初心者が海外カジノに行く前に知っておくべきポイント

日本にはないからこそ旅行に行った際はいろんな人が訪れるカジノ。しかし、カジノは大きなお金が毎日動くところなので、ルールは厳しく設定されています。

初心者が何も調べずに行ってしまうと、下手したらカジノに入ることもできません。

なので、今回は初心者向けにカジノで遊ぶ前に抑えておくべきポイントを紹介します。

カジノのドレスコードについて

ドレスコードとは、カジノに入場する際の服装のルールのことです。

映画なんかのせいでタキシードに蝶ネクタイみたいなイメージを持ったままの人もいるみたいですが、そんなの実際に見たこと無いです。

国によってドレスコードが違うので行くところのカジノのサイトから調べることが必要になります。

アメリカやオーストラリアの場合はスマートカジュアルと呼ばれる設定がされているカジノが多くて、シャツにジーンズとかで入れます。

 

ただ、ヨーロッパは結構厳しく設定されていることが多くて、シャツとかジーンズでは入れてくれない場合が多いです。

共通事項として、顔が隠れるようなものを身につけるのは禁止です。

マスク、サングラス、帽子などですね。

海外じゃあまりマスクを着けてる人もいなくて、と言うのもマスクをしているのは「これから犯罪をする人」くらいしかおらず、そう見られてしまうから付けないんです。

 

カジノ内での携帯の使用は禁止

自分がテーブルにいるときはメールをすることはもちろん、見えるところに出すこと自体が禁止されています。

不正を疑われるだけです。

携帯が触りたいときは一度ゲームを終えてテーブルから離れましょう。

カジノはほとんどの場合が入場無料なので、カジノの外で電話などをするのが一番安全です。

 

カジノでの泥酔は禁止

泥酔した状態では入場を拒否される場合があります。

カジノの中に入ればアルコールも販売されているので、アルコール自体は許されていますが、そこで暴言を吐いたり、悪い態度を取ったら退場させられます。

カジノは飲んで騒ぐ場所ではないというところは理解して遊ぶようにしましょう。

 

カジノのメンバーズカードを作るべき

現地のカジノで会員登録をしてカードを作るといろんな特典がもらえたりするので、来たら作ることをオススメします。

カジノ内にあるドリンクが無料で飲めたり、レストランで割引をしてくれたり、さらにはホテルの宿泊の際も安くなったりするので、いいことしかないです。

 

カジノをしない人もカードを作っておくことでお得なことが色々あるので、ぜひ作ってみてください。

特典の内容が詳しく知りたい方は、場所によって得点が違うので、サイトでチェックしてみてください。

きっと日本でカジノができたら間違いなくメンバーズカードもできると思います。

 

カジノではチップを渡す

どこの国でもチップの習慣があるわけではないですが、アメリカやヨーロッパではチップの文化があります。

チップはサービスに対する感謝の気持ちとして渡すもので、マナーですので、レストランなどでサービスをしてもらったらチップを必ず渡した方がいいです。

 

ただ、チップの文化も国によって違うんです。

オーストラリアやアジアの国ではもともとチップの文化がないので、そういう国では渡す必要はないです。

 

 

カジノのゲームのルールは覚えて行くべき

自分がプレイしたいゲームのルールを覚えてから遊ぶことは最低限のマナーです。

ディーラーも教えてはくれますが、周りの客から失笑されるくらいダサいことなんですよね。

何も知らないでテーブルであたふたしてしまうとゲームもスムーズに進みませんし周りのプレイヤーにも迷惑をかけることになりますよね。

ルールに関しては事前にオンラインゲームなど予習しておくと良いです。

 

カジノでの荷物は貴重品のみにするべき

カジノにはバッグやカバンは持ち込ませてくれない場合が多いです。

ゲーム中にカードをすり替えたり、不正する可能性を考慮してのルールになります。

もし荷物が多い場合はカジノの荷物を預けるところがあると思うので、そこで預けてから入場するようにしましょう。

荷物を預ける場合は有料になる場合もありますので、詳しいことは現地の公式サイトを確認してください。

 

ディーラーの指示には必ず従う

カジノという場所はお金が常に動いている場所なので、変にカードやチップに触ってしまったりするとトラブルの元になります。

触っていいという指示が入るまでは必ず触らないようにすることは徹底しましょう。

どう見ても大丈夫だろうと思っていても許されないこともあります。小さなことがトラブルになることも全然あるので、怪しい行動は控えて遊びましょう。

 

 

いかがでしょうか。

以上の8つのポイントを抑えて楽しんでいただけばカジノでは安全に遊ぶことができます。

海外旅行をより一層充実させるためにはカジノは間違いなく1つのいい経験になります。

 

なので、しっかりとマナーを確認してから入場しましょう。

旅先には小さくて怪しいカジノもあったりしますので、大きいところだったり有名なところに行くことをお勧めします。

それに、国によってルールは結構異なる場合がありますので、トラブルを避けるためにも事前に旅行先のカジノの公式サイトで詳しいことを確認したり、オンラインゲームでルールを覚えておきましょう。

 





日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。臨場感あるライブカジノだけでもすでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われています。
入出金がスムーズで、日本語対応していて、ストレス無くプレイできるオンラインカジノをミスターSが実践して選びました。

 ミスターSお勧めのオンラインカジノ一覧を見る




各国のカジノ入場制限の現状

カジノというのは公営施設の一種なので実は厳しい入場制限がある方が少数派です。

しかし最近になって日本のカジノ法案では、日本人への入場料制度や入場制限を敷く方向でまとまりつつあります。
そこでここでは各国のカジノへの入場制限についてまとめてみました。

 

 

『外国人専用と割りきって国民の入場は一切禁止な国』

アジアの国々のカジノでは「外貨獲得の為の外国人専用カジノ」と言うものは珍しくありません。

国にとってカジノというのは多大な税収が見込める公共事業ではあるのですが、ギャンブル依存症や経済的、風紀的な問題を引き起こす負の面も大きいと言う一種のギャンブルに近いのです

 

そこでなるべくリスクをおわずに税収をあげようと考えて、自国民の入場を一切禁止するという方針がとられるのです。

具体的な例としては韓国があります。

 

カジノ解禁により韓国の各地にカジノが作られましたがギャンブル依存症や経済的な問題が大きな社会問題となり、解禁後にほぼすべてのカジノを外国人専用カジノと位置づけ韓国人の入場を禁じました。

 

現在一ヶ所だけ経済振興の特例として韓国人も入場できるカジノが作られていますが、質屋や金貸しの乱立など風紀的な問題により反対意見も根強い状態です。

 

 

 

『入場制限よりも運営側へ規制をかける方向性の国が多い』

自国民も入場できるカジノではほとんどの場合入場制限というのは行われません。

ただし 日本のパチンコ店のように年令制限など他の施設でもあるような規制は敷かれる事が多いですし、提供する酒の規制や運営時間の制限、立地条件やゲームの賭け金の上限や控除率など運営側に厳しい規制が敷かれた上で行われているのが当たり前です。

 

ヨーロッパの多くはこういった規制をしいた上で、禁止や国民の入場制限ではなくカジノの運営をコントロールする事で負の面を抑えると言う政策をとっていました。
しかし、総合リゾートのような観光型のカジノが大きな収益を産むと周知されてきたため、こういった規制を緩和する動きも出ています。

 

 

『日本が参考にしたいシンガポール』

日本のカジノ法案で参考にするべきであるといわれているのがシンガポールです。

シンガポールはカジノを「外貨獲得と資産に余裕がある人間の遊び」と明確に位置づけ、国民に入場制限をかける方向で解禁をしました。

 

具体的には一回につき100$相当の入場料をしき、IDによる管理で生活保護やギャンブル依存症患者のカジノへの入場を禁止をし、入場にたいしてもこまかな規制を敷くという方法です。

 

日本もこれを真似る方向で解禁をしようという議論が行われていますが、これらの製作はシンガポールが一党優勢のほぼ独裁体制だからこそ出来ている面もあるため、日本にどこまで真似ができるかというのは微妙な所です。

 

 

『外国人専用か。入場規制をかけるか』

この様にカジノの入場規制というのは、完全に自国民は禁止と言う国か、入場は自由だが運営に規制をかける国というのが大半を占めています。
日本は元々前者の外国人専用カジノを考えていましたが、維新などから「外国人のみで運営が出来るのか」と反対意見が出たため、シンガポールの入場規制をかけた上での自国民の入場を許す方向に動いています。

 

ただ、その規制の内容はまだ何も決まっていないですし、資産によって入場規制をかけるなどということを日本では今まで一度もやったことがないので今後どうなるかはまだ分からない所です。