最高級メトロポールで快適なモナコのカジノライフ


ホテル メトロポール モンテカルロ
(トリップアドバイザー)

 

モナコ公国と言えば数多くのVIPやセレブレティの間でも憧れの国として認知されていますが、モナコ国内には富裕層の旅行者を受け入れるためにゴージャスなホテルが幾つも点在しています。

 

 

中でも特に格式高いホテルとして知られているのが、モンテカルロの中心部に位置するホテル「メトロポール」です。

 

 

 

メトロポールは正式名称を「オテル・メトロポール・モンテカルロ」と言いますが、ホテルの装飾はインテリアデザイナーのジャック・ガルシアによって行われ、古典的かつ革新的なデザインとなっています。

 

 

メトロポールにはゴージャスでエレガントな部屋が146室ほどあり、その内64室はスイートルームとなっています。

各部屋には行き届いたサービスと最高級の素材を使用した装飾オブジェやインテリア、完璧なアメニティや設備が備えられており、滞在する人に忘れられないひと時を提供してくれます。

 

 

 

また、ホテル内にはクリストフ・キュサックが提供する最高級の地中海料理が堪能できるレストラン「ジョエル・ロブション・モンテカルロ」が併設されています。

ちなみにこのレストランにはミシュランガイドブックによって一つ星が与えられています。

 

 

 

また、ユニークなインテリアが特徴的なバーやレストランだけでなく、スパや屋外の海水プールなどもホテルを訪れる人に優雅なひと時を提供してくれます。

 

 

メトロポールが提供するハイグレードなサービスは滞在する人に余計な手間を掛けさせる事なく、スポーツや食道楽、文化やリラックス、娯楽に関連するサービスをその都度、手配してくれます。

 

 

 

 

メトロポール滞在中にカジノを楽しもう

 

 

 

世界中のセレブリティやVIPでさえも憧れを抱くモナコにはたくさんの高級カジノ&リゾートホテルが点在していますが、中でも格式が高く最高級と言われるホテルが「メトロポール」です。

 

モナコ国内の有名ホテルのほとんどはホテル内にカジノ場が併設されていますが、モンテカルロの中心部に位置するメトロポールはホテル内にカジノ場がないため、カジノに興じる場合はホテルの外へ出て遊ぶ必要があります。

 

 

 

とはいえ、メトロポールはモンテカルロの中心部に位置しているため、カジノを楽しみたい場合は有名なカジノ広場まで徒歩で行くことが出来るというメリットがあります。

 

 

また、メトロポールの付近にはカジノ以外にも高級ブティックや個性豊かなレストランが数多く軒を連ねているため、カジノ遊びに飽きたりお腹が空いた場合はすぐに食事やショッピングを楽しむことが可能な立地となっているのも大きな魅力となっています。

 



本場カジノには金を借りる人間や女を横取りも。

愛車のベンツを450万円で売ってカジノに!』からの続きです。

カジノでは下手に知り合いを作ると金の貸し借りで揉める、というところからです。

実は、私も過去にカジノで他人にお金を貸したことがあるんです。

私の場合は、少し仲良く会話しただけで突然、

『悪いが、お金を貸してくれ』

と言われてそのとき5万円貸しましたが、逃げ出さないか隣りでずっと見張っていました。

 

 

そのときは相手がバカラで勝って増えた時点ですぐ回収したので良かったのですが、利息をつけるわけでもありません。

むしろ恐かった思いでした。

しかもカジノでは、金持ちのおっさんは他人の彼女を横取りしようと接するような人がいます。

お金で女を釣ろうとする作戦です。

彼氏がいるのに間近で口説くおっさんもいます。

 

女性はかなり気を持って注意しなければと思いました。

私の彼女も仲良くなれたと馬鹿なことを考えないよう常に疑い見張るようにしました。

次こんなことがあれば二度と一緒に海外へは行けないと胸に秘めました。

彼女は打たれ強いのか苦笑いで聞き流しました。

ギャンブルの場所では相手に気を使ったり、嫌な思いになる雰囲気を作る相手との行動はNGです。

 

 

勝てる気が無くなりイライラとストレスも溜まります。

同行する相手を選び直した方が無難かもしれないとも頭の片隅で思う日となりました。

翌日、先日と勝った勢いで今日も勝つぞ~とバカラへ挑みました。

座り勝った分の200万円をチェンジ!

 

 

5万円。10万円。とか賭け続けますが全然増えません。私は段々イライラして我を忘れてしまいます。

冷静さを失い、必勝法も自己計画も忘れ頭の中は

『悔しい、増やしたい』

の文字だけ。

 

私はついつい一発勝負に出ました。私の悪いクセです。気が付いた時は、トランプが目の前にあります。

9と祈り捲りますが、こういうときはだいたい上手くはいきません。

 

 

チップが減りだしてしまう台では勝負に出たとき外れる確率が70%の確率です。

やはり外れでした。

自分のバカなクセに自分に呆れてしまいます。

 

折角、勝った分が全て無くなったのですから。

一旦、カジノを出て冷静さを取り戻しに部屋へと戻り自己反省の時間です。バカラせずに、そのまま帰国してれば勝ち逃げできたのに!

200万円あれば支払いが充分できたのにと後悔です。

 

200万円仕事で稼ごうと思えばどれだけの仕事を何日しないと稼げないのか?と自分を責めました。

まだ自己資金は負けてないのだと。勝ち分だけなら今日来たことにすれば良い!

本当に自分に甘いです。

 

 

冷静になり彼女とも仲良くしなければと思い、レストランで食事をすることにしました。

食事をしてお腹が満たされると不思議に笑みがこぼれます。満足し笑顔が戻ったところで再チャレンジです。

バカラへ行き400万円チェンジ!

 

賭け始めますがやはりギャンブルをしてしまいます。上手く必勝法で勝負できません。

 

長く居座るほど少しずつ減っていきます。不思議なものです。

私は気がつくとここまで10時間カジノをしてました。

100万減り。

200万減り。

 

 

取り戻したい一身で更に10時間が経過。夢中に必死です。

もう手元には30万円しか残ってません。

私はもう勝てないと諦め始めました。

20時間もぶっ通しでカジノへいるので弱気になってくるのも無理もありません。

 

私は手持ちのチップ30万円と現金50万円で80万円しか残っていませんが時間の長さで勝てないと断念し部屋へ戻ることにしました。

FXでもしてれば良かったと後悔しました。

折角、愛車で資金が得れたのに数日で400万円も使ってしまった自分を嫌になります。

 

 

こんなバカは俺しかいないだろうと嘆きました。このままバカラしたら絶対全て負けると思い帰国することにしました。

この場所が自分に合わなかったのかな~

どうすれば一番早く稼ぐことができるのだろうと悔しさを噛締めながら帰国へと向かいました。

 

初めてのオンラインカジノは15万円勝ち』に続きます。



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。