バカラに使われるトランプ・機械・バーコードの仕組み


バカラは、トランプのゲームです。

どこの国でも、バカラの台は、TVモニターが設置してあります。

kyakuwokataseru

トランプは、機械の中へ入れ 設定された切り方で自動でシャッフルされます。

便利な機械ですね~

昔は、6箱目の前で新品のトランプを手でシャッフルしてたのがシャッフルしてる時間がもったいなくて、よく早くしてくれと言ったもんですよ。

シャッフルされ、ディーラーが取り出し、更に目の前でシャッフルします。

トランプは、シャッフルされすぎてる。細かくシャッフルされてると当てるのがかなり難しいです。

 

 

時間単位で、シャッフル回転数を変えてると思います。

なので、朝と夜は、流れやパターンが全然ちがうと、私は思います。

経験上です。

シャッフルが終わると、トランプをまとめてシューターBOXへ投入!

1枚1枚出してきます。

トランプには、目に見えないバーコードが埋め込んであり、トランプが出るたびに、機械が読み込み 数字が計算され、TVモニターへ反映します。

みんながモニターを見て、判断できます。

 

 

ディーラーが計算間違えしても、モニターの計算を見れるので、すぐ間違えに気づき指摘できます。なので安心。

たまに、トランプをめくる際、指に力が入りすぎ トランプが破れる場合があります。

カジノ側から、破らないようにしてくれ!!っと言われます・・・

バーコードのトランプなので、破れると 埋め合わせが必要なのでしょう。

トランプは、ゲームが終わると また使い回しするためです。

 

バカラの場合は、1度使ったトランプは、一旦 カジノ裏へ撤収し、綺麗に修整し箱詰めして、新たにゲーム場へだされます。

1ゲームずつ、新しくされた箱からスタートです。

なので、1ゲームごとに、罫線の流れが変わります。

 

聞いた話によると、韓国のカジノのトランプは日本製だと聞きました。

ほんとか嘘か否かですが、日本の技術は優秀ですね~



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください