カジノ導入の葛藤から決断が生まれたシンガポール


シンガポールは昔から観光立国を旗印にしていた国です。
セントーサ島を開発し、農村だったオーチャードをショッピングセンターに変えました。

 
オーチャードって「農園」って意味らしいんですよ。
おかげで、シンガポールは観光地として世界有数の国になりました。

 

 

シンガポールの広さは、東京23区程度です。

でも、そのすべてが都市型リゾートになっているのですからすごい話です。

 

 

 

とはいっても、同じアイデアだけではどこかで限界が来ます。
その限界を突き破る突破口としてカジノが提案されたのです。

 

 

 

カジノの導入理由はこういうものです。

結果として、大成功を収めたのは言うまでありません。

 

 

もともと、近くにマカオがあるので、食い合いにならないかと心配の声もあったようです。

ギャンブル依存症で家庭崩壊するのではないかと憂慮する人もいたようです。

 

 

 

2004年3月にカジノ導入を検討すると発表したそうですが、大騒ぎになったようです。

 

でも、最後は「トップダウン」で決めたようです。

 

 

 

良くも悪くも事実上の独裁政権のシンガポールです。

やると決めたら一気にやってしまうのが強みです。

 

 

 

しかし、マカオのような旧態依然としたカジノにはしませんでした。

マリーナベイ・サンズのようなリゾートホテルにしたのです。

 

 

 

 

もうひとつのセントーサのカジノはマリーナベイ・サンズより更に大きなリゾートホテルです。

マリーナベイ・サンズは、ラスベガス本場のエンターテイナーが開発したそうです。

 

 

 

さすが餅屋は餅屋だと感心しました。

しかも、カジノだけでは終わらせないのがシンガポールです。

 

周囲に植物園などを作ったのです。

観光客の全てが私のようにカジノ目当てで来ているわけではありません。

 

 

 

それまでに、F1を呼んだりして下地を作っていたのです。

そして、カジノを導入することで観光客を大勢呼び寄せることができたわけです。

 

 

 

最初は治安が悪くなるとかの批判的な意見が多くあったようです。

日本でも、カジノ法案が出てくると同じような意見が出てきているようです。
でも、旧態依然の方法では何も変わらないんですよね。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください