仮想通貨(ビットコイン)で儲ける方法は?

ビットコインを始めとする仮想通貨に投資することで、利益を得られる可能性はあります。

今回は仮想通貨投資についてあれこれ調べてきたミスターSが、基本的な考え方や価格の上昇下落要因、また仮想通貨と税金の関係について解説します。

 

■仮想通貨投資を行う際の基本的な考え方

まずは、仮想通貨投資を行う際の基本的な考え方をおさらいしておきましょう。

 

・基本的には株式やFXなどと大きく変わらない

仮想通貨とはいえ、基本的な投資手法は株式やFXとさほど変わりません。

下がっている時に買い上がった時に売れば差額が利益になるなど、根本的な部分は同じです。

すなわち、株式やFXで学んだ投資手法がある程度通用することにもなります。

100%ではありませんし仮想通貨には仮想通貨の特性がありますが、株式やFXの経験がある人はゼロベースで始めるよりは有利です。

なお、ミスターSが実践しているFXの様子は別ブログでも公開しています。

 FXの稼ぎ方ブログはこちらから

 

・現物だけでなく、FXやマイニングなどの手法もある

仮想通貨投資には、現物取引の他にFXやマイニングといった手法もあります。

現物取引は文字通り仮想通貨の現物を売り買いして利益を上げる手法です。

もっとも一般的なやり方と言ってもよいでしょう。

仮想通貨FXは実際に仮想通貨の売買を行うのではなく、注文により建玉を保有しそれを決済して利益を得る方法です。

特徴としては、「レバレッジをかけた取引を行える」「売りポジションを持つことができる」などが挙げられます。

 

マイニングは厳密に言うと投資手法ではありませんが、仮想通貨を用いて利益を得る方法の一つです。

仮想通貨はブロックチェーンと呼ばれる技術で分散管理されているものがありますが、ブロックチェーンにおける取引台帳を管理するのには膨大な計算能力を必要とします。

その計算処理に協力した端末の持ち主に対価として仮想通貨を付与する、これがマイニングです。

マイニングで得られた仮想通貨は通常と同じように取引売買にも使えますし、対象店舗で決済に用いることも可能です。

 

・仮想通貨の保有にはいくつか方法があるが、基本的には自前のウォレットで保管

購入した仮想通貨を保有するには、いくつかの方法があります。

分かりやすいところだと、取引所を介して購入した仮想通貨をそのまま取引所に預けておくなどが挙げられるでしょう。

ただ、この保管方法だと取引所がハッキングされて仮想通貨が流出するというリスクがあります。

そのため、取引所ではなく自前で用意したウォレットに保管するやり方を選択する人も多いです。

ウォレットにはハードウォレットやソフトウォレットなどさまざまな種類があるため、それぞれの特徴を把握して自分に合ったものを選ぶことが大事です。セキュリティを重視するのであれば、オンラインに接続されていないコールドウォレットをおすすめします。

 

 

■ビットコインとアルトコインはどっちを選ぶべき?

では、次に仮想通貨投資を行う場合、ビットコインとアルトコインのどちらを選ぶべきかについて解説します。

 

・取引所によって扱っている銘柄は異なる

まず大前提となるのが、「取引所によって扱っているコインが異なる」という点です。

たとえば、国内大手取引所であるbitFlyerでは、仮想通貨の代表格であるビットコインの他にイーサリアムやライトコイン、モナコイン、リップルなどの銘柄も取り扱われています。(2021年1月現在)

有名なコインであれば取り扱っている取引所も多いのですが、マイナーなアルトコインの場合はそうもいきません。

そのため、まずは自分が取引を考えている銘柄を扱っている取引所を見つけ、アカウントを作成する必要があるでしょう。

 

・基本的にはビットコインを追えば問題ない

仮想通貨投資を行う場合、基本的にはビットコインを追う形で問題ありません。

それにはいくつかの理由があるのですが、たとえば「流動性の問題」「アルトコイン購入における問題」「分散性の問題」などが挙げられます。

仮想通貨といえばビットコインを思い浮かべる人も多いのではないかと思いますが、その知名度の高さがそのまま優位性に置き換わります。

仮想通貨取引を行う人は知名度の高さから「まずビットコイン」になることが多く、ビットコインを選択した場合は取引の流動性がある程度担保されています。

 

同時に、保有している人数が多いことによる価格の安定性も挙げられるでしょう。

たとえば、マイナーなアルトコインであれば保有者と数量が偏ってしまっているため、少人数の動向が市場に大きな影響を与えることも少なくありません。

その状態で安定的な取引を行うのは少々難しいものがあります。

また、アルトコインを購入する場合、一旦ビットコインを購入してからアルトコインに交換するというやり方がよく用いられます。

仮想通貨は異なる銘柄間での交換も可能なため、まず知名度おより取引性能の高いビットコインを購入するという選択がベターになるわけです。

 

・大きく儲けたいのであれば、アルトコインや草コインを選ぶ手も

基本的にはビットコインを追う形で問題ありませんが、大きく設けたい場合はアルトコインや草コインを狙うという手もあります。

ビットコインはその知名度の高さから既に保有者も多く、比較的値動きも安定している節があります。

一方、これから知名度を上げていく必要のあるアルトコインや草コインであれば、何らかのきっかけによる爆発的な伸びも期待できるでしょう。

ただし、リターンが大きい分リスクも高いため、大きな損を被る可能性があることは覚えておかなければなりません。

 

 

■仮想通貨の価格が上がる要因

それでは、次に仮想通貨の価格が上がる要因について解説します。

仮想通貨の価格動向は複雑な事情が絡むため一概には言えませんが、おおよそ下記のようなイベントが起きることで、上昇傾向がもたらされます。

 

・仮想通貨そのものの価値が高く評価される

一つ目は、仮想通貨そのものの価値評価が上がった時です。

「仮想通貨での決済が身近になった」「先進的な技術を取り入れ取引に優位性がもたらされた」「有名人が太鼓判を押した」などが挙げられるでしょう。

株式にせよ仮想通貨にせよ、定められた価格は存在せず、値は市場の需要と供給によって決まります。

基本的に銘柄の評価が上がれば値も上昇しますので、保有したい銘柄が市場からどのように評価されているのかをチェックしておきましょう。

 

・仮想通貨銘柄の知名度アップ

仮想通貨銘柄の知名度が上がることで、価格が上昇します。

知名度が上がれば「コインを保有したい」と思う人が増えるため、需要の拡大が見込めます。

知名度が上がる要因としては、「有名企業との提携が決まった」「大企業での決済が可能になった」「ポジティブなニュースが大々的に報道された」などが挙げられるでしょう。

一例として、リップル(XRP)が2018年に米マネーグラム社との提携を発表した際に価格が大幅に上昇したことなどが挙げられます。

 

・仮想通貨取引所への上場

最後に挙げられる上昇要因は、仮想通貨取引所への上場です。

仮想通貨の利便性の高さを活かして個人間で直接取引することも可能ですが、それでは流動性が上がりづらいため、通常は取引所を介して売買が行われます。

そこに上場するということは、銘柄の流動性が上がることに繋がります。流動性が上がれば比較的好きなタイミングで売買しやすくなるため保有意欲が高まり、価格上昇のきっかけになります。

また、有名取引所への上場が知名度アップに繋がることも要因として挙げられるでしょう。

 

 

■仮想通貨の価格が下がる要因

では、逆に仮想通貨の価格が下がるのはどんな時なのでしょうか。続けて、仮想通貨の下落要因について解説します。

 

・仮想通貨の価値評価が下落

仮想通貨銘柄の価値評価が上がれば価格は上昇しますが、逆に下がった場合は下落する可能性が高いです。

一例として「トランザクションの処理に時間がかかるようになった」「予定されていたアップデートが行われなかった」「著名な人間によるネガティブなメッセージ」などが挙げられます。

長年運営されていればコインの価値評価が下落することも当然ありますが、問題はそれが一時的なものかどうかです。

一時的な下落であれば値が戻ることも考えられますし、長期的なものであれば浮上するのは難しいかもしれません。

運営側が、どの程度コインの価値評価を上げるよう努めているか、も判断材料になりえます。

 

・仮想通貨への信頼性が低下する

仮想通貨銘柄への信頼性が低下することで、価格が下がる要因になります。

仮想通貨は法定通貨とは異なり、政府や国による価値の保証がなされていません。そのため、仮想通貨そのものに対する信頼性が揺らいでしまうと、法定通貨以上の下落が発生する可能性があります。

信頼性低下要因としては、「サービスや提携の解除」「管理システムや開発における不備」「内部のゴタゴタ」などが挙げられるでしょう。

今まで使えていたところで仮想通貨が使えなくなってしまうと、利便性の低下から信頼性を損なうことになります。

また、仮想通貨を管理しているシステムや開発要件の不備があると、正確な取引を行えなくなってしまうリスクも生じます。合わせて、内部のゴタゴタが生じコインの先行きが不透明になることでも価格下落リスクが発生します。

 

・国策による規制

仮想通貨(ビットコイン)は中央集権ではなく、世界中で分散管理されているのが特徴です。

それだけに各国の事情に依らない管理運営が可能なのですが、国によっては仮想通貨の取り扱いに制限を加える可能性もあります。

影響力の大きい国で仮想通貨の取り扱いに難が生じると、価格の下落が見込まれるでしょう。

実際に規制がなされなくとも、「規制を検討している」という発表がなされただけでも価格下落要因になる可能性があります。

現状はおおむね自由な市場が形成されていますが、仮想通貨取引を行う場合は各国の政策に目を光らせておく必要があります。

 

 

■仮想通貨ならオンラインカジノでも増やせる

ビットカジノに代表されるように、今では仮想通貨専用のオンラインカジノが出ています。

さらに、後を追うように既存のオンラインカジノたちも次々と仮想通貨での入出金に対応を切り替えてきました。

今では現金を使わずとも、ビットコインを入金してカジノで増やして、またビットコインで出金する流れが海外では普通の光景になっています。

 

・仮想通貨は大きなメリットがある

オンラインカジノに仮想通貨で入出金すると何が良いのかというと、一番大きいのはビットコイン自体に信頼性が持たれるようになったことです。

通常、初めてのオンラインカジノに登録して出金する際には必ず本人確認書類を求められます。

ですが、仮想通貨の場合なら本人確認書類が不要というオンラインカジノが多いのです。

登録時にもメールアドレスだけで参加できるほどシンプルに始められるのは仮想通貨プレイヤーだけの特権です。

 

・仮想通貨なら本人確認書類が不要なオンラインカジノの種類

ミスターSが実際にプレイもして出金も確認できているところで言うと下記が良いと思います。

 ビットカジノ

 ワンダーカジノ

 

 

■まとめ

仮想通貨投資は株式やFXと大きく変わるところはありませんが、コインの保管や利益損失の確定タイミングなど、仮想通貨ならではな部分もあります。

仮想通貨のことをしっかりと学び、堅実な投資を行いましょう。

 



this is default footer data

日本人プレイヤーが最も多いと噂のサイトです

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。特に通信費が掛かるってこともありません。また、インストール式ではなくブラウザ式なので、普通のサイトにアクセスするのと同じです。


スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。










【入金方法】
クレジットカードなら即時反映されるのですぐに遊べます。

日本のクレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

【勝利時の出金方法】
ベラジョンカジノなら銀行振込で送金してもらえるようになりました。



【いただいた質問】
●登録には免許など身分証が必要なのかと問合せがありましたが、カジノ自体では少額なら不要です。 決済方法がecoPaysなどならスムーズに換金できます。

