『神々の住む島』バリ島観光とケチャダンス


インドネシアのバリ島に行ってきました。

バリ島は、ホテルから一歩出てしまうと結構汚く、あまりリゾート地とは言えない印象です。

道にはごみが捨ててあったり、清潔とは言えないローカルのレストランが並んでいたり。

 

3_1

サーフィンで有名なクタビーチ
周囲は雑然としている印象。

 

それでも道を歩いてみるとなかなかおもしろい。
あちこちに写真のようなお供え物が置いてあります。

 

3_2

ここバリ島は、イスラム教徒が多数派のインドネシアの中で珍しくヒンズー教徒が多い島。なのであちこちにヒンズー教の香りを感じることができます。

こんな儀式もやっていました。

3_3

 

どうやら手作りの船を海に浮かべているよう。この日は波が高くてすぐにバラバラに壊れていたけど、そんなことは気にせずみんな楽しそうに浮かべてる。どう意味があるんだろう?

 

ところでバリに来たのはケチャダンスを見るため。以前たまたま日本でやっていた公演を見る機会があり、結構おもしろかった。

 

 
ケチャダンスはインド起源のラーマーヤナ物語をベースにしたダンスだそうですが、特徴的なのはその掛け声。

役を演じている演者の周りを数十人の男が取り囲み、「チャッチャッチャ…」と独特のリズムではやす様子はかなり迫力あり。

興味がある人はYoutubeなどの動画サイトで検索してみてね。

私が行ったのはウルワツ寺院という、夕陽とケチャダンスで有名なヒンズー寺院。

 

3_5

 

 

夕陽はまあまあというところだったけど、ケチャダンスはとてもおもしろかった!このリズムは本当に独特で、一度聞くとなかなか耳から離れない。気が付くと口ずさんでしまっているほど。

 

ダンスを見た後、再びクタのメイン通りを歩いてみる。日中は暑かったけど、夜の8~9時ぐらいになると大分ひんやりしてくる。この辺りは遅くまでバーやレストランが開いてて、ずいぶんと騒がしい。それでも夜、海岸沿いを散歩するのは気持ちいい。

 

 

リラックスして歩いていると、後ろから小さな子どもが私の右足に何度もぶつかってくる。

その時、ハッと気付いて彼の腕を掴んで突き放した。

見てみるとみなりが貧しくて靴も履いていない。

間違いなくスリだ。

ふざけるな!と日本語で怒鳴ると生意気に挑発して逃げて行った。幸い財布にはチェーンが付けてあったので被害はなかったけど、リゾート地だと思って気を抜きすぎました。

 

 

最後の最後で後味が悪かったけど、ケチャダンスやヒンズー寺院の観光など、バリ島は結構おもしろい。

特にケチャダンスは一見の価値ありだと思う。バリ島に行く人はスリに気を付けて。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください