ラスベガス旅行でウィークリー物件ならお得な宿泊



カジノ仲間から教えてもらった優良サイトであり、日本でスマホが普及しだした頃からスマホ対応していたので、日本人ユーザ数も5万人以上と言われてます。
入出金もスムーズで動きが滑らかで固まることがほぼ無いのでストレス無くプレイできますね。

 カジノを無料体験してみるならコチラ







ラスベガスでホテルへ泊まるのも有りですが、カップルやファミリーで行く際は、ウィークリー物件もお得です。

私は4度目のラスベガスのとき、2週間滞在だったので、ホテルよりウィークリーの方が安いのでは?と思い、現地でカジノの方へ聞いたところ探してくれたのです。

(ラスベガスのウィークリーマンションなど)

 

 

私のときはラスベガス市内から、車で(80キロで)5分と近く、パスポートとクレジットカードですぐ入れました。

値段は、当時8万円でした。

14日で8万円なので、1日7000円の計算ですね。

 

 

一戸建てでした。

ウィークリー物件の集合住宅街みたいで、敷地の真ん中には、誰でも入れるプール付き。広い!さすがアメリカ。

 

 

部屋へ入ると、3LDK

キッチンが有り、冷蔵庫、ソファー、TV、エアコン、ダブルベッドの寝室、寝室にもTV有るし、洗濯機、トイレ、バスルーム、と完璧な家じゃん。

食材買ってきて、調理もしました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夜になると、目の前は大通りなので、BLVD通り沿いなので。

歩いて中心までは、30分ぐらいでした。

 

 

夜、散歩してると、徒歩10分で、コンビニと、向かいにはBARがありました。

BARは、初めて入る際は、恐る恐るドアを開けるようなイメージでした。

 

中へ入ると、TVゲームのような、画面があり、10ドル支払いドリンクを注文。

ゲームの画面を見ると、10ドルと表記してあり、ポーカーゲームができました。

 

飲みながらゲームをしたら、20ドルになり、飲んだし帰ろう。って席を立つと、なんと20ドルくれたんです。

何で?と思ったら、ゲームをすればドリンク無料でした。看板に「カジノBAR」と書いてあった意味が帰りに分かりました。

 

日本でウィークリーをネット予約して行こうと見ましたが、どんな物件で、場所も気になるしで、現地で直接探すほうが良いかもしれないですね。

最悪、満室でも、どこか泊まれるところは あると祈って。

 



トータルで唯一プラスになってるサイトです

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。特に通信費が掛かるってこともありません。また、インストール式ではなくブラウザ式なので、普通のサイトにアクセスするのと同じです。


スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。











【入金方法】
クレジットカードなら即時反映されるのですぐに遊べます。

日本のクレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

【勝利時の出金方法】
海外口座のecoPaysを作っておきます。ベラジョンカジノからUSD(米ドル)をecopayzに送ればJPY(日本円)に変換できるので、そこから日本の銀行宛てに送金でOKです。

だいたい3営業日くらいで送られてきます。




【いただいた質問】
●登録には免許など身分証が必要なのかと問合せがありましたが、カジノ自体では少額なら不要です。 ただし、決済するためのecoPaysなどは必要になります。

●このカジノで15連敗するとか聞いたけど本当かって内容ですが、そんなのは海外のカジノで私も普通にありましたし、日常茶飯事に起こりえる話なので、追求したところで意味を成しません。


最初は無料お試しで遊べるので、まず雰囲気を感じ取ってからプレイされると良いかなと思います。

 まずは体験版から試してみる



コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください