世界トップの売り上げを誇るカジノ王サンズ


昨今のラスベガスで一番の売り上げを上げていると言われているのが、ラスベガス・サンズであり「カジノ王」の異名を取っています。
1970年台にカジノ業界に進出してきた新興ながら、最近は世界中に大型総合リゾートを建設するという巨大企業になっています。

 

 

『「総合リゾート」を始めた作った会社』

 

新興企業のラスベガスサンズがなぜ世界でも有数の企業になったのかというと「総合リゾート」に早くから目をつけていたという事が上げられます。

従来のカジノでも、客寄せのための娯楽施設を併設したカジノというのは珍しくなく、ラスベガスで最も古い「フラミンゴホテル」も総合的な娯楽施設となっています。

 

しかし、それはあくまでもカジノのおまけであり、ホテルの設計からシステムまですべてカジノに客の足が向かうように設計されていたカジノ中心に設計でした。

 

サンズはその常識を覆し、ホテルはすべてスィートルームという居住性が高い空間を作り、有名ブランドショップやレストランにベネチアの水路やゴンドラまで周辺に作り上げた総合テーマパークである「ベネチアンホテル」を皮切りに、カジノに拘らない総合リゾートを作りあげます。

 

そして客が来ない時期にはその大規模な設備を生かした展示会やコンベンションを誘致して稼働率を上げるという他の企業にはまねできない戦法を取りアメリカでトップの売り上げをたたき出しました。

 

 

『アジアへのカジノ投資の先駆者』

 

またサンズはアメリカで稼いだ資本を使いアジアのカジノ市場に切り込んでいきました。
植民地時代からカジノが有名なマカオにおいて4つの大型総合リゾートを作り、シンガポールでカジノが合法化されると客室3000室クラスの大型リゾートを真っ先に作り上げました。

 

現在アジアのカジノ産業は中国の急成長につられるように伸びており、それと同時にこれらのカジノがサンズ全体の売り上げの半分以上を担っている状態です。

その為アジアへの投資に力を入れており、現在アジアで議論が活発化されているカジノ合法化では決まって名前がでる存在です。

 

 

『日本にも注目しているサンズ』

 

このように総合リゾート政策のノウハウと、アジアという新興市場への投資で世界一のカジノ王になったのがサンズです。

サンズは現在日本で議論されているカジノ合法化の論争にも顔を出しており、会長自ら「一兆円を投資するつもりが有る」とコメントするほど注目しています。

 

またパチスロ関係の業界では、ユニバーサルエンターテイメント(旧アルゼ)とも関係が深く、双方でノウハウや資金のやり取りが行われているなど、今後の動きに注目が集まっています。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください