カジノ通いを辞めてから5年後

両親に初めてのカジノ旅行を案内』からの続きです。

ここまで長いカジノ体験記になりましたが、前回の家族旅行から更に5年後の今だから冷静に書けるようになりました。

(本編の第1話はこちらです)

この5年間は1年に一度だけ毎年カジノへ行ってます。

1年に一度、カジノで楽しめるようコツコツと仕事をし、お小遣いを貯めることが日々の楽しみにもなってます。

欲も出さず何度も続けて行くこともせず、自分を抑えて生活できるクセが完全に取り戻せました。一時はどうなることかと思いましたがお金は恐ろしいと今でも思います。

ソウルやマカオ、シンガポール、ラスベガスとカジノは賑やかで華やか楽しい世界は忘れられませんが、時々行くからこそ日々感じることが出来ないドキドキ感と刺激が受けられると私は実感できてます。

 

数百回もカジノへ行き、どん底へ落ち、立ち直るということはかなり辛いということは経験しないと誰しも分からないことなので、この旅行記で少しはたくさんの人に伝わればと思います。

カジノで勝った5000万円、1億円、3億円、などというお金で車や家を購入した人もいますが、その後それ以上にカジノへ注ぎ込んで結果全て失ってる人も少なくないです。

 

 

あくまでも一時的なお金です。

カジノも勝たせて良い気分にさせといて、また来てもらう長い目で経営してるように思えます。

競馬でもパチンコでもギャンブルは何でもそうだと思いますが、一度勝たすと2度3度とクセにさせます。

恋愛と同じかもしれません。

 

 

もし日本にカジノができれば、カジノ周辺は消費者金融、質屋、風俗店、飲食店などが増え、経済効果はかなり増えると思います。

カジノのスロットなどの機械メーカーや、セキュリティ会社、ディーラー雇用、清掃員、など数千人規模の雇用も新しくできることになるんです。

国やカジノ周辺の商売人が儲かることは必然です。

 

 

私はこの旅行記が、カジノに興味のある人の勉強とかアドバイスに使ってもらえると思っています。

やりすぎないように程々に非日常の刺激を味わう場所として、カジノは最高です。

高齢化社会なのでお金と時間を余らせてカジノへ通う高齢者が増えると思います。ボケ防止にもなるということで介護施設でカジノ設備を置いて楽しませる企業もあるのをテレビでも見ました。

競馬場や競艇場、パチンコ屋などは平日から時間を持て余した高齢の方が溢れていますしね。

 

 

年金や退職金を遣い果たす人が増加するかもしれません。親の財産を期待してる人は思わぬ展開になるかもしれません。

また、親や身内の生命保険が子に分配され、お金を持った若い世代がカジノで使い込んでしまい、人生転落する人も増えるかもしれません。

 

 

カジノが出来たときの日本の将来が楽しみと不安がありますね。

私は経験者であり、一度失敗した人間です。お金と人間の関係性について、多くを見てきたとも言えます。

日本人は繊細で細かい性格なので、カジノで自己管理がしっかりできるかどうか見てみたい気もします。

 

 

韓国カジノは、円安になってから日本人観光客が減ってます。

景気が良い中国人の富裕層が多く、カジノでの資金や賭け方は普通ではありません。中国人は爆買いするように爆賭けする方を見かけます。

1000万円以上持って行くVIPの中国人が増えてるようです。

1日で1億円使っていた人もいました。

 

私が近年最後にカジノへ行った頃には、カジノ担当者の態度や店舗作りが日本人より中国人を迎えるという思考で経営されてるように感じました。

私が通ってる時期はヘコヘコと丁重に接待してくれた店員も、日本人観光客の減少での売上げの見込みが無いと思ったのか、お金をたくさん持ってくる国へと接客態度が変わったと思いました。

カジノはお金を持ってる人どころか国ごと見方を変えてしまうということですね。

国を観て判断されたりするといい気はしません。

 

 

良い時期もあれば悪い時期もあるのは仕方がないことです。何千万も何億円もカジノで遣った人はそう思う人が多いと思います。

日本もカジノを作るなら中途半端に小さく創るのではなく、マカオやラスベガスのように大胆にネオンと賑やかさで眠らない街を作って欲しいです。

 

夜景もきれいに見え、カップルのデートスポットになるようなイメージも含め、カジノホテル・巨大モール・遊園地など盛りたくさんな街。

シンガポールなどIR(統合リゾート)のように、一つの巨大テーマパーク的になると楽しいと思います。

 

 

私はカジノへ通い始めてから5年で10キロも体重が増えてました。

ある日街を歩いてると窓ガラスに自分の全身姿が見え、そこで始めて自分が思っている以上に太ったことに気づきました。

自己管理が出来てなかったということです。

自己管理ができなくなると自分の財布の中身も通帳も管理できていなかったことは当然だと感じてしまいます。

 

 

カジノを止めてからの日々で私は必死にダイエットもしました。

1ヶ月間、間食は何も食べないよう野菜や果物や水のみの、生活をしました。

 

1ヶ月目7キロ痩せ、2ヶ月目5キロ痩せ自宅で簡単に筋トレをし3ヶ月目でようやく体重が元へ戻りました。

ウエストが細くなりズボンもぶかぶかになりました。

 

楽してダイエットなどできないと思いました。数ヶ月も掛けてキツイ思いしてようやく痩せれます。

カジノで美味しいものばかり食べて動かない。

いい思いが出来た分、苦労も大きいです。

カジノ病を治すのも同じことで時間が掛かる嫌なことばかりが残ってしまったようにも感じます。

仕事も順調にいき始めて全て吹っ切れた感で膨らみました。

カジノへ何年も通えた経験からこの旅行記を書くことができました。実際、楽しかったことも多かったです。

 

良いことも悪いことも詰まったカジノ経験を文字に記すことにより、私もより一層思い出として振り返ることができました。

この旅行記を読み終えたあなたがどう進むかはあなた次第です。

あなたがカジノへ行き、道が分からなくなった際は再びこの旅行記を読んで頂ければ気持ちが変わるかもしれません。

 

本編の旅行記としてはこのページで最後になりますが、その他の専門ページはサイドにあるカテゴリー別に分けて書いていますので、そちらをお楽しみいただければと思います。

 

(本編の第1話はこちらです)

 

ここまで本当にご拝読ありがとうございました。また別ページをご参考にエンジョイライフを!



両親に初めてのカジノ旅行を案内

海外カジノに行かなくなった理由はチワワ』からの続きです。

ペットのチワワのおかげでカジノ病は収まっていました。私はカジノを我慢しいつの間にか3年目に突入してました。

もう3年か~

つい昨日のような長かったような日々に感じました。

 

 

私の生活は落ち着き順調です。

この頃から新しくIT関連の会社を立ち上げて、社員を雇って毎月やりくりしています。

会社のスタートアップは一番忙しくなるので彼女を新しく作るとかカジノに行くのも忘れて、全て愛犬の愛情が支えてくれてると感謝でした。

愛犬と3年目の生活となり絆も厚く感じました。

 

 

ある日、久しぶりの両親と家族旅行の計画が浮上しました。

両親との旅行は小学生以来です。

両親たちは海外旅行へ行ったことがなくて、当時は韓国ブームもあったことを機に韓国へ行きたいと言ってきました。

確かに安いし近いしと初めての海外旅行だと無難な場所です。

 

 

う~む、韓国か・・・私は悩みました。

まさか、またカジノ病が発生しないかな?

と。

それが気になって、他の国は無いかなと検討もすることに。

 

 

両親に電話をかけ、

『(カジノが無い)台湾はどう? 中国の北京や上海は興味ないかな?』

と聞いてみましたが、すでに韓国について調べていたり興味が向いてしまっていたので結果的にソウルへ行くことになりました。

 

 

ちなみに両親には私が海外のカジノ狂いだったことは知りません。

まさかそんなに頻繁に韓国に行っていたなんてことも知りません。

会社を起こして潰して、また会社を起こしたことくらいしか知りません。

 

このときの私は20万円しか使える余裕がないため自分で航空券を買い、両親たちとも身の丈に合うくらいの格安サイトでホテルを予約しました。

当時とは違い、この頃はVIPで行くことができませんし、あのサービスを受けるとまた行きたくなる事は確実です。

私は返済不履行になったのでカードも使えません。

両親とは住んでいるところが遠いため、現地集合です。日時を合わせ韓国のインチョン空港で待ち合わせることにしました。

 

 

 

当日、愛犬をペットシッターへ預け、私は1人空港へ行き搭乗。

久しぶりのエコノミーです。

何年振りだろうか。

でも、長く飛行機へ乗っていなかったことが良かったのか苦に感じませんでした。

搭乗の際、ビジネスクラスの席を見たときに、私は自分でショックに思わないか心配でしたが、新しい仕事で上手く行きだして余裕が出てくればまたその内に乗れるさと軽く流せる思考で落ち着いた感覚でした。

エコノミーでも機内食も出るし私は満足な気分で過ごせました。

過去が贅沢過ぎたのです。

今の自分は落ち着いて大人になったのかな?と。

 

そして韓国へ到着し、両親と合流。

電車でミョンドンまで行き、予約しといたヒルトンホテルへ3人1部屋で泊まることにしました。

ヒルトンはセブンラックカジノがあり、街まで歩いて行けるので便利がいいしホテルの知名度も高いので両親は安心でした。

両親は何もかもが初体験なので喜び満足気でした。

私は経験を活かし、あちこち案内することができました。VIPサービスが無いので食事も何もかも自腹です。

 

 

街中でお手頃価格の食事をし、一切無駄使いせず、夜になりホテルへ戻ると父親が、

『おい、カジノに行ってみないか?』

と言い出します。

私はビクッとします。あまりギャンブルのイメージは無かった父親だったので少し予想外だったのです。

散々VIPで負けてきたセブンラックカジノは客が多いし勝てる気がしないと躊躇しましたが、そんなことは何も知らない父親は初体験したいようなので連れて行くことにしました。

 

 

私は長くしてないし、一生に一度、今日だけお付き合いとしてカジノ解禁だなと自分で許可をだしました。

母はホテル近くやショッピングに出かけ、私は父とカジノへ行き、初心者でも分かりやすいルーレットへ座りました。

最初は3万円だけチェンジし、赤か黒へ少しずつ賭けて楽しむことにしました。

このときの私の3万円は100万円の重みを感じるチップに思えました。昔の知り合いに会ってしまわないかもドキドキしてました。

 

 

父もすぐルールを覚えることができ楽しめています。

私は段々と赤か黒かだけでは増えないと思い少ないチップを全部勢いで数字へ賭けてしまいました。

台は客だらけで、チップも山盛り全ての数字へ賭けられています。私は怪しいと思い、0と00に5000円ずつと大目に賭けました。

 

他の数字へは少なめ均等に賭け強弱付けました。父も私が全部賭けたのを見て赤へ全部賭けました。

親子で全賭け勝負です。

父は赤来い!と祈り念じてます。目を大きく開けて円盤の玉を追いかけます。

 

 

コロン。

 

 

・・・入ったと思ったら横へ流れ、0に入りました。

私は大当たりです。

175000円になり戻ってきました。

父は大喜びです。

当時は100万円のやり取りばかりだったのに、これが久しぶりの大金に思えました。

 

私が毎月必死に頑張って仕事して得られるお金がこの一瞬で!

やはりこの瞬間がたまらないんです。内心ではまたやりたくなってしまうんです。

私の勘が見事に当たったのは、ルーレットでは0か00に入ると赤と黒は外れとなります。

0と00は緑だからです。

 

 

数字に全面に山盛りチップが賭けられてる場合、0か00で飛ばしてしまうパターンが結構多く感じるからです。

0か00で終わらせればディーラーもたくさんのチップを選り分けなくていいし手間が省けます。

 

父が全賭け最後などするから0に入ったのだとも私は思いました。

父の引きの弱さが赤も黒も付けなかったのだとも思えて笑ってしまいました。

私は勝った分でそのままバカラへ移動し、久しぶりにトランプを触りたいと思いました。

やはり楽しいんです・・・刺激的です。

ドキドキ・冷や冷やと脳が刺激されます。

当てたり外れたり。

勝ちたいけど過去の経験が頭を過ぎり私は理性を抑えながらプレーしました。

 

 

そのまま父と6時間ぶっ通しでバカラをし、結果全て負けましたが悔いなしです。

父もドキドキを体験できて楽しかったようです。

私は負けたけど満足でした。長年の我慢をその日の6時間で満足できたのですから。

また来たいと思いましたが、現地のカジノは1年に1回できればいいと思えるようになったのです。

 

 

カジノで勝ったらたまたまの臨時収入と思うべきですね。カジノで勝って生活しようとか支払いしようなど、昔の私のようになると最低です。

こうして親子満足で家族旅行を無事終えることができました。

 

カジノ通いを辞めてから5年後』に続きます。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。