●このカジノで15連敗するとか聞いたけど本当かって内容ですが、そんなのは海外のカジノで私も普通にありましたし、日常茶飯事に起こりえる話なので、追求したところで意味を成しません。


最初は無料お試しで遊べるので、まず雰囲気を感じ取ってからプレイされると良いかなと思います。

 まずは体験版から試してみる









また、上級者向けにハイクラスなカジノも教えています。
出金上限額がなくて即時で引き出せるカジノ、臨場感あるライブカジノ、本人確認不要のカジノなど、全国ですでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われています。
入出金がスムーズで、日本語対応していて、ストレス無くプレイできるオンラインカジノをミスターSが実践して厳選しました。

 ミスターSがこれまでに実践して確かめた優良オンラインカジノ一覧を見る




FXと仕事の両立で失敗する理由とオススメの投資方法3つ

コロナ影響で副業を推奨している企業も増えてきているため、副業についての情報をたくさん集めている人も多いと思います。ミスターSは色んな投資を実践してきましたが、もちろんトータルで潤っています。

その中の選択肢のひとつが「FX」です。FXと聞くと

「投資って危険なんでしょ?」

「ギャンブルみたいで怪しくない?」と感じる人も多いでしょう。

結論からいうとFXが危険か安全かを決めるのは「自分次第」です。

投資をしない人は大きなリターンを得るストック収入を持てないので、800円やら1200円なんかの時給換算の人生から一生抜けることはできませんが、投資をしている人は500万、1000万の世界を日常的に見ています。

近所で3階建ての一戸建てに住んでいたり、BMWやベンツに乗っていたり、タワーマンションに住む人たちは何らかの投資によって資産を膨らませた人が多いです。

レバレッジをコントロールしてしっかりリスク管理をすれば、FXでもオンラインカジノでも副業として利益を確実に出し続けられます。

 

今回は、

・仕事とFXの両立が向いている人の特徴

・仕事とFXを両立するメリット

・仕事とFXの両立で失敗する理由

・仕事とFXを両立させるおすすめの方法

の大きく4つに分けて解説していきますので「FXを副業にしたい!」「FXでの失敗を減らしたい!」という人は、ぜひ最後まで読んでください。

 

なお、ミスターSが実践しているFXの様子は別ブログでも公開しています。

 FXの稼ぎ方ブログはこちらから

 

 

 

 

 

《仕事とFXの両立が向いている人の特徴3つ》

仕事と一緒でFXも「向いている人」と「向いてない人」に分かれます。

FXは実際に自身のお金を「証拠金」としてFX会社に預けて為替差益や金利を狙って利益を得る金融商品のひとつです。

しっかりとした知識を身につけるだけでなく、自身の性格や特性を理解しておく必要があります。

ここからは「仕事とFXの両立が向いている人の特徴」について解説していきます。

 

【仕事とFXの両立が向いている人の特徴1】学ぶことが好きな人

FXは仕組みを理解するだけでなく、世界のニュースや政治経済の動向など幅広く学ぶことがとても重要です。

そのため、日々コツコツと努力することや、学ぶことが好きな人は向いている傾向にあります。

自身の投資スタイルを見つけても失敗することは少なくありません。

失敗した原因を考え、次に活かすための改善策を学んでいくことができる人はFXに向いていると言えるでしょう。

【仕事とFXの両立が向いている人の特徴2】貯金ができる人

FXを「ギャンブル」とするか「投資」とするかは自分次第ですので、普段のお金に対する考え方で向き不向きが分かれます。

ストレスをお金の消費で解消する人も多いですが、ギャンブル好きや消費・浪費をしてしまう人は向いていない傾向にあります。

逆に計画的に収入支出を考え、節約をしてコツコツ貯金をしている人は、FXでも計画的に投資ができるでしょう。

お金の管理ができていない人ほど冷静な判断力が欠落しています。

普段から将来などを考えて貯金などをしている人は相場の極度な変動や、大暴落時にも冷静な判断ができる傾向があるので、FXに向いているといえるでしょう。

 

【仕事とFXの両立が向いている人の特徴3】効率的に副業したい人

副業をして収入を増やしたいという人も多いですが、平日の本業が忙しく、土日にアルバイトをして稼いでいるという人も少なくありません。

しかし休日を利用して副業するため、その分精神的にも肉体的にも疲弊してしまい本業のパフォーマンスが低下してしまいます。

そのため「隙間時間を利用して副業をしたい!」という人にとってFXは最適な副業と言えます。

なぜなら、FXは24時間取引が可能だからです。

早朝や昼休み、帰宅後などの隙間時間でも取引が可能なため普段から忙しい主婦やサラリーマンにとって有効な副業になります。

 

《仕事とFXを両立するメリット3選》

FXは事業でなく「資産運用」に該当するので副業として扱われません。

ここからは「本業とFXを両立するメリット」について解説していきます。

【仕事とFXを両立するメリット1】本業に依存しなくなる

本業とは別にFXで資産運用を計画的に行うと「不労所得」を得られるので、本業への依存度が下がる傾向にあります。

収入の柱が増えることでストレスが減り精神的にも安定するので、仕事のパフォーマンスが上がるだけでなく本業に固執しなくなる傾向にあります。

 

【仕事とFXを両立するメリット2】税金が安い

副業の内容によって異なりますが一定の所得を超える場合、税率が30%まで増加します。

それに比べFXは所得税と地方税の合計20%で申告分離課税に該当し、本業の給与とは別で考えることができます。

税金が高いということは、その分の収入が減るということです。

よって税金の点においてもFXは副業として選ぶのは最適な手段といえます。

【仕事とFXを両立するメリット3】お金の失敗が少なくなる

投資に「絶対」は存在しないため、失敗がつきものです。

よって、早いうちに少額から投資を経験して、たくさんの小さな失敗を経験することが重要です。

欲を出して大きな金額を動かした結果の失敗をカバーするのはとても困難なだけでなく、大きな金額を動かしたことが原因で多額の借金を抱えてしまったケースも少なくありません。

早いうちから少額で取引することによって、小さな傷で学びが多く得られます。その経験がやがて成功の近道となります。

 

《仕事とFXの両立で失敗する理由3つ》

FXを最適な副業として選んでいる人が多いと思いますが、FXは投資額やトレードのタイミングによって結果が大きく左右されます。

何が原因で負けているのか分からない状態でトレードを続けることは大変、危険な行為です。

ここからは「仕事とFXの両立で失敗する3つの理由」について解説していきます。

【仕事とFXの両立で失敗する理由1】エントリーのタイミングが適当

FXで失敗する人の多くは適当なタイミングで売買をしているケースが多いです。

適当な「買い」と「売り」を繰り返すことで根拠のない自信が付き、大きなお金を動かした時に多額の損失をする人も少なくありません。

・現在のレートが高いのか?安いのか?

・このタイミングが買いなのか?売りなのか?

・利益確定と損切りのタイミングは?

独自のスタイルを見つけずに、その場の気分次第でエントリーすることは大きな失敗につながるため注意が必要です。

【仕事とFXの両立で失敗する理由2】レバレッジ管理ができていない

FXで失敗する人の多くは「レバレッジ」が極度に高い傾向にあります。

長期や短期のトレードに関わらず、少しの暴落で強制ロスカットされ大損につながる可能性があります。

「大儲けしたいから」

「暴落してもなんとかなる」

「また取り戻せばいい」

と安易に考えていると、大きな負けを繰り返してしまうので注意しましょう。

 

【仕事とFXの両立で失敗する理由3】欲が出て損切りしない

FXで特に多いのが損切りをしなかったがために大損失してしまうケースです。

「暴落はないだろうし大丈夫!」と安易な気持ちでポジションを取ってしまう人も少なくありません。

レートが大きく変動しない場合は問題なくても、暴落はどのタイミングで起こるか分かりません。

「自分は大丈夫」と過剰な自信を持つことは大損失につながる、大変危険な考え方です。

利益確定や損切りのタイミングを考えずに「ノリと勢い」でトレードを続けてしまっている人は注意が必要です。

 

《FXと仕事を両立させるおすすめの方法3つ》

FXを最適な副業と考え資産を運用している社会人も多いと思います。

しかし「専業トレーダー」ではないので、常にFXに注力できるわけではありません。

・早朝
・通勤時間
・お昼休み
・帰宅後

などの隙間時間を使って投資している人がほとんどです。

365日24時間を投資する時間に使えないということは、本業中に暴落して損失が増えても気づかない可能性があるということです。

現に本業中でもトレード状況が気になって仕事が手につかないという人も少なくありません。

ここからは「仕事とFXを両立させるおすすめの方法」について解説していきますので、自身の投資方法と比べてみてください。

【仕事とFXを両立させるおすすめの方法1】長期トレード

本業中はトレードに注力できないため、好きな時間で短期トレードをしている人が多い傾向にあります。

ルールをしっかり決めて勝ち続けている人は問題ないですが、短期トレードで勝てない場合は「長期トレード」に切り替えるのも手です。

トレード方法によって長期トレードといえる期間も変わってきますが、ポジションの保有期間を少なくとも半年から1年間で考えておくと短期トレードと違って投資方法が変わってきます。

しかし投資はいつ何が起こるか分からないので、保有途中に利益確定や損切りをするタイミングが来てしまうかもしれません。

 

ただし長期トレードは取引した時点で常にやるべきことは「確認して何もしない」ということです。

長期トレードは短期トレードの違い、取引のタイミングがすこし遅れても問題ない場合がほとんどです。

取引回数も短期トレードと比べて非常に少ないので、取引が好きな人は「つまらない」と感じてしまいますが、より安全に取引するために長期トレードは有効な手段と言えます。

【仕事とFXを両立させるおすすめの方法2】スワップ投資

チャートを予測して取引タイミングを図ることも重要ですが、より安全に取引するためには「スワップポイント」を狙うことのもひとつの手です。

基本的なトレード方法とは異なり、買い(売り)をしたら決済せずにそのまま持ち続けることで資産を増やすことのできる投資方法です。

スワップポイント投資は基本的に「保有」することで資産を増やすことができるので、普段から忙しいサラリーマンなどにとっておすすめの投資方法といえます。

各FX会社や保有し続ける通貨やロット数で得られるスワップポイントは異なりますが「普段から忙しいから大きな利益を狙う」のではなく、数年後まで保有して資産を増やすという投資方法に切り替えることも重要です。

【仕事とFXを両立させるおすすめの方法3】自動売買

FXには一般的な取引方法とは別にループイフダンやトラップリピートイフダンなどの「自動売買」での取引があります。

自動売買は基本的に指定した価格で売り買いを繰り返す方法で、新規注文や決済注文を自身で行う必要がありません。

普段から忙しくて注力できない人でも効率よく利益を確定することができます。

 

投資のほとんどがレンジ相場の中で行われるため、上がり下がりの中で多数の利益を確定することができるおすすめの方法です。

いくつかの設定から取引方法を選ぶだけで簡単に取引を始められますが、自動売買の場合はトレンドによる影響を受ける相場には非常に弱いので注意が必要です。

自動売買をよく理解したうえでトレンドを気にしつつ、レンジ相場内で安全な投資を心がければとても心強い投資方法となります。

《【まとめ】利益よりもローリスクを優先する》

FXを副業として選択する人も多いですが「ギャンブル」か「投資」にするかは自分のやり方次第で変わってきます。

勉強せずに、ノリと勢いで取引をして成功が続くと「根拠のない自信」がついてしまい、大きなお金を動かして大損失する危険があります。

一度に大金を得ようとするのではなく取引を分散して行うことでリスクも分散され、より安全に資産を増やすことができます。

いついかなる時も「大暴落に耐えられる管理」を徹底して素晴らしい投資生活を送りましょう。

 



this is default footer data
error: