エアーズロックとカタジュタの観光旅行

19_2

グレート・オーシャンロードというオーストラリアの南東部にある道をドライブし、すっかりオーストラリアでのドライブにはまってしまいました。

 

今回はオーストラリアで、ドライブを兼ねてエアーズロックとカタジュタの観光をしてきました。

 

前回の海沿いの道とは違い、今回はアウトバックと呼ばれる不毛な内陸地帯。

そのため見ることができる景色も全く違いましたが、それはそれで中々面白かった。

 

 

エアーズロックへはアリススプリングスという町まで飛行機で行き、そこで車をレンタルして向かいました。

距離にして約500km。

結構遠いな~と思い、レンタカー会社の人に「6時間ぐらい?」と尋ねると、「そんなにかからないよ、4時間ぐらいじゃない?」

 

どういう計算?時速何キロで走るってこと?

前回のスピード違反のこともあるので慎重に走ることにする。

 

 

結局6時間半かかり、今回宿泊する宿、エアーズロックリゾートに着いた頃には夕陽の時間。

せっかくなのでサンセットポイントに行ってみることにする。

19_1

 

飛ばすこと30分。先客がたくさんいるけれど、ギリギリ日没の時間には間に合ったよう。

 

これはなかなか美しい。
気に入ったので、翌朝、サンライズポイントへも行ってみましたが、こちらはそれほどでもなかったかな。

 

 

 

続いてはカタジュタへ行ってみることにする。

カタジュタとはアボリジニーの言葉で「たくさんの頭」という意味だそう。

 

 

遠くから見ると地面から何かがニョキニョキ生えているように見える。

エアーズロックのような、何と言うか思い切った一枚岩!というのとは違い、こちらは不思議な印象があります。

 

 

 

カタジュタの周囲はトレッキングルートになっており、歩いて回ることが出来るよう。

今回、時間がなく周りから眺めるのみでしたが、時間があればあの不思議な岩の間を歩いてみたかった。

 

 

今回オーストラリアに来てみて驚いたのが、ガソリン代の高さ。

一番高いところだと1リットルで約250円ぐらい!

この前はこんなに高くなかったけれど、そんなにガソリン代が上がったのか、それともこの辺りまで運んでくるのにコストがかかっているからなのか。オーストラリアは車社会なのに、これじゃ大変だね。

 

 

ちなみに今回は事故も違反もなく、無事にドライブを終えました。

この辺りは乾燥地帯だからか動物も少なく、見たのはダチョウ?エミュー?ぐらい。

もうちょっと動物も見たかったけど、また別の機会に運転してみようっと。

 



沖縄旅行にANAクラウンプラザホテル

(ANAクラウンプラザホテル沖縄)

 

 

沖縄へ遊びに行ってきました。

いやー、楽しかったです。

海はもちろん見に行きましたし、泡盛を飲んで良い気分になれましたし、何より二人でお揃いのガラスのコップを作れたのが嬉しいです。

 

 

 
私はあまり国内旅行はしない人間なので沖縄への空路についてはそれほど知識がないということでネットでチケットを検索。

ANAでは普通席とプレミアム席のみの提供となっていたのですが、したことはとにかくしたくなるタチなのでそちらを前日当日の朝に予約しました。

 

 

 

久しぶりの羽田のANAのラウンジでしたが、いつも通り白を2杯頂いて沖縄での旅行プランをひたすた彼女と立てていました。

 

 

 

 

興奮が止まっていない彼女を横目に、国内線に乗っているということで国内の新聞を読みあさっていたのですが、気を効かせたCAさんが毎度良いタイミングで次の新聞を持ってきて下さいました。

世界中どこのビジネスクラスやファーストクラスに座っていてもCAは常に搭乗客に配慮していますよね。

 

 

 

 

きっとキャビンアテンダントになるためのトレーニングは厳しいに違いありません。

個人的にですが日本人のCAはやはり世界レベルだと思っています。

あの世界レベルで有名なカタール航空のCAも一流でしたけどね。

 

 

 

 

昼食のメニューには料亭料理のランチボックスを頂きました。

お気に入りのCAさんに一番美味しい日本酒を持ってきてくれと頼んだり、小話をしていたら彼女の顔がだんだんと引きつってきていたので自重することにしましたが、あの色とりどりの御膳の具材が全体的にもつ甘みと、日本酒のあの味わいがなかなかのものでした。

 

 

 

 

短い空の旅の後は那覇の5つ星ホテルへ。

そこからの3日間の休日はかなり良いものになりました。

ガラス工房で作った透明なガラスを使って日本酒を飲んでます。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。