モナコ旅行でカジノのルーレット



カジノ仲間から教えてもらった優良サイトであり、日本でスマホが普及しだした頃からスマホ対応していたので、日本人ユーザ数も5万人以上と言われてます。
入出金もスムーズで動きが滑らかで固まることがほぼ無いのでストレス無くプレイできますね。

 カジノを無料体験してみるならコチラ







ドバイで会った一人旅の日本人女性に興味津々』からの続きです。

ドバイを出発してモナコ空港へ到着しました。

小さな空港で税関を通り入国です。

まずはホテルを探さなければと思い空港内へある案内所カウンターへ向かい、モナコで安価で泊まれるホテルを探してもらいました。

『1泊2名で3万円ですが宜しいですか?』

ここが一番安く中心地へ近いとの事で6日間滞在することにしました。

18万円です。

これでも安価なホテルと言うことで了承しました。

空港からバスへ乗りモナコ市内へと向かい無事ホテルへ到着。

 

 

 

ホッと一服しチェックイン!移動は疲れます。2人とも安堵で溜息がでます。

モナコは寒かったのです。

日本は秋。ドバイは夏。モナコは冬です。

 

 

 

着替えも半袖。

コートもジャンパーも持ってきてません。

ちょっと誤算でした。寒いとは知らず寒いな~ブルブル。

 

6日もあるし洋服買わないと過ごせないということで購入しに出掛ける事にしました。

寒い中歩きショッピングできそうな方向へと歩きました。寒さが増し、周りを見ることなく洋服があるショップ街へ向かいました。

 

 

 

すると、ZARAがありました。ZARAは日本にもあるので安心できました。

ここで買おう。

私はジャンパーを買い、彼女はコートとブーツ。

ようやく笑顔が出ました。

 

 

落ち着いたところで早速街を徘徊することにしました。

街並みを見渡すと綺麗な海が見え、ヨーロッパの雰囲気を強調する建物。

山あり海ありの坂が広がり何隻ものクルーザーが見えました。テレビで見たような光景が広がっていました。

等々、来てしまったと感動です。

 

 

坂を上がっていくとモンテカルロ広場。

なんて優雅だ~進むとモンテカルロ!映画でしか見たことが無い立派な建物。


私は感激のあまり立ち止り呆然と見つめました。

正面へ行き入ることにしました。入口の玄関には入れましたが奥の部屋へは入ることができませんでした。

セキュリティの警備の人がいました。

夜になると入れるようでしたがそこはカジノ。

 

 

しかしドレスコートでなければ入れないよと言われました。

なるほど。

スーツとドレスでなければ入れないのかと撃沈です。私はスーツなど持って来てませんし、買ってまで入りたいとは思いませんでした。

 

 

 

なぜなら入ったところで1000万円以上持ってないと恥をかきそうだと思いました。

セレブの街だし、どうせお金持ちしかいないだろうと思いました。

スーツでしか入れないような場所だし悔しいと思ったけどすぐ諦めることができました。

そのうち出直してくるぜと思い、後にしました。

 

 

隣りの建物へ行くとスロットマシーン専門店がありました。

パチンコ屋さんのようでした。気晴らしにと彼女と2人ゲームすることにしました。

 

 

 

室内は暖かいので体を温めることにしました。勝ち負けは気にせず打つこと10分。

2人で満足したので移動することにしました。

 

更に奥へ進むと綺麗なホテルが見えたのでホテル見学することにしました。

お腹も空いてきたのでホテルのレストランへ行きました。入口へ行くとノーと言われました。


なんで?ドレスコートオンリー!

なるほどここもでした。

私はモナコのシステムが段段と身にしみてきました。スーツ必須の国だと。

 

彼女も仕方ないな~との表情です。

お腹のことは忘れ、更に次の建物へ行くとなんと念願のカジノでした。

私は嬉しくて嬉しくて、彼女の手を握り締めカジノへ進みました。中へ入るとベガスで見たようなカジノフロアーです。

ホッとしました。

やっと来れた~しかしフロアーを見渡すとバカラがありません。

 

 

 

どこだどこだと探し回りましたがありません。

あるのはブラックジャック、ルーレット、ポーカー、スロットでした。

仕方がないと思いルーレットをすることにしました。

ルーレットは慣れてないので適当に賭けるしかありませんでした。

 

 

100万円チェンジし賭けました。

ルールは自分が賭けた数字に玉が入ればいいとしか分からず。1個1個賭け外れ続き。

 

 

私は、ルールとコツが分からないと勝てないだろうと思い負けそうだと直感しました。

20万円負けた時点で終了!

お腹が空いてたことを思いだし普段着でも入れる飲食店を探すことにしました。

歩くこと15分。彼女があそこにお店あるよと発見しました。

 

 

私は恐る恐る店へ入り2人ですが座れますか?と聞くと、OKとのことでようやく食事へ在りつけることになりました。

ドリアとパスタを注文しました。

ヨーロッパと言えば、チーズ、パスタ、グラタン、ピザ、パン、しか想像できませんでした。

米という発想がありませんでした。

満腹になり街中を歩いて散策することにしました。

 

 

 

端から端まで歩きました。

歩きながら街のどこに何があるかをチェックしました。

街自体、端から端まで歩いても約30分ほどの街の広さです。

 

 

ただ道がアップダウンがあるので足が疲れますが街が散歩コースのように感じました。

一番端には、スーパーとマクドナルド。

真ん中には野外アイススケートリンク。露店。広場。狭い街なのですぐ攻略できた感じでした。

 

 

ホテルでは、毎日同じ朝食でパン、スープ、卵、コーヒー、しかなく外食だとパスタやピザと毎日は飽きると思い私はスーパーで味噌汁やハムなどの食材を買い部屋で食べれるようにしました。

 

 

日中はアイススケートを楽しみ街中を散歩。

時間が余ると中心のカジノで慣れないルーレットをし負けと過ごしますが、段々飽きてきました。
モナコだけでは時間が余ってしまうと思い電車へ乗り隣町へ行ってみることにしました。

もしかしたら違うカジノがあるかもしれない。

 

モナコのカジノ旅行も最終日】へ続きます。



トータルで唯一プラスになってるサイトです

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。特に通信費が掛かるってこともありません。また、インストール式ではなくブラウザ式なので、普通のサイトにアクセスするのと同じです。


スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。











【入金方法】
クレジットカードなら即時反映されるのですぐに遊べます。

日本のクレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

【勝利時の出金方法】
海外口座のecoPaysを作っておきます。ベラジョンカジノからUSD(米ドル)をecopayzに送ればJPY(日本円)に変換できるので、そこから日本の銀行宛てに送金でOKです。

だいたい3営業日くらいで送られてきます。




【いただいた質問】
●登録には免許など身分証が必要なのかと問合せがありましたが、カジノ自体では少額なら不要です。 ただし、決済するためのecoPaysなどは必要になります。

●このカジノで15連敗するとか聞いたけど本当かって内容ですが、そんなのは海外のカジノで私も普通にありましたし、日常茶飯事に起こりえる話なので、追求したところで意味を成しません。


最初は無料お試しで遊べるので、まず雰囲気を感じ取ってからプレイされると良いかなと思います。

 まずは体験版から試してみる



コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください