シンガポールのカジノ税収690億円

日本でもカジノを導入して、外国人観光客を呼び寄せようと努力しているようです。

シンガポールの現状を見ると、確かにいい手段だと思います。

 

私のようなカジノ好きは、シンガポールでのプレイもたまらなく好きなのです。

それに、カジノはその国に多くの税金を支払ってくれます。

 

税金を稼ぐことができて、観光客誘致できるなんて一石二鳥じゃありませんか。

日本も景気が良くなって来て、税収が伸びていると言われています。

でも、決定的な何か、もう一息何かが欲しいんでしょうね。

シンガポールのカジノ関係税金はすごいですよ。

 

 

4年前のデータなんですけど、カジノからの税金が11億シンガポールドル(690億円)です。

しかも、入場税もあって、これが2億シンガポールドルです。

1年間に1,170億円の税収増なんですよ。

日本もやろうじゃないかって気になりますよね。

 

カジノ自体の売上はわずかながらですが毎年伸びているようです。

毎年カジノだけで55億シンガポールドルの売上があるわけですからすごいです。

ちなみに、私の常宿のマリーナベイ・サンズの売上の8割はカジノだそうです。確かにカジノには人が群がってますけど、まさか8割がカジノだとは思いませんでした。

ちょっと複雑な気分ですね。

 

 

最近は、中国からの観光客が多くいらっしゃって「爆買」が話題ですよね。

あのパワーがカジノに向かったら、さぞかしすごい税収でしょう。

日本も景気回復で、ちょっとずつ税収が伸びているってことです。

でも、そこにカジノが入ったらすごい税収増でしょうね。

 

しかも、いらっしゃる観光客も増えますから経済効果は今の比じゃないでしょう。

もっとも、シンガポールでは、カジノ依存症の人も出ているようです。

 

まあ、日本でもパチンコとか競馬で同じ話はあるんですけどね。

ちなみに、シンガポールでは依存症の人のために、81億円ほど使っているようです。

1,170億円に比べれば安いものかもしれませんね。

でも、自分もこの頃ちょっと熱くなりすぎる時があるから気を付けなきゃと思います。

 



『リスボア』一人旅inマカオで勝ちやすいカジノホテル

昔からこう言われているかどうかは分かりませんが、

『ギャンブルと女遊び』は、男同士もしくは一人で行くほうが気をつかうことなく楽しめると思います。

 

 

マカオのカジノで勝ちやすいのは、できるだけお客さんの少ない場所。

大きなホテルでは、人混みで座るテーブルも少ないのでOUT!なんですね。

実は、ボロい建物のカジノか、中心地から少し歩いた場所のカジノがお勧めです。

不思議なことにあまり人が多いカジノは勝てませんでした。

 

 

具体的なマカオのホテル例を挙げてみます。

NG・・・グランドリスボア、MGM、スターワールド、ウィン

オススメ・・・富豪酒店(ホテル ビバリープラザ)、古いリスボア、カーサレアルホテル近隣

 

ギャンブルを思う存分楽しみ、息抜きが必要ですね。

 

 

それと、コッソリNo.1のオススメ店は、ゴールデンサウナ(金池桑拿)です。

これはマカオの風俗店です。

しかし、日本のお店とは、全然サービスが違います。

中心部、リスボアから徒歩10分ほどで商店街の中にあります。

 

ゴールデンサウナでの価格は、18000円ぐらいでした。


そこはロッカーもあり、終了後は、寝るベッドもあるので泊まることもできます。時間は決まってないのかな・・・

私は、10時間は過ごしました。

 

10人は入れるぐらいの浴槽があり、シャワーも設置してあり、いる間は何度も入れます。

大広間があり、リクライニングのソファーで、一服しドリンク飲み(無料)、その場へ目の前へ女の子が15人ぐらい出てきます。

 

 

15人の中から一人好きな女の子を選びます。

休憩が終わったら、迎えに来てくれるので、別室の個室でプレーですね。

足の指先から上まで、きっちり洗ってくれて、最高のサービスです。

 

 

終わると、寝床へ行って寝てもOKで、起こして欲しい時間を伝えとくと起こしに来てくれます。

軽食も無料であるので、結構お得だと思います。

ホテルへ泊まる値段を考えると、毎日通ってもOKだと思います。

 

 

あとは、老舗のリスボアホテルも面白いですね。

縁起を担いだ丸い建物で、中はキンキら金で、すばらしい彫刻の飾りや置物など展示してあります。


丸いので、廻ってるうちに迷子になりやすいです。

何度も行きましたが、毎回 ここさっきも来たなって思い迷うこともあります。

 

 

飲食店の場所へ行くと、女の子が数十人うろうろしてて、男が通ると近寄ってきて、どうですか?いくら?などと交渉の場と化してます。

常連者は、カジノのチップを自分のオデコヘ付けて、交渉の合図で寄せるみたいです。。。

 

 

交渉後は、リスボアホテルの1室の女の子の部屋へ行きプレー!

1万円以下でOKだと思います。

私は、いきなり寄ってくるので、見るのに困り、恥ずかしくて、毎度目をそらしてしまい、素通りです・・・ははは。



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。