シンガポールのカジノ税収690億円


日本でもカジノを導入して、外国人観光客を呼び寄せようと努力しているようです。

シンガポールの現状を見ると、確かにいい手段だと思います。

 

私のようなカジノ好きは、シンガポールでのプレイもたまらなく好きなのです。

それに、カジノはその国に多くの税金を支払ってくれます。

 

税金を稼ぐことができて、観光客誘致できるなんて一石二鳥じゃありませんか。

日本も景気が良くなって来て、税収が伸びていると言われています。

でも、決定的な何か、もう一息何かが欲しいんでしょうね。

シンガポールのカジノ関係税金はすごいですよ。

 

 

4年前のデータなんですけど、カジノからの税金が11億シンガポールドル(690億円)です。

しかも、入場税もあって、これが2億シンガポールドルです。

1年間に1,170億円の税収増なんですよ。

日本もやろうじゃないかって気になりますよね。

 

カジノ自体の売上はわずかながらですが毎年伸びているようです。

毎年カジノだけで55億シンガポールドルの売上があるわけですからすごいです。

ちなみに、私の常宿のマリーナベイ・サンズの売上の8割はカジノだそうです。確かにカジノには人が群がってますけど、まさか8割がカジノだとは思いませんでした。

ちょっと複雑な気分ですね。

 

 

最近は、中国からの観光客が多くいらっしゃって「爆買」が話題ですよね。

あのパワーがカジノに向かったら、さぞかしすごい税収でしょう。

日本も景気回復で、ちょっとずつ税収が伸びているってことです。

でも、そこにカジノが入ったらすごい税収増でしょうね。

 

しかも、いらっしゃる観光客も増えますから経済効果は今の比じゃないでしょう。

もっとも、シンガポールでは、カジノ依存症の人も出ているようです。

 

まあ、日本でもパチンコとか競馬で同じ話はあるんですけどね。

ちなみに、シンガポールでは依存症の人のために、81億円ほど使っているようです。

1,170億円に比べれば安いものかもしれませんね。

でも、自分もこの頃ちょっと熱くなりすぎる時があるから気を付けなきゃと思います。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください