ラスベガスでのバカラはVIPルームとミニバカラ



カジノ仲間から教えてもらった優良サイトであり、日本でスマホが普及しだした頃からスマホ対応していたので、日本人ユーザ数も5万人以上と言われてます。
入出金もスムーズで動きが滑らかで固まることがほぼ無いのでストレス無くプレイできますね。

 カジノを無料体験してみるならコチラ







バカラは、『ミニバカラ』と、『VIPルーム』とがあります。

大きな勝負がしたい方は、VIPルームで。

遊びで程よくという方はは、ミニバカラヘ。

VIPルーム (トリップアドバイザー提供)

 

 

アジアと違ってラスベガスは、バカラはあまり人気が無いのか分かりませんが、私は、バカラ大好きなのでバカラを探すのに大変苦労しました。

歩き回り探し当てたのが、バカラの『VIPルーム』でした。

 

 

VIPルームは、各ホテル内のカジノ内へ1ヶ所ずつあります。

最低ベットが、安価なとこだと100ドル~。200ドル~。

ウィンホテルは500ドルでした。(約5万円)

 

 

 

ブラックジャックやポーカーなどが大半で、歩き回ると、2台ほど小さくバカラの台があります。

5人席で、ぽつんと。あるので、かなりどこへあるか分かりにくいです。

ほぼどこのホテルでも、ぽつんとある感じでした。

 

 

 

ラスベガスのミニバカラは、少し賭けれる場所が違い、例えばその箇所へ賭けてれば3枚目で9になれば、40倍とかドラゴンと呼ばれる賭ける場所がありました。

少しラッキーなルールですね。

VIPカジノでは、どこも普通のルールでした。

 

 

 

街外れにあるベガスの一番端にあるホテル内カジノは(市内から車で100キロで10分)、バカラの台が沢山あり、中国人客がたくさんいました。

最低ベットも50ドルからで安くから賭けれました。

ゲームしやすかったです。韓国のカジノの室内と似てました。

 

 

 

MGMホテル内カジノのVIPルームでのバカラは無難に市内ではゲームしやすかったです。

100ドルから賭けれて、ほどよく静かで、隣の部屋には休憩タイムできる部屋と軽食が置いてあり、好きなだけ食べることができます。(無料です)

日本人スタッフがいるので、分からないこともすぐ教えてくれます。

 

 

 





日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。臨場感あるライブカジノだけでもすでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われています。
入出金がスムーズで、日本語対応していて、ストレス無くプレイできるオンラインカジノをミスターSが実践して選びました。

 ミスターSお勧めのオンラインカジノ一覧を見る




コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください