ラスベガスのカジノでの服装・注意事項・年齢制限


ラスベガスでカジノするのは、大きなギャンブルしたい人にとってはまさに夢の都市ではないでしょうか。

ちゃんと服装、ルール、条件とかはご存知ですか?

国によりそれは様々ですので、それを知らずにVIPとしてプレイしようと思っても門前払いされるだけですよ。

今一度確認しておきましょう。

 

 

ラスベガスの服装

初めての方の中には「セレブだらけのラスベガスだからきっちりとした格好でないとダメなのでは」と思われる方もいるかもしれませんが、そういう訳では無いのです。

ラスベガスは元々砂漠地帯だったので、暑いです。何度か行った経験上ではいつも晴れていた印象があります。

スーツでなければならない事はありません。サンダル短パンはNGですが、よほどラフな格好でなければ軽装でも大丈夫なのです。

 

ラスベガスのカジノで写真はダメ?

これは他の国でも同じですが、基本的に写真撮影はNGです。

不正を疑われたり怪しまれます。

ただでさえカジノ内はあちこちに監視カメラが設置されています。さらにその辺にガードマンがいて近づいてこられると楽しめなくなります。

『カジノ外ならOK、カジノ内はNG』と覚えておきましょう。

なので、カジノ入口前で撮影してる人たちが結構いますよ。一番ガードマンもたくさんいますけどね。

 

 

21歳以上の入場制限

日本では成人年齢が18歳に引き下げられましたが、外国では変わらず21歳からでしかカジノに入れません。

だいたい入場するのにパスポートが必要なので、そこでバレます。

 

 

 

カジノは24時間営業が基本

カジノの営業時間は、『年中無休24時間』です。コンビニと同じで閉店時間はありません。

眠らない街たる所以です。

好きなときに行って、好きなときに帰って良いんです。

 

また、カジノ内には時計も無いです。自分でスマホの時間を確認するしかありません。

お客さんに時間を忘れて楽しんでもらうための仕掛けであり、これはパチンコ屋でも同じですよね。

 

 

 

チップは必要なの?

ラスベガスというかアメリカはチップの習慣があるとよく言われますが、やはり私も何度かディーラーに渡してますね。

大きく勝てた後に席を立つときにテーブルに感謝の意を込めて置いておきます。周りを見ているとタイミングも分かってきます。

あと、チップを投げたり手渡しされるのは見たことないのでマナー違反なのかな。

 

ちなみに、ホテルスタッフなどだと義務というよりサービスしてくれた相手が欲しがっている様子が薄っすら見えることがあるんです。

もう行って良いのにと思っていてもなかなか動かなかったり、もぞもぞしてる時とかありました。

余ってる10セントや1ドル札を渡すくらいで受取っていきますよ。

二度と会わないスタッフなどが裏で「あのお客はケチだ」とか言っていても知ったことではないですよ(笑)

 

まぁカジノで勝った時やサービスがよかった時などはちょっと多めにあげると喜ばれます。

嬉しそうに受け取ってくれるとこちらも嬉しくなるものです。

チップ制度は日本人には無いものなので、是非覚えておきたいところですね。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください