カジノを作る目的や理由は国によって異なる


外国への旅行へ行った方であれば私のように「カジノで遊んできた」という方も珍しくないのではないと思います。

日本にはないカジノですが、外国では大きい所から小さい所までそれなりに数が存在しており珍しい物ではありません。

 

そしてそれらのカジノを作り運営する理由も様々です。
そこでここではカジノを作る目的についてまとめてみたいと思います。

 

 

『外貨獲得策の為の外国人専用カジノ』

カジノを作る一番大きな理由は外貨獲得のためにつくるという物です。
カジノというのは一日ごとに大きなお金が動きますが、基本的に客さえいたら運営側が儲かる仕組みになっています。

 

そこでそう言ったカジノを誘致して外国人観光客に遊ばせその上でお金を稼ぐというのが一つの目的となっているのです。
その為カジノが設置されている国では国民はカジノに入る事が出来ないという事も珍しくありません。

 

 

『ラスベガスのような観光地開発として』

昨今日本で議論されているカジノ合法化は、観光の為にカジノを作るという物です。
観光の為のカジノ設立で典型的な例がラスベガスです。

 

ラスベガスは元々フーバーダム建築の為に集まった人間が作った寂れた町でしたが、一人のマフィアがカジノを立てて収益を上げて以降、ギャンブルと観光の町として発展してきました。

 

ただしカジノなら何でも成功するという訳ではなく、観光目的で誘致したが失敗して結果赤字しか残さなかったカジノというのも沢山あります。

 

 

『民族自立の方法として』

アメリカの一部の地域では、経済的に貧困層が多いネイティブアメリカンに対してカジノの運営を許している場合があります。

これはインディアンカジノとも呼ばれカジノの運営権やカジノでの終了を通して収入を得て、その結果ネイティブアメリカンの生活も改善されるという仕組みです。
ただし「ネイティブアメリカンを仕立てあげてマフィアが入り込んでいる」などという批判もあります。

 

 

『違法賭博を制御するため』

外貨獲得策と二分する理由として、国内の違法賭博を減らすためにカジノを作るという目的があげられます。

これは高額なレートやマフィアなどの反社会勢力とのつながりなど何かと問題になり易い違法賭博をなくす為に、賭博を合法化して国がカジノの管理運営をするという目的です。

 

違法賭博よりも合法的な賭博の方が客側はいきやすいですし、許可制であれば取り締まりや風紀の引き締めも行いやすいという両者へのメリットがあるので、外貨獲得と同じくらい重要な目的として挙げられているのです。

 

 

『目的ごとにカジノの運営方法が異なる』

このようにカジノを運営する目的というのは様々な物があり、その目的によてカジノの運営は大きく変わります。
例えば観光目的のカジノの場合、来場者のドレスコードは甘い所が多いです。

 

一方で風紀引き締めも理由の一つとしてある違法賭博をなくす為のカジノの場合は、厳しいドレスコードが敷かれています。
このように目的が異なるとカジノの運営方法も異なるので、興味がある方は調べてみる事をお勧めします。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください