ベネチアンのバカラで大負けしてた紳士

グランドキャニオンとレッドキャニオンの初ツアーに感激』からの続きです。

ラスベガスに来て、グランドキャニオンとレッドキャニオンを楽しんだ翌日はまたカジノです。

どこのカジノが相性良かったかなと一通りの流れを考えました。

あそこは勝てたけど、あそこは負けた、など確率で計算すると、まずウィンは駄目だった!

消去法で決めることにしました。勝つか負けるかなど分からないのに。

 

今思うと、どこでしても同じだと思ってしまいます。

勝つときは勝つ。負けるときは負ける。それがギャンブルだと思います。

歩くの面倒臭いし疲れたし、隣で近いベネチアンにしようと決めベネチアンカジノへ行きました。

そろそろ気合入れて1000万円ほど勝って帰らなければと思いました。

 

 

ベネチアンへ着きバカラ台を見渡すと、一人紳士風な外国人のおっちゃんが一人でプレーしていました。

まだ始まったところだったので私は同じ台へすわり、おっちゃんを観察して賭けるタイミングをみてました。

私は200万円チェンジ!おっちゃんは、1000万円ほどのチップを手元に置き30~50万円ずつ賭けて当てたり外れたりです。

5回ほど見て私はどっちに賭けようか予想がつかなかったのでおっちゃんの反対ばかりを賭けることにしました。

不思議なことに私は当たり、おっちゃんは外れ。

おっちゃんが外れたので更にずっと逆へ賭けました。おっちゃんは、外れても無表情です!

私は、相手のことなど気にしないよう心がけ申し訳ないけど逆へ賭けます。

 

おっちゃんは15回連続外れましたが無表情なのです。

あんなに無表情で賭ける人は珍しいと思いました。誰でも外れすぎたら顔にでるし声もでます。

悔しい~とかムカつく~とか。

でも無口で、無表情です。

 

カジノのディーラーも私を見て連続外れだねと目で訴えます。

逆や。逆。とディーラーまでもが笑ってトランプを配りました。

 

 

私は、こんなに連続で当たるとは想像もしませんでした。何も考えず引き続き逆へ賭けました。おっちゃんは、35連続ほど外れ続けました。

チップが全て無くなり退散しました。退散する際も、溜息もつかずにすーっと席を立ち去っていきました。

ある意味紳士ですがお金があり過ぎて1000万円負けても悔しくないのか?私は疑問でした。

 

 

どんなにお金持ちの人でもお金というより当たらないことに腹を立てる方はかなり多いのにです。まぁ負け続けて文句ばかり言う人やディーラーに八つ当たりしたりする人がたまにいますが迷惑ですね。

気持ちは分かるけど、ぐっと抑えて部屋に戻って欲しいし、外へ出て叫んでくれと思いますね。

1000万円も負けたら私だったら声を出す気力すら無くしてしまうと思いました。私だったら撃沈し寝れないかもです。

 

 

結果、私は逆に35連勝したので約プラス200万円になったので違う場所へ移動することにしました。

その足で向かいにあるホテルへ行くことにしました。

小さなカジノでしたがバカラの台を探しました。ミニバカラを発見したので座ってみました。

小さなカジノなので50万円チェンジ!

中国系のおばちゃんが座っており5000円ずつ少しずつ賭けて楽しんでいました。

私は2万円ずつ賭けました。

当てたり外れたり、中々連続では当たりません。

 

さっきのおっちゃんの席で運を使い果たしてしまったのか?疑問です。

しかし外れたら悔しいので賭け続けました。

 

 

30分後、最後の3万円を賭け外れたので一旦ホテルへ戻ることにしました。

負けだしたことが、夜も遅いし寝ろの合図なのかな?と思いました。

トータル勝ってる安心感があったので明日へ持ち越しとして寝ました。

 

ウィン、ベネチアン、そしてモンテカルロへ』へ続きます。



グランドキャニオンとレッドキャニオンの初ツアーに感激

ラスベガスで激安ショッピング』からの続きです。

この日は、グランドキャニオンとレッドキャニオンへ行くことにしました。一応有名観光地なので、一度は行かなければとの思いでした。

カジノは帰ってから思う存分してやろうという事で後回しです。

タクシーへ乗りヘリポートへ向かいました。

マカオから香港のヘリ以来2回目なので、またドキドキ楽しみでした。

彼女は初めてのヘリ体験だし、喜んでくれるといいなぁ~笑顔を見れることも楽しみでした。
ヘリポートへ着きチェックイン!

案内されるがままにヘリへ乗り込みました。

 

 

ヘリに決めたのは値段は少し高かったけどバスは遠いし、車(タクシー)は微妙だし(値段)、セスナは日本でよく落ちるニュース見るから恐いということで決めました。

ヘリコプターは無難だと判断しました。

落ちることもあるけどヘリなら景色も前面見れるし、丁度良い早さだから楽しめそうだと思いました。

さぁ出発~。

 

意外に出だしが早く斜め上がりで上昇しました。

想像してたのはまず真上へと思いました。マカオからの離陸は真上へ上昇してから進んだからです。

上昇するとベガスの景色が一望でした。

 

めちゃめちゃ感動です。

真下見たら恐いので遠くを見るようにしました。ラスベガスから郊外へ進みサボテンの砂漠上空を進みます。

初めて知ったのが砂漠といえば砂の砂漠エジプトを想像してましたが、アメリカの砂漠は意外にもサボテンが生えてる地でした。

グランドキャニオンに入るとド真ん中の岸壁へ着陸しました。

ど真ん中なので右も左も眺めが一望でした。

 

記念写真を撮り深呼吸。

岩というより石の岸壁でした。

心の中でただの岸壁やんと思いましたが広大さは感動ですね。

運転手の説明で、この土地は全て大昔海の底だったと言われてると聞き、マジ?っと目を疑いました。

 

海鮮の化石も見つかってるらしいです。感動が膨らみました。

恐竜時代のベガスを想像しました。

驚きです。

離陸しまた同じ景色を堪能しヘリポートへ戻りました。

グランドキャニオンはヘリで行くべきですね。大満足でした。

 

一旦ホテルへ戻り、レッドキャニオンツアーのお迎えを待つことにしました。2人の老夫婦がハマーでホテルまで迎えに来てくれました。

 

日本でハマー見かけたら大きいな~、かっこいいね~、とたまに見かけます。

私は、四駆よりセダン派なので普通に思いましたが好きな方にはお勧めです。彼女はご満悦でした。

乗り込みレッドキャニオンへ向かいました!

温かく迎えてくれて、笑顔笑顔です。ゆっくりと英語で語りかけてくれて何となく理解できました。

 

英語が話せる彼女は通訳変わりにもなりました。

30分程で到着すると、そこはふつうの砂利ばかりのただの地帯・なんじゃここ?広大な砂利の駐車場?と思いました。

 

 

何にも無い!

聞くと、大昔、ラスベガス地帯は海の底だったんだよ、と言われグランドキャニオンと同じだったことを知りました。

彼女と二人でビックリです。

なるほど。ここは化石も沢山あるんだよと言われ、化石を探す企画があり次は化石がよく発見される場所へ移動してくれました。さぁ化石探しタイムです。

 

私と彼女は夢中になり地面を探しまくりました。

下ばかり見て歩いて探すと、知らない間に300mほど歩きました。

しかし、石なのか化石なのか分からず結果、見つかりませんでした。夢があるし化石発見できたらと、ドキドキ感がもてるので映画の世界に入った気分でした。

ただの土地でも何かの由来や歴史、言い伝えをちゃんと聞くと考え方も変わり楽しみに変わるんだと思いました。
何でも勝手に自分の想像だと駄目なのかもしれないと反省でした。

この老夫婦も夢や希望を伝えれる仕事と思って頑張ってるのかなぁって思いました。

帰りもホテルまで送り届けてくれました。

 

帰宅後は、ビックリもしたけど癒されるいい場所だったなぁと振り返りました。

一通り観光もしたし彼女も満足しただろうしと思い、彼女へカジノ行こうと誘いました。

 

ベネチアンのバカラで大負けしてた紳士』へ続きます。



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。