けていた株をチェック。まだ下がりそうだったのでもう放置しました。

会社状況は順調だったので私も新規得意先開拓だと思い営業することにしました。

 

運良く新規得意先が仕事を発注してくれました。私は仕事を社員へ託し、事務作業をすることにしました。

仕事をしながら次はカジノがない国へ旅行してみよう。

カジノのある国ばかり行ってもなんなので、たまには違う場所へと。

もっと違う刺激になる様な場所があるのではないかと思いました。

彼女へ次はどこへ行きたい?と聞くと、ハワイ、ドバイ、ヨーロッパと言うので、まずは、ハワイへ行くことに決めました。

 

私はハワイは日本人が多く、皆行ってるから行きたいとは思いませんでしたが、一度は行ってもいいのかなと思いました。誰にでもハワイの会話はできると思いました。

翌日ハワイへの予約を入れました。

ラスベガスで負けたので今回はエコノミーです。

 

 

ホテルはどこがいいのかわからないので、ハワイ中心部のホテルを予約しました。

5日後出発です。

彼女は、も~予約したのとビックリです。私は行ける限り海外旅行へ行こう。今年はあと何回行けるだろうと思い浮かべました。

翌日、会社へ行き自分が抱えている仕事を全て社員へ引継ぎ休める準備を進めました。

社員へは新規得意先確保のため接待や付き合い、営業に出てくるので4日間会社を開けるぞ!と伝え休める準備が完了しました。

後3日、後2日、着々と日にちは過ぎ、とうとう今夜出発です。

 

スーツケースへ荷物を詰め空港へ向かいました。今回は節約旅行でハワイはパッとしないけど(カジノがないので)と思いながら夜の空港へ車を走らせました。

飛行機へ搭乗しエコノミーか、ビジネスクラスへ乗った後なので席もテレビ画面も狭く感じ、しかもサービスの違いにガッカリしました。夜出発が私には寝たらすぐ到着だという逃げ道を与えてくれたと思い込みました。

お酒を飲みすぐ目を閉じました。気づかぬうちに寝ていました。

目が覚めると到着まであと1時間です。

 

飛行機は着陸体勢へ、私は窓から下を覗き込み点々とある島を眺めました。

そろそろだな~どんな島なんだろう。

ビーチにはピチピチなビキニの金髪女性が沢山いるのかな~暑いのかな~、日本人が沢山いるのかな~疑問と謎で頭がいっぱいでした。

 

 

到着し税関へ向かいました。税関では行列ができていました。私は並ぶこととなり20分が経ちました、ようやく私の番です。

パスポートを出すと申告書に記載漏れがあり税関職員が英語で聞いてきましたが、私は何を言っているのかわからず日本語で答えるも分かってもらえず彼女を呼び通訳してもらいました。

どうにか入国できドルへ換金。

タクシーでホテルへ向かいました。10分程でホテルへ着きチェックイン。

 

部屋へ入ると禁煙の部屋でした。タバコ吸える場所はあるかなと一番心配でした。

一服したいこともありすぐ外を歩こうと彼女を誘いました。

近所に公園があったので吸いましたが、ノースモーキングの標識。

もしかして、この島では全面禁煙なのか?と思いましたが、私は我慢できないので人に見られないように吸いました。

 

歩いて探索することにし沢山ホテルがある方へと進み街の中心部へ辿り着きました。

足も疲れたので休憩しようと目に留まったコールドストーンでアイスクリームを食べることにしました。


氷付いた石の上でアイスをコネコネ。

チョコレートのコーンへと入れてくれました。甘くて美味しく、ホッとしました。

 

 

次は1人で勝手に想像していたビーチへ行こうと向かいました。

ビーチへ行く途中、エルメスのショップがありました。彼女が見たいと言うので入りました。

バーキンが目に留まったようで欲しい、欲しいの連発です。

私は値段を見ると95万円でした。

こんなカバンが約100万円するのか~。バカバカしいとは思いましたが女性の憧れのカバンです。

 

私はまた今度でいいんじゃないと言うと彼女は日本で買えば120万円以上すると言い出し悩みました。

私はまだ日にちはあるし明日でもいいのではないかと外へ連れ出しました。

ビーチへ近づくとハワイのお土産の売っている露店街へと進むこととなり、右左と小物やアクセサリー等を見て進みました。

 

抜けると青く広がる海と砂浜が視野に入ってきました。夕方に近づいてきたせいかビキニの金髪女性が見当たりません。

目に入ったのは数人のアメリカ人の男でした。

何もないので来た道を戻ることにしました。夕暮れ時なので、食事をすることにしました。歩くとレストランが目に入り、彼女がここは有名なレストランだよと言うので入りました。

 

 

注文すると一皿に4人分位の量で山盛りです。思っていた程、美味しいとは思いませんでしたがお腹は満たされました。テーブルチャージでお会計。

15%のチップを払うと高く感じました。

 

 

カジノでは惜しみなく賭けるくせに、こういう場でケチってしまう自分に自分で何を考えているのだろうと。

カジノで賭けれる器量があるならケチるなと思いました。

でも、これって結構ギャンブラーに多い心理みたいですね。

 

帰りの道のりでまたエルメスが見えてきました。

もう一度入ってみる?と彼女へ言うと入ると言うので入ってみました。

するとさっき見たバーキンがありません。店員へ聞くと30分前に売れました。

と聞き彼女はショック。

 

『次いつ入荷しますか?』

『毎日1個入荷しますよ』

と言われ、また明日来ることにしました。

買うの?と聞くと自分で買うからと言うので私はホッとしました。

ホテルへ戻り明日の計画を練るためガイドブックを見るとハワイのエステ、ロミロミとありました。

 

 

ん、ロミロミ?

ハワイではエステをロミロミと言うのかと私は初めて知りました。

明日の夜はロミロミを予約してもらい彼女の好きなアウトレットモールへ3軒行くことに決めました。

明日のために寝よう。

ハワイ一日目終了~。

ハワイのアラモアナセンターで買物三昧』へ続きます。



トータルで唯一プラスになってるサイトです

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。特に通信費が掛かるってこともありません。また、インストール式ではなくブラウザ式なので、普通のサイトにアクセスするのと同じです。


スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。











【入金方法】
クレジットカードなら即時反映されるのですぐに遊べます。

日本のクレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

【勝利時の出金方法】
海外口座のecoPaysを作っておきます。ベラジョンカジノからUSD(米ドル)をecopayzに送ればJPY(日本円)に変換できるので、そこから日本の銀行宛てに送金でOKです。

だいたい3営業日くらいで送られてきます。




【いただいた質問】
●登録には免許など身分証が必要なのかと問合せがありましたが、カジノ自体では少額なら不要です。 ただし、決済するためのecoPaysなどは必要になります。

●このカジノで15連敗するとか聞いたけど本当かって内容ですが、そんなのは海外のカジノで私も普通にありましたし、日常茶飯事に起こりえる話なので、追求したところで意味を成しません。


最初は無料お試しで遊べるので、まず雰囲気を感じ取ってからプレイされると良いかなと思います。

 まずは体験版から試してみる



コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください