シンガポールに移住するデメリット


私もシンガポールは何度か行きましたが、日本人が多い街です。

私が何者かはプロフィールから

 

街を歩いていても新宿や池袋と似たような感じなので違和感がありません。

日本のチェーン店も多くて、現地の食べ物もおいしい店ばかりです。

高レベルなお店しか営業できなくなってます。

 

そんなこんなで、シンガポールに住んでしまう人もいます。

最近は簡単に永住権が取れないので、移住とはいえセカンドハウスのような形にすることが多いようです。

 

でも、私のようにカジノが好きで、シンガポールの街の雰囲気が好きな人であれば、それもいいいかもしれません。

最近は、シンガポールの中でも増えすぎる外国人移住者に対する風当たりが増えています。

 

 

シンガポールに移住したい人の中には、税金対策を考えている日本人は多いです。

移住より、短期滞在のほうがいいのかもしれません。

シンガポールは、香港と同じで株式売買などにかかる税金がありません。

シンガポールに住んでいないのに、シンガポールの銀行には海外居住者の口座がいっぱいあります。

 

 

シンガポールの銀行経由で証券取引をしても税金はゼロです。

シンガポールが好きな人なら、そのまま住んでしまいたいと思う気持ちはわかります。

私も一時期移住しようかなと彼女と相談したことがあります。

 

シンガポールは日本と似た地域です。

しかし、日本と違って一年中暑い国です。

最近は、夏の熱中症が話題になっていますが、一年中その気候だと言えばわかりやすいのではないでしょうか。

 

 

もちろん、移住して永住権を取得することは、現地の業者に頼めばやってくれます。

法人を作って、事業をシンガポールで始めればいいのです。

 

お膳立ては意外と簡単みたいです。

でも、将来彼女との子供が生まれると、男の子の場合は徴兵制の対象になります。

これはデメリットにもなりえます。

 

 

日本でも安全保障の話が盛り上がっているようですが、シンガポールの人には、あんなことをしていると中国に占領されると言う人もいます。

シンガポールは狭い国なので、危機感があるんです。

そんなことを考えているうちに、やっぱり短期滞在がベストだよねという結論になったのです。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください