『セブ シティホテル&カジノ』は仕事をしながらでも遊べる


ウォーターフロント セブ シティ ホテル & カジノ
(トリップアドバイザー)

 

今回はセブシティにあるホテルについて書きます。

 

レストランの種類も実に豊富でその数は10種類ありますから、飽きが来ないのも特徴の一つとなりますね。

 

 

 

 

また、この場所はセブ島の経済特区であるITパークの目の前に位置していることから、リゾート地としてよりもビジネスマンが集まる場所といったイメージが強いところでもあります。

 

食事処が多いのはそうしたことも理由の一つなのでしょう。ですから、仕事の合間にカジノを楽しむというリゾートとは一味違う楽しみ方ができるというわけです。

 

 

 

部屋は種類こそ豊富とは言えないかもしれませんが、部屋のアップグレードに必要な金額がそれほど多くないのでビジネス前提ならば利用するのもいいのではないでしょうか?

 

 

 

カジノについても触れていきたいと思いますが、フィリピンのカジノは基本的に政府が運営に関わっているため、公正で安全なギャンブルとして認知されていますね。

 

 

 

日本で言えばパチンコやスロットなどのようなもので公式だからこその安心感があるのも確かだと思いますよ。

 

 

それとドレスコードについてですが、フィリピンのカジノは前述の通り、政府公認のギャンブルであるためかドレスコードは若干厳しくなっている印象を受けました。

 

 

 

これはフィリピンの治安が関わっていることでもありますから、やむを得ない部分はありますが、厳しいとは言っても極端な入場規制は行っていません。

 

 

 

このカジノで遊べるゲームにはスロット、ポーカー、バカラ、ブラックジャック、スーパー6、ポンツーン、パイゴウ、ルーレット、タイサイ、クラップスなどがあります。

 

 

 

セブのカジノは人気が高いため、カジノのゲームもそれに比例してか、種類が豊富になっていますね。

 

 

フィリピンのカジノはレートが低いので多くの客層を持っている反面、その分にぎやかになる傾向があります。

 

 

にぎやかなのは良いことですが、騒がしいのが苦手な方もいるでしょう。

 

私もカジノは好きですが騒がしいのはあまり好きではありませんので、ここに来たときは3階のVIPルームでプレイしていました。

 

 

 

一般にも広く提供しているとはいえ、富裕層の方用としてVIPルームが設置されていますので落ち着いた雰囲気の中でプレイしたい方にはこちらの利用を推奨しますよ。

 

仕事を抱えているから中々暇が作れない人も多いでしょうが、ここならば仕事を持ちこんでも仕事の合間に遊ぶこともできるので一度利用してみてくださいね。

 



フィリピン航空ファーストクラスでカジノ旅行

フィリピンのマニラに貿易の仕事で働いている友人がいるので3年ぶりに会いにフィリピンへ行きました。

「マニラで良いんだよね?」と聞いたら「セブに来なよ」と誘うので初めてのセブ島へ。

 

(フィリピン航空)

 

 

 

フィリピン航空を利用、成田からセブへの直通ファーストクラスで5、6時間の飛行を楽しみました。

というか、楽しもうと頑張りましたが、ファーストクラスとしてのクオリティはかなり低く感じてしまいました。

シートのクオリティ、CAのサービス、機内食など全て他の航空会社と比べると見劣りしてしまうかもしれないなあ、というものでした。

 

 

 

 

ですが目的はセブで大はしゃぎすることですからあまり気にせずリクライングシートで爆睡です。

マクタン空港に到着し、国際電話の着信に彼の電話番号があることを確認。

ドライバー付きの彼の車でまずは5つ星ホテルへ行きました。

 

 

 

 

セブ島本島の隣に小さくマクタン島があり、そこに空港があって、それを囲むように海岸に沿って多くのビーチリゾートがあるので、空港からたった20分でホテルへ到着。

「今から何するの?」と彼に聞くと「とりあえずクルーズしよう」と言うので貸切のボートで2人きりで2時間程ホテルの近くの海の上をひたすら回っていました。

 

 

 

 

船上で頂いた珍しいフィリピン料理を私に色々と説明をしてくれた彼のチョイスの中で、アドボという日本でいうところの角煮のような豚料理がとても美味でした。

フィリピンの爽やかで口当たりの優しいビールを飲みながら見るセブの何色にも広がる海の喜びは言葉では言い表せませんね。

 

 

 

 

都市に流れる川や都市沿岸の海で乗るクルージングはビル群を目の前にしながらも世間を一度忘れて開放感に浸ることの出来る面白さがありますが、セブの海でのクルージングの開放感はとてつもないものがありました。

 

 

 

 

 

クルージングの後はセブ市内の方へカジノをしに出発。

その時は友人ばかりが勝っていた気がします。。

 

 

 

 

とにかく常夏の夜風は気持ちよかったですね。また行きたいな。彼に感謝です。

ちなみに、カジノにいた男性が私にずっと『Guapo!』と放ってました。

『Guapo!』というのは、『イケメン!』を意味します。

フィリピンに行くとそういう目に結構合うのかもしれません(汗)

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。