カジノで払うチップは国や店によって違う

カジノでは、どこの国でも現金をチップにチェンジして賭けます。

チップとは、プラスチックでできたコインのようなものです。

 

 

国により異なるというか、カジノの店舗により、チップは全て異なります。その店舗専用ルールとなります。

 

 

カジノ店舗により、バーコードが入ってるチップもあったり、赤外線を充て確認するカジノもあります。

現金からチップへチェンジする際、紙幣も赤外線チェックするカジノも増えてきてます。

 

 

 

紙幣へ赤外線充てると、偽札でないかのチェックで、光沢ある文様がでるのですぐ分かります。

チップは、バーコード入りだと、チップから現金へチェンジする際、キャッシャーでカウンターへ置いただけで、いくらあるかが分かります。

 

カウンターの台で、読み取りしてくれるので、最先端ですね。

無い場所は、キャッシャーの方が一枚一枚数えて計算しますね。

 

 

 

私が、マカオへ行った際、面白いチップだなぁ~大きいな~っと思ったのが、古いリスボアホテル内のカジノです。

10万円チップが一番大きいわけですが、普通のチップの倍の大きさで「スタバのクッキーサイズ」です。

しかも手触りがツルツル。

 

行った際は、ぜひ見て下さい。リスボアだけ全然違います。

リスボアというのは、マカオで一番古いカジノです。(昔からの老舗ですね)

 

 

 

チップは、金額も細かく違います。

250円。1000円。5000円。1万円。5万円。10万円。50万円。100万円。500万円。

と、場所により異なります。

 

 

一般プレイヤーの台だと、10万円チップまでが多いですね。

10万円以上のプレーの場合は、VIPルームで高価なチップが多いです。

 

 

 

チップは、現金と同じなので、無くさないようゲームが終わったらとりあえず現金へチェンジしましょう。

ラスベガスのチップが一番高くチェンジできるかもですね。

 

 



トータルで唯一プラスになってるサイトです

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。特に通信費が掛かるってこともありません。また、インストール式ではなくブラウザ式なので、普通のサイトにアクセスするのと同じです。


スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。











【入金方法】
クレジットカードなら即時反映されるのですぐに遊べます。

日本のクレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

【勝利時の出金方法】
海外口座のecoPaysを作っておきます。ベラジョンカジノからUSD(米ドル)をecopayzに送ればJPY(日本円)に変換できるので、そこから日本の銀行宛てに送金でOKです。

だいたい3営業日くらいで送られてきます。




【いただいた質問】
●登録には免許など身分証が必要なのかと問合せがありましたが、カジノ自体では少額なら不要です。 ただし、決済するためのecoPaysなどは必要になります。

●このカジノで15連敗するとか聞いたけど本当かって内容ですが、そんなのは海外のカジノで私も普通にありましたし、日常茶飯事に起こりえる話なので、追求したところで意味を成しません。


最初は無料お試しで遊べるので、まず雰囲気を感じ取ってからプレイされると良いかなと思います。

 まずは体験版から試してみる



マカオのカジノでのバカラ賭け方・ルール・完全攻略

マカオは第二のラスベガスですね。

マカオは、中国人観光客が多いです。

bakara1-3

 

中国人は、ギャンブル好きな方が多いので、マカオはかなりのお客さんでどこもいっぱいです。

カジノのゲームの中でも、大人気なのがバカラです。

富豪たちがみんな必死に小さなトランプをめくることに集中します。

 

 

 

バカラのルールは、赤プレイヤー、黒バンカーと、赤か黒を当てるゲームです。

数字を足して9が一番強く、9に近いほうが勝ちです。

罫線と呼ばれる、流れを見て予想し賭けます。

 

 

 

トランプをめくれるのは、賭け金が一番多い人が一人めくれます。

テーブルにより、最低ベット額が設定されており、安価な台は5000円からが相場です。

 

 

高く設定されてる台は、VIPルームなどの場所へ有り、最低3万円から、10万円~、20万円~など上には上があります。

中には1000万円ずつ賭けれたりなどもあります。

 

 

まぁ、多いのは、やはり5000円レートの台です。

だいたい、10万円手元へチップ持ってゲームに臨んでます。

 

 

 

勝ち方は、さまざまですが、2分の1の確率なので、当たったら2倍。

ドローのとこへ賭けてれば、当たりなら8倍。
(赤と黒が同じ数字の場合)

ドローが出る確率は、1ゲーム60回とした場合 6回出れば良いほうです。

 

 

 

ペアーのところで当たれば、11倍
(ペアーとは、同じ数字が2枚出た場合)

両方とも、2回ほどしか出ない場合もあるので、流れを見て判断すべきですね。

 

 

 

赤か黒かで、少しずつ賭けて当てるほうが大負けはしませんが、これだと大勝ちするのは時間が掛かりますね。

散りも積もれば山とはなりますが。

 

 

 

短期集中型で、早く勝って、大きく勝ちたい、っという方は、運ですが倍賭けしていけば早いです。

連続で10回当たれば倍賭けとなると、

1枚が2枚へ。2枚→4枚。4枚→8枚。8枚→16枚。16枚→32枚。

32枚→64枚。64枚→128枚。128枚→256枚。256枚→512枚。

1枚1万円とすれば、512万円になることになりますね。

 

10回連続で当たることは、まぁ少ないですが、単純計算で考えれば効果的ですのでお試しあれ。