オーストラリアはリゾートとカジノで二度おいしい

リゾートとカジノを両方楽しむことができる場所はいくつかあります。

でも「天然リゾート」とカジノを楽しもうとすると数が限られます。

その一つとしてオーストラリアがあげられます。

 

 

 

フィリピンなどと比べると何かと割高ですが、一度行ってみるとリピーターになることが多いです。

今回いったのはゴールドコーストのジュピターズホテル&カジノゴールドコーストです。

友人がこのホテルを気に入っていてよく行くのですが、今回同行したのです。

 

 

 

ゴールドコーストは見渡す限りの砂浜が続いていて、端から端がわかりません。

日本から直行便があるのも嬉しいです。

観光客が多いのでショッピングも充実しています。

 

 

 

アウトレットあり、ショッピングモールありで買い物好きには「買い応え」があります。

もちろん大自然のオーストラリアですから、観光地も多いです。

国立公園が多く、ここをめぐる観光ツアーも多いです。

 

 

 

私たちはホエールウォッチングのクルーズに参加しました。

大体クジラと出会えることが多く、私たちもビルのような水柱を見ることができました。

一緒に行った友人がここのVIPプログラムに入っており、割安料金で宿泊できました。

カジノで遊んでみるとなかなかグッドです。

 

 

 

ディーラーのさばきもしっかりしていて、マカオの老舗カジノで遊んでいるような感じです。

一発で私も気に入りました。

 

 

シンガポールのカジノに行くことが多いのですが、さすがに最近飽きが来ました。

手つかずの大自然はシンガポールでは見ることができません。

帰りには私もVIPプログラムに入会しました。

 

 

 

50,000オーストラリアドルを前金で入金すると、通常のVIP以上の待遇を受けられます。

成田からゴールドコーストまでは9時間程度で着きます。

ラスベガスと違い、時差がほとんどないので体も楽です。

 

 

季節が日本と正反対になるので要注意ですが、東京の冬もここは真夏です。

真夏のクリスマスという得難い体験をするのも悪くないでしょう。

 



トータルで唯一プラスになってるサイトです

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。特に通信費が掛かるってこともありません。また、インストール式ではなくブラウザ式なので、普通のサイトにアクセスするのと同じです。


スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。











【入金方法】
クレジットカードなら即時反映されるのですぐに遊べます。

日本のクレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

【勝利時の出金方法】
海外口座のecoPaysを作っておきます。ベラジョンカジノからUSD(米ドル)をecopayzに送ればJPY(日本円)に変換できるので、そこから日本の銀行宛てに送金でOKです。

だいたい3営業日くらいで送られてきます。




【いただいた質問】
●登録には免許など身分証が必要なのかと問合せがありましたが、カジノ自体では少額なら不要です。 ただし、決済するためのecoPaysなどは必要になります。

●このカジノで15連敗するとか聞いたけど本当かって内容ですが、そんなのは海外のカジノで私も普通にありましたし、日常茶飯事に起こりえる話なので、追求したところで意味を成しません。


最初は無料お試しで遊べるので、まず雰囲気を感じ取ってからプレイされると良いかなと思います。

 まずは体験版から試してみる



トレジャリーカジノ(ブリスベン)のVIPカジノ

 

オーストラリアに来たはずなのに、またはブリスベンに来たはずなのにここはまるで中世のヨーロッパではないのかと思わせるほど、異空間を漂う、異空間をさまよう、そういった雰囲気を楽しませてくれるホテルが正しくトレジャリーカジノ(ブリスベン)なのです。

 

 
格調高く、美しい建造物はカジノ楽しむ人たちためにあるのではなく、この町の外観そのものの価値を高めるだけのそういった作りになっていることに興奮し感動する人もいる位です。

 

 

そしてまたカジノ場の入り口に驚かされます。それは宮殿の入り口では無いかと思わせるほどのゴージャスな作りとなっているからです。

 

 

 

それもそのはず旧大蔵省の施設をそのまま使っているのですから当然ですよね。

そこで自分が今からカジノを打つことができる、カジノを楽しむことができると思えば、なんだかとても感慨深いものがあると思いませんか。

 

 

 

カジノの入り口から中に入ればまさしくその建物にふさわしくヨーロッパ調の雰囲気がそこにはあるのです。

一階については一般のお客様が普通に楽しむことができるようなスロットゲームなどが多く配置されているのに対して、 2階3階に上がればVIPルームがありますので、カジノカードメンバーのみが入れる場所となっています。

 

 

 

このカジノを利用する際に覚えておかなければならないのは、入室審査が厳しいということです。

脱帽しなければいけませんし、そこに入るためのパスポートなども準備しておかなければなりません。またカメラは撮影禁止されていますので、最低限注意しておかなければならないでしょう。

 

 

 

 

ただこういった厳しい審査があるというのは逆に考えると中で思いっきり楽しむことができると考えることができるのです。

それこそ異空間に来た事を現実に感じさせられるような内容に驚く方がほとんどです。

 

 

 

 

そしてそのカジノを後にした時に、自分が初めてブリスベンに来てカジノを楽しんだのだということをゆっくりと反芻するに違いありません。

ブリスベントレジャリーカジノ&ホテルに行ってタイムマシンで過去にさかのぼるような経験をしてみませんか。