モナコのカジノ体験記(スーツ必須です)

カジノ発祥の地 『フランス モナコ』のカジノ体験記です。

ここは行かないと想像付かない場所でした。

 

 

もちろん私はカジノ目当てで行き、ホテルは直接安いとこ泊まろう、の勢いで行きました。

ホテルは、高いか安いかの極端な感じで、安いホテルでも1泊3万円。

高いホテル・・・モナコでは普通のホテル感覚 (1泊10万円)

 

 

まずは、カジノへ直行しました。

モンテカルロ(中心)へ行き、そのままカジノへ入れるかと思ったら、時間が決まってて、夜しか営業してないと言われ、しかもスーツでないと入れないと言われビックリしました。

24時間営業じゃないこととドレスコードが厳しいんです。

 

さすが、貴族の街だと思いました。品格が問われるのか~っと。

 

しかも、最低300万円は持参しないと、他のセレブがいたら恥なのかと思いました。

仕方なく、隣りのカジノへ行きましたが、好きなバカラがありません。

 

ヨーロッパは、ブラックジャック、ルーレット、ポーカーが多い感じでした。

少しだけ、ルーレットして当たらないので、スロットマシーンを少しして終了。

私的には、モナコでカジノは、駄目ですね・・・

 

 

高いホテルのレストランも、ほぼスーツでないと入店できません。料理も高いです。

結局、スーパーで食材を買って食べました。

それでもそこそこの価格で美味しいです。

 

港は、セレブのクルーザーが沢山あるのを見ると優雅な気分にもなりつつ、

私もセレブに成りたいと強く思いました。

中でもビックリしたのは、タクシーが全てベンツです。モナコ内ならどこまででも、一律2000円でした。

街が端から端まで歩いても、30分ぐらいの狭さなので。

 

 

モナコは、モナコレースがある街なので、外人の方はフェラーリのレンタカーでモンテカルロから一周ドライブをしてるのを見ました。

このレンタカー、1時間30万円ですよ!!

さすがの私でもちょっと引きました。。。

 

世界は、日本では考えられないような場所が沢山あるのだろ~っと。。。

ということで、モナコへ行く際は、下記が必需品です。

男・・・スーツ、靴、ネクタイ

女・・・ドレス、ヒール、かな。

それでも日本では考えられない非日常は十分満喫できますよ。

 



『神々の住む島』バリ島観光とケチャダンス

インドネシアのバリ島に行ってきました。

バリ島は、ホテルから一歩出てしまうと結構汚く、あまりリゾート地とは言えない印象です。

道にはごみが捨ててあったり、清潔とは言えないローカルのレストランが並んでいたり。

 

3_1

サーフィンで有名なクタビーチ
周囲は雑然としている印象。

 

それでも道を歩いてみるとなかなかおもしろい。
あちこちに写真のようなお供え物が置いてあります。

 

3_2

ここバリ島は、イスラム教徒が多数派のインドネシアの中で珍しくヒンズー教徒が多い島。なのであちこちにヒンズー教の香りを感じることができます。

こんな儀式もやっていました。

3_3

 

どうやら手作りの船を海に浮かべているよう。この日は波が高くてすぐにバラバラに壊れていたけど、そんなことは気にせずみんな楽しそうに浮かべてる。どう意味があるんだろう?

 

ところでバリに来たのはケチャダンスを見るため。以前たまたま日本でやっていた公演を見る機会があり、結構おもしろかった。

 

 
ケチャダンスはインド起源のラーマーヤナ物語をベースにしたダンスだそうですが、特徴的なのはその掛け声。

役を演じている演者の周りを数十人の男が取り囲み、「チャッチャッチャ…」と独特のリズムではやす様子はかなり迫力あり。

興味がある人はYoutubeなどの動画サイトで検索してみてね。

私が行ったのはウルワツ寺院という、夕陽とケチャダンスで有名なヒンズー寺院。

 

3_5

 

 

夕陽はまあまあというところだったけど、ケチャダンスはとてもおもしろかった!このリズムは本当に独特で、一度聞くとなかなか耳から離れない。気が付くと口ずさんでしまっているほど。

 

ダンスを見た後、再びクタのメイン通りを歩いてみる。日中は暑かったけど、夜の8~9時ぐらいになると大分ひんやりしてくる。この辺りは遅くまでバーやレストランが開いてて、ずいぶんと騒がしい。それでも夜、海岸沿いを散歩するのは気持ちいい。

 

 

リラックスして歩いていると、後ろから小さな子どもが私の右足に何度もぶつかってくる。

その時、ハッと気付いて彼の腕を掴んで突き放した。

見てみるとみなりが貧しくて靴も履いていない。

間違いなくスリだ。

ふざけるな!と日本語で怒鳴ると生意気に挑発して逃げて行った。幸い財布にはチェーンが付けてあったので被害はなかったけど、リゾート地だと思って気を抜きすぎました。

 

 

最後の最後で後味が悪かったけど、ケチャダンスやヒンズー寺院の観光など、バリ島は結構おもしろい。

特にケチャダンスは一見の価値ありだと思う。バリ島に行く人はスリに気を付けて。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。