カジノのセキュリティは大金が掛かっている


カジノというのは日々大金が動きイカサマをしてでも稼ぎたいという人間が沢山いる世界なので、対策のために非常に高度なセキュリティーが敷かれています。

そのセキュリティの一端を説明したいと思います。

『カジノ内の警備を担当する「サーベイランス」』

カジノにおいては24時間の警備を行っているのがサーベイランスとよばれる監視専門のチームです。

彼らは3チーム体制ですべてのテーブルにおけるゲームの進行から、チップのやり取りまで監視しています。

 

彼らはゲームの進行におけるミスの確認や訂正はもちろんの事、同じホテルの他の部門がトラブルに巻き込まれたり客とのいざこざや法的な問題あ起こった場合、第三者として証拠を提出する役目まで幅広い仕事を行っています。

その為、完全な独立部門としてホテルやカジノ内に存在しており、関係機器の保全なども他の機器の保全とは違い彼らが直接行われます。

他にも他の部門の人間との関係を制限されるなど、カジノでも異色の存在として扱われています。
また、普段からカジノの中を決まった制服を着て見回っており、内部でのトラブルやお客様の問題などに対して対応を行う警備員も兼ねています。

 

 

『不正対策のためのマニュアル「ゲームプロテクション」』

サーベイライスが全体を守るための警備だとしたら、ゲームプロテクョンは一人一人の不正対策のためのマニュアルです。
テーブル上のゲームを滞りなく進ませ、カジノ内の不正を防ぐための行動規範であり、公平で公平なカジノ運営をするために個々のディーラーはこれを守って行動します。


具体的には、高額ゲームが発生した時や、賭け金についてのトラブルが有った場合のような緊急事態自体の際にどのように行動するべきかという事から、普段の両替やゲーム中の手順、発声方法、単語が厳格に決められています。
ディーラーはこれを守るように日々訓練されて、トラブルが起こらないようにゲームを進行します。

 

 

『一ドルのミスでも大きな損になる』

このようにカジノというのは24時間体制で厳しいセキュリティが引かれています。
これは利用者側の不正対策というのはもちろんの事、ホテル側のミスへの対策でもあるのです。

例えば大規模なカジノともなればゲームテーブルが100台を超えるというのは珍しくも有りません。

それらの台で一日につき一ドルのチップの受け渡しを間違えたとしても一日につき100ドルの損が動きます。その結果10日であれば1000ドル、一か月で3000ドル近くの大金が不正に動いてしまいます。

 

これは利用者から見て公平性を失うだけではなく、ホテル側にとっても大きな損害となります。

これを防ぐためにカジノというのは大金をかけて厳しいセキュリティがひかれているのです。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください