各国のカジノ入場制限の現状

カジノというのは公営施設の一種なので実は厳しい入場制限がある方が少数派です。

しかし最近になって日本のカジノ法案では、日本人への入場料制度や入場制限を敷く方向でまとまりつつあります。
そこでここでは各国のカジノへの入場制限についてまとめてみました。

 

 

『外国人専用と割りきって国民の入場は一切禁止な国』

アジアの国々のカジノでは「外貨獲得の為の外国人専用カジノ」と言うものは珍しくありません。

国にとってカジノというのは多大な税収が見込める公共事業ではあるのですが、ギャンブル依存症や経済的、風紀的な問題を引き起こす負の面も大きいと言う一種のギャンブルに近いのです

 

そこでなるべくリスクをおわずに税収をあげようと考えて、自国民の入場を一切禁止するという方針がとられるのです。

具体的な例としては韓国があります。

 

カジノ解禁により韓国の各地にカジノが作られましたがギャンブル依存症や経済的な問題が大きな社会問題となり、解禁後にほぼすべてのカジノを外国人専用カジノと位置づけ韓国人の入場を禁じました。

 

現在一ヶ所だけ経済振興の特例として韓国人も入場できるカジノが作られていますが、質屋や金貸しの乱立など風紀的な問題により反対意見も根強い状態です。

 

 

 

『入場制限よりも運営側へ規制をかける方向性の国が多い』

自国民も入場できるカジノではほとんどの場合入場制限というのは行われません。

ただし 日本のパチンコ店のように年令制限など他の施設でもあるような規制は敷かれる事が多いですし、提供する酒の規制や運営時間の制限、立地条件やゲームの賭け金の上限や控除率など運営側に厳しい規制が敷かれた上で行われているのが当たり前です。

 

ヨーロッパの多くはこういった規制をしいた上で、禁止や国民の入場制限ではなくカジノの運営をコントロールする事で負の面を抑えると言う政策をとっていました。
しかし、総合リゾートのような観光型のカジノが大きな収益を産むと周知されてきたため、こういった規制を緩和する動きも出ています。

 

 

『日本が参考にしたいシンガポール』

日本のカジノ法案で参考にするべきであるといわれているのがシンガポールです。

シンガポールはカジノを「外貨獲得と資産に余裕がある人間の遊び」と明確に位置づけ、国民に入場制限をかける方向で解禁をしました。

 

具体的には一回につき100$相当の入場料をしき、IDによる管理で生活保護やギャンブル依存症患者のカジノへの入場を禁止をし、入場にたいしてもこまかな規制を敷くという方法です。

 

日本もこれを真似る方向で解禁をしようという議論が行われていますが、これらの製作はシンガポールが一党優勢のほぼ独裁体制だからこそ出来ている面もあるため、日本にどこまで真似ができるかというのは微妙な所です。

 

 

『外国人専用か。入場規制をかけるか』

この様にカジノの入場規制というのは、完全に自国民は禁止と言う国か、入場は自由だが運営に規制をかける国というのが大半を占めています。
日本は元々前者の外国人専用カジノを考えていましたが、維新などから「外国人のみで運営が出来るのか」と反対意見が出たため、シンガポールの入場規制をかけた上での自国民の入場を許す方向に動いています。

 

ただ、その規制の内容はまだ何も決まっていないですし、資産によって入場規制をかけるなどということを日本では今まで一度もやったことがないので今後どうなるかはまだ分からない所です。

 



クルーズ船内で便利な英語のフレーズ

 

どこの船籍のクルーズ船でも、英語はほぼ通じます

英語をある程度離せれば、クルーズ船での滞在がより豊かなものになりますが、私は実はあまり英語が得意ではありません。

 

ですから、キーフレーズだけ覚えて臨むようにしているんです。

 

 

「Some more ice,please.」 (氷を補充してください)

私はアルコールが大好きで、客室でもヘネシーやバーボンなんかをよく飲んでいます。

しかもオンザロックの豪快な飲み方が大好きなので、氷がないとお話になりません。他の人には重要でないかもしれませんが、私には絶対覚えておきたいフレーズ。

 

 

 

「Can you play “Yesterday”?」 (イエスタデイを弾いてくれますか)

彼女と一緒に客船内のピアノバーに行くと、ピアノマンに演奏をお願いすることがよくあります。

海外に出るとビートルズが聞きたくなって、私たちみたいな若者でもお年を召した方でも、ビートルズって共通で楽しめる音楽ですよね。

 

 

ロックなビートルズの中でも比較的スローテンポな『イエスタデイ』を、私はリクエストしたことがあります。

その方が雰囲気に合いますから。

 

 

 

ちなみに、セリーヌディオンの『マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン』はリクエストしないほうがいいです。

だって、沈没したタイタニックを舞台にした映画の主題歌ですから。

 

 

 

「I found a mistake in my statement」 (精算書が間違っています)

下船をするときには最後にまとめて精算をするのですが、その際に発行される精算書が気になる方もいるかと思います。

数字の間違いをそのままにしておくと、船のためにも良くないと思ってやっていることなんです。

 

日本人はどうも、請求書などをしっかり確認することが恥ずかしいと思っているようで、後になってからクレームをつける傾向があるのですが、これは船側にとっても困ることだそうですので、その場で言ってあげます。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。