シンガポールは東京並の物価水準



カジノ仲間から教えてもらった優良サイトであり、日本でスマホが普及しだした頃からスマホ対応していたので、日本人ユーザ数も5万人以上と言われてます。
入出金もスムーズで動きが滑らかで固まることがほぼ無いのでストレス無くプレイできますね。

 カジノを無料体験してみるならコチラ







シンガポールの街を歩いていると、海外にいる感覚がなくなることがよくあります。

考えてみれば当然の話で、周囲を歩いているのは日本人とよく顔が似ています。

 

言葉は英語なのですが、通り過ぎている人の話の内容なんか真面目に聞いている人はいないでしょう。

雑踏の中で、ここは新宿か池袋か?と妙な感覚に襲われることが少なくないです。

 

 

日本の百貨店では伊勢丹やタカシマヤがシンガポールに出店しています。

オーチャードには、伊勢丹とタカシマヤが隣接していて、しかもタカシマヤには紀伊国屋書店が入店しています。

ここは新宿か?と感じるほどです。


 

 

さて、気になる物価ですが、東京並みと考えていいです。ちなみにシンガポールの通貨は、シンガポールドルです。

1シンガポールドルは約90円。米ドルより安いですね。

 

もちろん、屋台で食べ物を買えば日本のコンビニよりはるかに安いのですが、衛生上や安全性(強盗はいないがスリはいる)面からとてもおススメできません。

シンガポールの移動はタクシーがおススメです。タクシーは安いですよ。あと個人タクシーでUberもあります。

 

 

空港からオーチャード付近まで30シンガポール程度、日本円で2,700円程度です。

羽田から都心まで5千円から6千円程度だと思いますが、それに比べれば破格と言っていいでしよう。

 

レンタカーもありますが、タクシーやUberの移動がベストの選択です。BMWやベンツが来ることもありますから。

でも、シンガポールで遊んだり、買い物をしたりした感覚は、東京と変わらないなという感じがします。

 

 

確かにタクシーは安いんですが、遊んだり買い物をする場所はホテルや百貨店が多くなります。

カジノはマリーナベイ・サンズだし、カジノ目当てでシンガポールに行くのであれば、宿泊はこのホテルで決まりでしょう。

 

ちょっと足を延ばしてラッフルズに遊びに行くこともありますが、結局東京と似たようなものなんですよね。

でも、シンガポールの独特の雰囲気は東京都内にはないものがあります。

カジノも好きですが、この雰囲気も好きなんですよ。

 



トータルで唯一プラスになってるサイトです

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。特に通信費が掛かるってこともありません。また、インストール式ではなくブラウザ式なので、普通のサイトにアクセスするのと同じです。


スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。











【入金方法】
クレジットカードなら即時反映されるのですぐに遊べます。

日本のクレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

【勝利時の出金方法】
海外口座のecoPaysを作っておきます。ベラジョンカジノからUSD(米ドル)をecopayzに送ればJPY(日本円)に変換できるので、そこから日本の銀行宛てに送金でOKです。

だいたい3営業日くらいで送られてきます。




【いただいた質問】
●登録には免許など身分証が必要なのかと問合せがありましたが、カジノ自体では少額なら不要です。 ただし、決済するためのecoPaysなどは必要になります。

●このカジノで15連敗するとか聞いたけど本当かって内容ですが、そんなのは海外のカジノで私も普通にありましたし、日常茶飯事に起こりえる話なので、追求したところで意味を成しません。


最初は無料お試しで遊べるので、まず雰囲気を感じ取ってからプレイされると良いかなと思います。

 まずは体験版から試してみる



コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください