カンボジアでオススメの遺跡


↑ ↑ ↑

ついにオンラインで「入出金の上限なし」「出金時間が業界最速2分」を実現されたカジノが現れました。
ライブバカラでは絞り(スクイーズ)のある唯一のカジノ、それがeldoah(エルドアカジノ)です。
言うまでもなく圧倒的な業界最高グレードにミスターSが招待します。

 ELDOAH(エルドアカジノ)で今だけ限定のキャンペーンを見る ≪こちらを今すぐクリック≫







16_3

カンボジアと聞いて思い浮かべるのは、まずはアンコールワット、続いてカンボジアの内戦と言ったところでしょうか。

プノンペンにカジノもありますが、今回は無しです。

 

 

確かにアンコールワットはカンボジアの国旗に描かれるほど有名で、世界中から多くの観光客が訪れる、東南アジアきってのメジャーな遺跡です。
またあんまり観光客向けではないけれど、内戦時の虐殺記念館などもあり、そちらに行く人もいるみたい。

 

 

ですが個人的にカンボジアでイチオシの遺跡はベンメリアというところ。ベンメリア遺跡は、世界遺産に登録されているアンコール遺跡群の一つですけど、アンコールワットやアンコールトムなどとは一味違います。

 

16_2

見てもらうと分かりますが、しっかりと整備され、保存活動もきちんとなされています。

 

 

一方、ベンメリアはどこかラピュタっぽい。

 

ここはまだまだ整備されておらず、そのため遺跡が木や草などの自然に浸食され、破壊される様子を間近で見ることができます。

 

 

特に遺跡を覆うように樹木が成長している姿は、自然の力強さのようなものを感じる。

一説にはジブリの名作「天空の城ラピュタ」のモデルになったと言われているそう。実際に見てみるとそれも納得できます。

 

 

 

またアンコールワットなどでは観光客が歩くことができるところはしっかりと指定され、それ以外の、例えば建物の上に登ることなどは当然出来なくなってます。

ところがベンメリアではそういったルールはなく、崩れかけた建物の内部に入ったり、壁に登ったり、自由に見ることができます。

 

 

ちょっとしたアドベンチャー感覚で見学できるのもここの魅力。瓦礫の山を越え、崩れかけた通路をくぐっていると、自分がどこにいるのか分からなくなるような不思議な感覚を覚える。

 

 

 

保存のことを考えるとこのままじゃいけないんだろうという気はするけど、こういった遺跡は、アンコールワットなんかとは別の形で観光客の注目を集めることができる貴重な場所なんでしょうね。

 

アンコールワットももちろん素晴らしい場所なのですが、個人的には崩れかけた遺跡を目の前にすることができる、ベンメリア遺跡がお気に入りです。

16_6

 

最後に、夜飲みに行ったバーで、アプサラダンスというカンボジアの伝統的な舞踊を見ることができたので、そちらの様子も載せておきます。

 

16_8

アプサラダンスは担い手が減り存続が危ぶまれたものの、復活させる活動が成功。

現在では様々なところで演じられているそう。こちらは女性が好きそうな感じかな。

 





日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。臨場感あるライブカジノだけでもすでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われています。
入出金がスムーズで、日本語対応していて、ストレス無くプレイできるオンラインカジノをミスターSが実践して選びました。

 ミスターSお勧めのオンラインカジノ一覧を見る




コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください