カジノ合法化で韓国はどう変わったか

韓国でカジノが合法化されたのは昭和61年です。
最初は諸外国同様に外国人しか利用できないものでした。

 

しかし、平成10年には過疎地域振興目的で韓国人も利用できるカジノを許可しました。

現在、韓国には韓国人利用可の1つのカジノを含めて17つのカジノがあります。外国人専用のカジノは、純粋に観光客誘致と税収アップを目的としています。

雇用も増えますから悪い話ではないでしょう。

 

 

しかし、韓国人も利用できるカジノは話が違います。

カジノの目的は、税収アップですが、その税収は海外からの資金流入が予定されています。

 

日本でも最近観光立国を目指していますが、海外のお金を日本に流入させたいからです。カジノの税金も外国人がカジノで遊んだお金の何割かを国がもらおうとするわけです。

もちろん、カジノを経営する会社も多くの利益を得ることができて、国に貢献するでしょう。

 

これに対し、韓国の人がカジノで遊ぶと韓国の中でお金がクルクル回るだけです。

韓国のカジノ売上の約半分は、韓国の人も利用できるカジノの売上です。もちろんこのカジノは外国人も利用できますが、その場所からしてほとんどいないでしょう。

つまり、カジノの税金の半分は国内のお金を新しくできた税金で吸い上げただけなのです。国は税金が増えるので悪いことではありません。

 

 

しかし、吸い上げられる韓国の人は貧乏になります。

フィリピンなどもありますがアジア圏でカジノを合法化している主な国はマカオ・シンガポール・韓国です。

 

 

この中で、マカオもシンガポールもカジノを原因として社会問題は大きくなっていません。

もちろん、この2つの国も全く問題がないわけではありません。

しかし、韓国の場合は社会問題化しており、マスメディアが大々的に取り上げています。雇用も税収も観光客も増加するありがたいカジノの合法化です。

 

にもかかわらず、今ひとつ韓国の人はカジノを歓迎していません。

日本でカジノを作ることは別にいいことですが、韓国の現状を反面教師とすべきでしょう。

 



『ベネチアン』お勧めカジノホテルinマカオ

 

マカオは、直行便もありますが、香港からの高速船やヘリコプターでも行けます。マカオは、ラスベガス以上の規模のカジノホテルが満載です。

中でも、マカオ空港から車で5分の場所にある、ベネチアンカジノがお勧めです。

 

 

ホテルの中は、床も天井も壁もピカピカで、装飾がヨーロッパ調で、数百個はある巨大なシャンデリア。
建築が好きな方は特にお勧め。
感動するデザインに広大さです。

ベネチアン マカオ (トリップアドバイザー提供)

目が痛くなるほど、見回してしまいます。

どうやって、天井に絵が書いてあるの?っと思います。

 

 

 

ベネチアンのカジノフロアーは、一周歩くと何百メートルあるの?っというぐらい
広く、ゲームテーブル数も数え切れないぐらいあります。

テーブル選び放題です。
カジノにあるゲームは全て有ります。

 

 

 

カジノゲームを満喫し楽しみ、息抜きしたいっと思えば、2Fへ行けば、そこは巨大ショッピングモール。

ヴェネチアに来たような気分で、買い物には困らないほどのお店の数。

お店見るだけでも、一日は軽く潰せるほどで、室内なのに、川が流れててカヌー体験もできます。
カヌーでは、外国人の漕ぎ手の方が歌を歌いながら漕いでくれてカジノの息抜きでは、かなり癒されます。

 

 

 

 

飲食店もあり、いろんな国の料理も楽しめます。
私は、ゴディバのチョコシェークが好きで行った際は飲みます。

土日は、すごいお客さんなので、昼時は避けたいですね。
カジノのフロアーにある、ラーメン屋さんは、無難な味です。

マカオの肉は、少し癖があるので、飽きたら ヌードルかハンバーガーが外れ無しだと思います。

 

 

 

●ベネチアンホテルの室内

ホテルは、更に上の階です。

カジノフロアーから、エレベーターで上がります。
初めての方は、広過ぎてエレベーター乗り場を探すのに迷う場合があります。

エレベーターを降りても、一番端の部屋だと、100mぐらい歩きます。
遠いって感じます。

 

 

部屋へ入ると、ビックリ!
普通のプランの部屋なのに、広い~

ベッド・・・キングサイズ
テーブルがあり、2間ある感じの室内。
お風呂も広く、オシャレ
50㎡ぐらいの広さ

日本のホテルは、狭すぎ~って思います。

 

 

普通のプランで、この広さなら、スイートルームはいったいどんだけ
広いのだろ~って思います。

マカオは、外でもあちこち見る場所があるので、ヴェネチアン内で最低2日過ごし、
マカオタワーや違うカジノホテルなど見ようと思えば、最低5日は滞在することをお勧めします。

 

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。