少年時代はドラクエのカジノに熱中

今日は少年時代の頃を思い出して少し書いてみることに。

私は世代的にもヒマさえあればファミコンばかりやってました。元々ゲーム好きな人は大人になってもカジノ好きだったりしますね。


ドラクエもよくやっていて、確かカジノが最初に導入されたのはドラクエ4だったかな。

どこかのお城の地下に辿り着くと、本編のおまけ要素でカジノがあって、ポーカーやスロットで遊べて稼いだコインによって商品と交換するってやつ。

 

 

今思うと、ラスベガスとかもお城のようなホテルにカジノがあるわけで、そういうイメージから作られていたり、人間はキラキラした大きな建物にはある意味魅かれるものなんだろうな。

MAXの『はぐれメタルのたて』が欲しくて、ゲームの進行よりもカジノばかりやってたかな。

後から、ゲームのバグで裏ワザを使えば大量コインゲットが可能とか知ったときはガッカリした覚えも(汗)

 

 

ドラクエ10でカジノが流行ってるみたいですね。

え、VIPルームも付いてるんだ。。。

しかも3階建て。。。

ちゃんとジャックポットもあるし。。。


ゲームなのにこんな充実したカジノが私の少年時代にあったなら、学校も行かなくなっていたかもしれません(笑)

あ、バカラは無いのか。ルーレットとスロットとポーカーがメインですね。

こういうのにもバカラが入るようになったらカジノ好きはもっと増えると思うんですけどね。

 

 

Youtubeで動画を見てみましたけど、スロットは3ラインだけ?

ちょっと物足りないんじゃないですか。

でも、メタルスピンとか、フリースピンなどオンラインカジノのスロットを模した設計になってるんですね。

っていうかフリースピン当たっても結構静かだな・・・

それに3ラインしかないから全然当たらないじゃないですか・・・

 

 

オンラインカジノのスロットなら50ライン賭けられるから、複数同時当選とか、当たり方も払い出しのメダルも出方がえげつないんだけどね。

50ラインでフリースピン引くと、時々終わらない感覚に陥るほど連チャンしますし、演出も派手です。

一撃で1億円稼いだ日本人もいますしね。



トータルで唯一プラスになってるサイトです

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。特に通信費が掛かるってこともありません。また、インストール式ではなくブラウザ式なので、普通のサイトにアクセスするのと同じです。


スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。











【入金方法】
クレジットカードなら即時反映されるのですぐに遊べます。

日本のクレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

【勝利時の出金方法】
海外口座のecoPaysを作っておきます。ベラジョンカジノからUSD(米ドル)をecopayzに送ればJPY(日本円)に変換できるので、そこから日本の銀行宛てに送金でOKです。

だいたい3営業日くらいで送られてきます。




【いただいた質問】
●登録には免許など身分証が必要なのかと問合せがありましたが、カジノ自体では少額なら不要です。 ただし、決済するためのecoPaysなどは必要になります。

●このカジノで15連敗するとか聞いたけど本当かって内容ですが、そんなのは海外のカジノで私も普通にありましたし、日常茶飯事に起こりえる話なので、追求したところで意味を成しません。


最初は無料お試しで遊べるので、まず雰囲気を感じ取ってからプレイされると良いかなと思います。

 まずは体験版から試してみる



『プルマンリーフカジノ』のホテルVIPはオーストラリアの贅沢


プルマンリーフ ホテル カジノ
(トリップアドバイザー)

 

 

オーストラリアでカジノを堪能するにはケアンズという街にいって、プルマンリーフカジノというホテルに滞在するとよいでしょう。

なぜならばこのホテル『プルマンリーフカジノ』は五つ星のホテルですので、それだけでも十分満足できるのですが、オーストラリアの贅沢を堪能したいと思うのならVIPになってしまいましょう。

 

 

 
大抵の方がVIPはなるのではなく、なれないと考えるでしょう。

とてもじゃないが、一般人には無理ですと思われるかもしれません。

 

 

 

 

しかし、ここは何よりもカジノレートが非常に安くて、本当にこの金額でいいのかと思うほど敷居が低いことで有名です。

 

 

 

ですので、プルマンリーフカジノでは他の国では考えられないような安い価格でVIP会員になることができるのです。
でもそこはあくまでVIP。

ありとあらゆるサービスをVIPルームで知ることができるのですから、オーストラリアの贅沢を思いっきり楽しむことができます。

 

 

 

 

 

もちろんカジノの点においても、心行くまで堪能することができるので嬉しい限りですが、かける金額は非常に安くて構わないということもうれしいところです。

VIPになれば食事代や宿泊について格安でサービスを受けることができるというのはもちろんですが、それだけではなく一緒にいる方も同じくVIP会員としてサービスを受けることができるのはこれほどありがたいものはないのです。

 

 

 

 

 

 

ですので、彼女とでも奥さんとでも一緒にバカンスを楽しむこともできます。

また全体的に南国らしい作りになっていますので、カジノを楽しんだ後はゆっくりとその周りの景色を楽しむこともできますし、ここはラスベガスとはまた違った雰囲気でカジノが終わったあと、自分の部屋でゆっくりと休めんで、心からいやされて疲れをとると考えて良いでしょう。

 

 

 

 

 
宿泊しても興奮が冷めやまぬままカジノの現地に戻るということがしばしばある各国のカジノである対して、このプルマンリーフカジノではそういったことがなく、ゆっくりとホテルでの宿泊も楽しむことができるのです。

 

 

 

さすが南国ならではの素晴らしい空間とVIPに対するスタッフのきめ細かい配慮がこの安い金額で受けられて、本当に会員になってもいいのだろうかと思うほど嬉しいサービスを受けることができるのが最高です。

オーストラリアでシドニーに行くのではなくこのケアンズに訪れるなら、プルマンリーフカジノに来ることをおすすめします。