カジノのお仕事5個のメリット

海外のカジノで仕事したことがある知り合いと話をしました。そのときに聞いた中でカジノの仕事にあった5個のメリットを挙げてみようと思います。

格式の高い仕事のイメージがある海外のカジノですが、他国からワーキングホリデーや学生で来ている人でもカジノで働くことは可能です。

せっかく現地にいるならなかなか経験できないような仕事をしたいと考える人も少なくないです。

カジノで働くなんて日本では絶対にできない経験ですし、ワーホリや学生にとっては英語の勉強にとってもとても有益な経験になると思います。

 

ローカルの環境で正規の給料が払われるところで英語が学びたい、新鮮な経験がしたいと思っている方は必見です。

 

カジノで働くメリット5個

1.正規以上の給料がもらえるかも

ワーキングホリデーで来てカジノで働く場合はアルバイトという形で雇われることになると思いますが、そのへんのジャパレスなどよりは給料が高いです。

目安としては平日で25~35ドルくらいもらえる感じなんだとか。

土日祝は客入りも増えるので給料がアップします。

ジャパレスの場合だと17、18ドルとかはザラにあるのでローカルで働く際に、時給は大きなメリットになりますね。

 

2.英語力が伸びる

当然ですが、ほとんど日本語を使うことはないです。

なので、全然英語が話せませんと言う人が働くのは少し難しいかなと思います。

ローカルでしっかり働きたいと考えている方はしっかり勉強してくるか、短期でフィリピンなどの格安留学に参加してある程度の英語力、そして海外のコミュニケーション能力を身につけることは必要になってきます。

 

3.シフトの融通が利く

どこのカジノもほとんどの場合がそうだと思いますが、基本は24時間営業です。

なので朝しか働けないだとか深夜がいいだとかそう言ったわがままが結構通用したりするようです。

一日4時間だけ働くとかももちろんできるので、働きたいときに働くことができる場合が多いです。

 

4.海外の人脈が広がる

カジノではいろんな国籍の人が働いています。

比較的に日本人はほぼいないので、人種のるつぼ状態です。

ブラジル人やスペイン人の人がいたりして本当に多国籍な職場なので、その国の言葉を少し学べたり、いろんな国の知り合いが増えたりするのもオーストラリアのカジノで働く1つのメリットになります。

 

5.フレンドリーな労働環境

多少は国にも寄りますし、日本みたいな陰険だったり上下関係の文化があまり強く根付いていないので、海外というのは基本的に誰でもフレンドリーに話してくれます。

私も色んな国に行ってきました。

まぁいつもこちらがお金を出す立場だからかもしれませんが、どの人も優しくて、嫌味な感じで接してくる人ってまず無いです。

ウーバーなんて一般人が車で来てくれるわけですが、「やぁ、今日はどこまで乗るんだい?」って初対面とは思えないほど気さくに乗せてくれます。

 

あまりクヨクヨして働いている姿を見ないんですよね。

その代わり、他人は他人、自分がどれだけ仕事ができるか、が日本以上に当たり前となっているので、他人を蹴落としても気にしないドライなシーンは感じますね。

きっとカジノで働いてる人達もそんなだと思います。

 

 

カジノで働くデメリット3つ

カジノで働くことのメリットを5つ紹介しましたが、デメリットも紹介していきます。

 

1.カジノでギャンブルができなくなる

カジノで働いている人はカジノでギャンブルができません。

日本のパチンコ店なんかも自分のお店では遊べないと聞いたことがありますが、海外カジノでもそうなんです。

普段カジノで遊ぶことが好きな人にとってはカジノで働くことはあまりいいことではないかもしれません。

普段はあまりカジノはしないという方にとってはデメリットでもなんでもないので大丈夫です。

 

2.カジノでの仕事は意外と大変

カジノは24時間営業の場合が多いですが、基本的に夜に集中してたくさんのお客さんがくるので、その時間帯はとても混雑します。

特にクリスマスなどのイベントがあるような日はとんでもないような混雑具合になることもあります。

なので、注文が遅れてしまうほどの忙しさになることもあり、クレームが来てしまうようなこともあります。

 

英語の職場で、多国籍の環境なのでいろんな人と出会うことがあるので本当にいい経験になりはしますが、毎日大変だろうなぁって。

 

3.生活リズムが崩れることがある

カジノでは夜から早朝にかけて働いて、その次の日の昼にシフトが入る可能性もあるので、寝る時間はバラバラになってしまう可能性が高いです。

24時間営業ならではの辛いところではありますが、夜更かしが大丈夫な人、または日本でフルタイムで働いていた経験がある方であれば乗り越えることはそんなに難しくはないと思います。

 

 

以上がカジノで働くメリットとデメリットです。

英語環境でいろんな国の人がいるだけでもとても新鮮なのに、さらにとても忙しい環境になるので、本当に大変ではあると思いますが終わってみればいい経験になることは間違いないです。

何かを変えたいなどの漠然とした目的で来たワーキングホリデーの人にとっては特に挑戦してみることをお勧めしたいです。

 

しかし、英語力が0の状態でカジノに働くことに挑戦したいといっても難しいので、まずは短期間のフィリピン留学に参加するなどの工夫をして英語力をつけてからワーキングホリデーに来てカジノにレジュメを持っていってみましょう。

 



トータルで唯一プラスになってるサイトです

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。特に通信費が掛かるってこともありません。また、インストール式ではなくブラウザ式なので、普通のサイトにアクセスするのと同じです。


スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。











【入金方法】
クレジットカードなら即時反映されるのですぐに遊べます。

日本のクレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

【勝利時の出金方法】
海外口座のecoPaysを作っておきます。ベラジョンカジノからUSD(米ドル)をecopayzに送ればJPY(日本円)に変換できるので、そこから日本の銀行宛てに送金でOKです。

だいたい3営業日くらいで送られてきます。




【いただいた質問】
●登録には免許など身分証が必要なのかと問合せがありましたが、カジノ自体では少額なら不要です。 ただし、決済するためのecoPaysなどは必要になります。

●このカジノで15連敗するとか聞いたけど本当かって内容ですが、そんなのは海外のカジノで私も普通にありましたし、日常茶飯事に起こりえる話なので、追求したところで意味を成しません。


最初は無料お試しで遊べるので、まず雰囲気を感じ取ってからプレイされると良いかなと思います。

 まずは体験版から試してみる



カジノで見た『変わった人・不思議な人』

私がラスベガスへ行ったときの事です。

カジノで外国人のおっちゃんが、黙々とバカラをしてました。

 

 

私は同じ台へすわり、おっちゃんを観察して、賭けるタイミングを見てました。

おっちゃんは、1000万円ほどのチップを手元に置き、30~50万円ずつ賭けて、当てたり外れたり。

 

 

 

5回ほど見て、試しに私は、おっちゃんの反対ばかりを賭けました。

不思議なことに、私は当たり、おっちゃんはハズレ。

おっちゃんがハズレたので、私はしばらく逆へ賭けようと思い、ずっと逆へ賭けることにしました。

 

 

 

おっちゃんは、ハズレても全くの無表情なんです。

私は、相手のことなど気にしないよう心がけて、するとおっちゃんは、15回連続ハズレ・・・それでも無表情

 

 

 

あんなに無表情で賭ける人は、かなり珍しいと思いました。

誰でも外れすぎたら、悔しさとか顔に出るし、声も出るものです。

それを無口で、無表情で。。。

 

 

 

カジノのディーラーも私を見て・・・あのおじさま、連続ハズレだね、という表情。

むしろ私も、こんなに連続で当たり続けたのは稀なことです。

私は自分では何も考えず、引き続き、おっちゃんの逆を賭けました。

 

 

 

おっちゃんは、35連続ぐらい外れ続けました。そしてチップは全て無くなり、退散しました。

 

 

退散する際も、ため息もつかずに、すーっと席を立ち去っていきました。

ある意味、紳士なんですが、お金があり過ぎて、1000万円負けても悔しくないかのようにも見えました。

 

 

 

でも、私は疑問でした。

どんなにお金持ちの人でも、お金というよりも、予想が当たらないことに腹を立てる方は普通にかなり多いので・・・

 

 

 

まぁ負け続けて、文句ばかり言う人や、ディーラーに八つ当たりしたりする人のほうがよく見かけますが、これは周りのことを考えると少し迷惑ですね。

気持ちは痛いほど分かるけど、グッと抑えて部屋に戻ってか、外へ出てから叫んでくれと思います。

 

もっとも、1000万円も負けたら私だったら、声を出す気力すら無くしてしまうと思いますがね。