【ゲンティンホテル】マレーシア唯一のカジノ


ゲンティン ホテル (トリップアドバイザー提供)

 

意外、というと失礼かもですが、マレーシアにも実はカジノがあるのです。

唯一マレーシア政府が公認しているカジノになりのですが、その名前も「カジノ・デ・ゲンティン」といいます。

 

 

 

ここでなら思い切りカジノを楽しむことができるのですよ。カジノ好きにはたまらないところだと言えます。

「カジノ・デ・ゲンティン」では24時間営業しているからです。

 

 

 
このカジノはこのゲンティンホテルと直結しているので、宿泊してゆっくりとカジノを楽しむことができます。

 

 

また何といっても初心者の方でもVIPの方でも十分に楽しむことができるといえるのは、最低の賭け金が非常に安いからです。

 

 

 

 

一般の方にも楽しんでもらうという意味においてここは、カジノのゲームの種類も非常に多いのも特徴的です。

カジノが24時間やっているためか、中で働いているスタッフの方ももちろん、その中で遊んでいる人たちもすごく華やかで明るい人達が多いように思われます。ですので、ついつい楽しくて長い時間このカジノで遊ぶことができます。

 

 

 
「カジノ・デ・ゲンティン」ではハイランドホテルにも直結しているので、このホテルを利用するのもいいかもしれません。

カジノを楽しむならどちらのホテルに泊まっても良いと思うのですが、ゲンティン・ホテルは5つ星ですので、優雅に遊びたい場合はこのホテルでとまって、ここから歩いてカジノに向かうのが良いのではないでしょうか。

 

 

 
周りには娯楽施設や遊ぶところが満載ですので、カジノ以外で子供たちがそこで遊んでいる間に大人たちはカジノに行って思いっきり時間を費やしているのも良いかもしれませんね。

 

マレーシアにきたなら、ここに寄らなければもったいないと思わせる、そんな空間がここにあるのです。

マカオに行かなくても、シンガポールに行かなくてもこのマレーシアに来てこのホテルに泊まりさえすれば思い切りカジノ楽しむことができるのです。

 



マカオでタクシーに乗る時の注意点と初乗り料金

マカオでの移動はシャトルバスとかリムジン以外にタクシーもあります。

マカオのタクシー初乗りは15パカタ(225円)でしたが、2015年以降17パカタ(約250円)になってます。

これは原油高騰と人件費高騰によるものです。

 

 

あと有名な話ですけど、マカオではトランクに荷物を入れたら小銭取られます。

追加料金ですね。

 

 

 

とは言っても流しのタクシーはあまり使わないほうがいいです。

 

 

 

 

 

 

ドライバーにはほとんどが英語が通じません。

そういうこともあってホテルのタクシーならスタッフに通訳してもらうようにできるので使っちゃいましょう。

安全面でもそのほうがいいです。

 

 

 

ボッタクリのタクシーっていうのはあまり聞いたことないですけど、100%安心でもないですしね。

ベネチアンマカオから、セナド広場までは70パタカでした。(当時)

 

 

 

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。