【10万円が1億円に】 inソウルのカジノ


韓国のVIPバカラ大会は賞金1000万円』にて韓国でバカラ大会に行った翌日です。

いつものようにカジノへと行きVIPルームでバカラをしてると2人の老夫婦が私の後ろで台を見ていました。
私は賭けるのかな?座ればいいのに、と思いました。

するといきなりドローへ10万円賭けました。

え~!、っとみんなざわめき、どうせ当たらないわ。と誰もが思いました。

バカラで滅多に出ないというドローだけしか賭けてないからです。

 

 

本線へ賭けずドローだけです。

当たれば8倍で大きいけど確率から考えるとかなり率が悪いです。

老夫婦は立ち見です。誰も賭けないので私も見ることにしました。

ディーラーがスーッとトランプを捲り始めます。

 

それが、なんとドロー!

当たりです。。。

 

8倍の80万円となりみんなビックリ、本人が一番驚いてた様子でした。

それからその会長は同じ台へと座り私へ話し掛けてきました。

なんと、この3日で1億円負けてるとのこと。

3日で1億円も負けてる!?

 

 

私は耳を疑いました。

1000万円と聞き間違えたのではと。

更に今賭けたチップは最後の奥さんの財布の中の10万だったと話してくれました。

私は80万円からどのように賭けるのか疑問で謎でした。

 

 

会長は次のゲーム即座に80万円全賭けです。

え、マジですか・・・?

折角ドローで当たったのに一発勝負です。

 

そりゃ1億も負けてたら80万円なんて無いのと一緒だなって思いました。

全賭けした人は、たいがい外れるのでみんな見てました。私は全賭けで何度も外れました。

辛いです。

 

 

すると、彼は一人勝ちです。

まぁ偶然だろう、と皆また見守ります。すると5回連続で全額賭け続け、あっという間に400万円。

早い~みんなビックリ唖然です。

 

 

更には200万円ずつ賭けてます。周りはみんな会長が賭ける方へ賭けました。

不思議にみんな当たり、しかも連続で15回ほど当たり続けました。

会長はあっという間に2000万円越しまで増えてます。

 

 

私も同じように賭けてれば良かったと後悔しました。

さすが1億円持ってこれてる人の賭け方と運の強さは違うなと思いました。

思いっきりでの勝負と金銭感覚の違いを見せ付けられた気分でした。

シューターが終わると会長は席を立ちまた明日取り戻すわっと言い奥さんとカジノを去って行きました。

 

 

だいたい最初のドローで10万円が80万円になるのも驚きですが、僅か1時間で80万円が2000万以上へ増えたのですから波乱万丈な人なんだろうと思いました。

 

 

次の日またカジノへ行くとその会長がいました。

名前も知らないし、一度同席しただけですが、失った1億円を取り戻せたのか気になりました。

笑顔で会釈です。

会長は1000万円入ったチップケースを片手に台を探してるようでした。

 

 

私はミニバカラでプレーし、50万円負けたのでやはり朝は駄目だ。

弱気になったので夕方からまたゲームすることにしました。

 

 

でもあの会長夫妻はいったい何の会社を経営してるのだろ?

どんな家に住んでるのだろ?

バブルの時にでも稼いだのかな?

、と疑問ばかりが残りました。

他人のことより自分の心配しろよと自分に言い聞かせつつも、やはり気になる謎です。

 

 

 

さて、場所を変えてカジノしたいな~

担当者を呼びサービスでチェジュ島のカジノへの予約を入れてもらいました。

明日チェジュへ移動です。

部屋へ戻り彼女へ報告し荷作りです。

 

 

 

洗濯物を全てホテルのクリーニングへ出し洋服はピカピカ、準備万端です!

夜になりまたカジノへ行くと早速あの会長がいました。

彼は笑顔だったので、

『その後どうでした?』

と話しかけると、

『戻したで~1億。もう元に戻せたから帰るわ~』

と言って立ち去りました。

 

 

えっ・・・マジで?

 

私は10万円で100万円にするのも苦労し大変な思いしたのに1億って聞いて自分の未熟さとガッツのなさに失望しました。

あの人ができたのだから、私も増やせる可能性はあるだろ~と。カジノでは諦めない。プラス思考。運を信じることだ!

マイナス思考にならないよう気をつけて弱気になっては駄目だと思いました。

また会長は支えである奥さんが心強いんだなぁって思いました。奥さんも肝の据わった目をしてました。

 

 

再びカジノへと出向き明日からチェジュだし朝負けた50万円を取り戻せればいいやとの思いで行きますが、当てたり外れたりが刺激でした。

ビビリながらチミチミ2万円3万円で賭けてるので、増えてもたかが30万円取り戻すのに4時間も6時間もかかりました。

段々疲れと眠気が出てくるのでこれ以上増えるか自信が無くなり、続きはチェジュですることにしました。

 

 

 

翌日チェジュへと向かいリムジンで空港へ向かいました。

今回は初めての韓国国内線です。

国内線なのでソウル市内から近いギンポ空港から搭乗することになりました。

仁川より近いから便利だなぁ~

日本で言うと成田と羽田のような感じで中心までの距離が倍違います。

 

思ったより早く着いたので空港近所を探索しようと空港の外を眺めると何やらショッピングセンターらしき建物が目にとまりました。

歩いて5分も掛からない感じだったので行ってみることにしました。

中へ入ると沢山のショップと飲食店があり、日本のイオンみたいな感じでした。

 

 

 

知ってればいい時間潰しになると思いました。空港へ戻りチェックイン。ゲートへ進みます。

国内線なので税関が無いので楽々に感じました。韓国人ばかりです。日本で国内旅行へ行く感覚にも思えました。

搭乗!

さすがに国内線を占めるKALです。

 

一番大きなジャンボ機で2階もある機体です。2階はビジネスクラス専用でした。

初めての2階建て飛行機だったので感動です。


窓からの景色も違うのかな?と見ると翼が後方下へ見えたのでやっぱ高いんだと思いました。

座席横にも収納BOXがあり、普段乗るビジネス席より広く感じました。

チェジュへはソウルから約1時間30分!

さぁ勝てるかな~ また蟹食べなきゃ。

乗馬もしたいな~。

 

 

頭の中はカジノと贅沢したい思いでいっぱいです。

前回1000万円負けた記憶は思い出さないよう意識しましたね。

 

ソウルからチェジュ島へ移動~波乱なカジノ』へ続きます。



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください